Apple IDのセキュリティ質問をリセットする方法! 忘れてしまったら内容を変更しよう

スポンサーリンク

Apple IDの「セキュリティ質問」を覚えていますか?

最初にアカウントを作成した際に設定する質問項目のことで、万が一Apple IDがロックされた際に使うことがありますが、通常はめったに聞かれないため、質問の答えはもちろん、質問内容まで覚えていない方もいるでしょう。

そこで本記事では、Apple IDのセキュリティ質問をリセットする方法を紹介します。

忘れてしまっていても、質問内容を変更することで解決できるので安心ですよ。ぜひご覧あれ。

photo by Apple

スポンサーリンク

Apple IDのセキュリティ質問をリセットする方法

Apple IDのセキュリティ質問は何に使う?

Apple IDのセキュリティ質問は、例えばApple IDがロックされた時に、セキュリティ質問を回答することでリカバー(ロック解除)することができます。

このようにApple IDやパスワードどちらかに問題が生じた際に、セキュリティ質問はオンラインで本人確認を行う重要なセキュリティコードだと言えます。

Appleとしては「本人にとっては覚えやすく、他人にとっては推測しにくい」ということでこの質問を設定しているため、万が一に備え自分が設定している質問の答えは把握しておく必要があります。

ただ、めったに使う機会もないため忘れてしまっている方もいるでしょう。

そこで下記より、セキュリティ質問をリセットする方法を說明します。

手順①:Apple IDの管理画面へアクセスする

まず、Apple 公式サイトへアクセスし、Apple IDとパスワードを入力してログインします。

続いて、セキュリティ項目内にある「修復用メールアドレス」が設定されているか確認します。

必要があれば、メールアドレスの変更をして下さい。

手順②:セキュリティ質問を変更する

修復用メールアドレスに問題がなければ、さっそく「セキュリティ質問を変更」をクリックします。

ここで、現在設定している質問の回答を入れないと変更ができないので注意が必要です。

秘密の質問を覚えている方はここまでの説明で変更が完了しますが、万が一忘れてしまった方は、一度セキュリティ質問をリセットする必要があります。

手順③:セキュリティ質問をリセットする

「答えをお忘れですが? セキュリティ質問をリセット」をクリックすると、先ほど確認した「修復用メールアドレス」に再設定リンクが送られます。

下記のようなメールが届くので、「今すぐリセット」を選択します。

すると、再度Apple IDによるログインが求められるので入力をします。

無事ログインできると、自動的に「Apple IDをアップデート」という画面に切り替わり、セキュリティ質問を再設定することができます。

質問と答えを入力後、右下の「アップデート」をクリックして完了です。

〆:セキュリティ質問の回答は定期的に確認しよう

以上、Apple IDのセキュリティ質問をリセットする方法! 忘れてしまったら内容を変更しよう の説明でした。

セキュリティ質問は、Apple IDを忘れたりロックがかかったりした際に必要となるので、いつでもセキュリティ質問へ回答できるよう、不安があれば今のうちに質問内容を一度確認しておくことをオススメします。

ぜひ、ご参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい