[iOS] データをiCloudへバックアップする方法 [iPhone/iPad]

スポンサーリンク

iPhoneやiPadに標準搭載されているiCloudを使えば、大切な写真やメモ、メールなど、多くのデータを自動的に保存することができます。

そこで本記事では、iOS上のデータをiCloudへバックアップする設定方法を紹介します。

photo by iMore

スポンサーリンク

iOS上データをiCloudへバックアップする方法

手順①:iCloudバックアップをオンにする

まず「設定」→「iCloud」と進み、「バックアップ」をタップして設定をオンにします。

手順②:個別にバックアップしたいデータを選択する

後は、バックアップしたいデータをオンに、不要なデータはオフにするなど、個別に設定すれば完了です。

参考:今すぐバックアップしたい場合

バックアップのオンオフ設定内にある「今すぐバックアップを作成」をタップすることで、すぐにバックアップが始まります。

〆:iCloudをうまく活用しよう

以上、[iOS] データをiCloudへバックアップする方法 [iPhone/iPad] の説明でした。

iCloudは無料でバックアップできる上限量が5GBであるため、写真のデータ量が多い場合、足りない可能性もありますが、写真専用のクラウドサービスも多数存在するため、合わせてチェックしてみて下さい。

関連記事

Googleフォトへバックアップした写真を端末から一括で削除してデバイス容量を確保する方法

データ容量が大きくない「連絡先」や「カレンダー」などは、ぜひiCloudへバックアップしておくことをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい