[Mac] iMovieで動画内の一部分をクロップして書き出す保存方法

スポンサーリンク

ボクはブログでMacの操作說明に関する記事を書く機会が多いため、よく「QuickTime Player」アプリで画面収録を行い、撮影した動画ファイルを「PicGIF」アプリでGIFに変換して記事に掲載しています。

関連記事

[Mac] QuickTime Playerで画面の動画撮影をする方法(フルスクリーン/特定部分のみ)

関連記事

PicGIF – Macでmp4など動画をGIFアニメーションへ変換する無料アプリ

ただ「QuickTime Player」や「PicGIF」では、撮影した動画の場面を時系列の中で「トリミング」できても、場面内の不要な部分をクロップすることができず、編集作業に悩んでいました。

関連記事

[Mac] QuickTime Playerで動画(ビデオ/ムービー)クリップを分割して不要部分を削除する方法

日本語では「クロップ」と「トリミング」が混在した意味を持ちますが、本記事では「クロップ」は動画内の一部分を切り抜くこと、「トリミング」は動画全体のタイムラインの中で必要な場面を切り抜くこと、と定義して說明をします。

が、最近Mac標準アプリである「iMovie」を使えば、無料でカンタンに動画のクロップ処理が行えることに気が付きました。

そこで本記事では、その方法について紹介します。

iMovieは以前まで最新のMacシリーズでのみ無料提供されているアプリでしたが、2017年より新旧問わず全てのMacで無料ダウンロードできるようになりました。

iMovie
iMovie
Developer: デベロッパ:Apple
Price: Free

参考 Apple – Mac で Apple 製の App を入手する

photo by Travis Isaacs

スポンサーリンク

iMovieで動画の一部分をクロップする方法

iMovie
iMovie
Developer: デベロッパ:Apple
Price: Free

手順①:編集する動画をiMovieで開く

まず、クロップ編集したい動画ファイルをiMovieで開きます。メニューバーの「ファイル」より「メディアを読み込み…」と選択しましょう。

手順②:クロップしたい範囲を調整する

動画を読み込むと右側に編集画面が表示されるので、アイコンの中から「クロップ」を見つけクリックします。

次に左上にクロップのペンアイコンが出るので選択します。

すると白い点線の枠が表示されるので、クロップ(切り抜き)の範囲をドラッグで調整します。

手順③:クロップして保存する

クロップする範囲を調整できたら、右上のチェックアイコンをクリックして、調整を適用します。

以上でクロップ作業は完了なので、最後に編集した動画を保存します。右上の共有アイコンを選択すると、動画のエクスポート手段一覧が出ます。

Mac本体に保存したいなら「ファイル」をクリックでOK。

保存するフォーマットや解像度の設定画面となりますが、通常はデフォルトのままで問題ないので次へ進みます。

最後に保存するディレクトリを選び「保存」で完了です。

〆:Mac 標準アプリは優秀!

以上、[Mac] iMovieで動画内の一部分をクロップして書き出す保存方法 の說明でした。

最近のMacであればiMovieは無料で使用することができるので、ぜひお試しあれ。

またiMovie以外にもMac標準アプリの多くは、無料にも関わらず超優秀なので、ぜひ活用してみて下さい。

まとめ記事

Mac標準アプリ「QuickTime Player」 でできるコト

まとめ記事

Mac標準アプリ「プレビュー」 でできるコト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい