[iOS] App Storeからインストールした過去のアプリ履歴を消す方法! iPhoneのダウンロードの形跡を削除しよう

iCloud

iPhone / iPadのアプリ配布ソフト「App Store」では、過去にインストールしたアプリ履歴を閲覧できることをご存知でしょうか?

この一覧はその後アプリをアンインストール(消去)しても、Apple IDと紐付いて残り続けるため、将来的に再びアプリをダウンロードしたい時や、別端末で入手したい際にすぐ見つけられるメリットがあります。

ただ、今後使うことがないアプリや履歴として残ってると恥ずかしいアプリは履歴から消したいですよね。

そこで本記事では、iOSのApp Storeからインストールした過去のアプリ履歴を消す方法を紹介します。

知ってれば誰でもカンタンに操作できるので、ぜひご覧あれ。

photo by Integrated Change

 

App Storeから入手した過去のアプリ履歴を消す!

App Storeの購入済みアプリ履歴は、使用しているiOSバージョンによって削除する手順が異なります。

  • iOS 11以降:iPhone上からの操作で非表示にできる
  • iOS 10以前:パソコン版iTunes上からの操作で非表示にできる

ただ、2017年秋ごろアップデートされたiTunes 12.7からは、iOS版App Storeの管理が不可能となったため、現在ではiPhone上からの操作でしかアプリ履歴を消す方法はありません。

下記より手順を解説します。

 

iPhone上でApp Storeのアプリ履歴を消す方法

この方法は、iOS 11以降を搭載するiPhone / iPadが条件となります。

記事の内容は、iPhone 8 Plus(iOS 11.2.5)で検証しています。

App Storeの「アカウント」メニューから「購入済み」へ進みます。

後は対象のアプリを見つけ、右端から左へスワイプして表示される「非表示」ボタンをタップすれば、一覧から消えます。

試しに「TVer」アプリを非表示にしてみます。

非表示”前”はアプリ検索結果上で雲アイコンが表示されるため、購入履歴があるアプリとなっています。

一方、非表示”後”は検索結果上で「入手」と表示されるため、購入履歴がないアプリとなりました。

ちなみに、非表示としたアプリは「アカウント」メニューからアイコンをタップし、「非表示の購入済みアイテム」へ進むと、

一覧より確認できます。

 

非表示としたApp Storeのアプリを再表示する方法

ここまでの方法で非表示としたiOSのApp Storeアプリは、再表示することもできます。

ただしiPhone上の操作では用意されておらず、パソコン版iTunesが必要となります。

記事の内容は、macOS版iTunes(iOS 12.7.3.46)で検証しています。

iTunesを起動し、メニューバー「アカウント」より「マイアカウントを表示…」へ進みます。

パソコン版iTunesでログイン中のApple IDがiPhone上の同一アカウントか確認して下さい。

サインインしてアカウント情報を開きます。

「iTunes in the Cloud」項目より非表示の購入済みアイテム「管理」を選びます。

メニューを「App」に変更すると、非表示にしたアプリ一覧が出るので、再表示したいアイテムを見つけ「表示する」をクリックすればOK。

変更内容はiPhone側のApp Store上へも反映されます。

すぐに反映されない場合、App Storeを再起動してみて下さい。

 

〆:不要な過去のアプリ履歴は消そう!

以上、[iOS] App Storeからインストールした過去のアプリ履歴を消す方法! iPhoneのダウンロードの形跡を削除しよう の説明でした。

長年iPhoneを使っていると、大量のインストールしたアプリ履歴が溜まっているはずです。

今後使うことがないアプリを整理したければ、ぜひ本記事の内容をお試しあれ。

参考 Appleサポート – App を非表示にする

iCloud
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント