インスタグラムの動画自動再生でデータ量を節約する方法! モバイル通信をオフにしてInstagramのギガ不足を止めよう

インスタグラム

Instagram(インスタグラム)は、タイムラインや検索画面で表示される動画は自動再生されます。

検索画面上で自動再生される動画の例。

すぐ動画の内容をチェックできる便利な特徴を持つ反面、通常の写真表示と比べ消費する通信量も大きいため、パケ死(モバイルデータ通信量の上限に達すること)のリスクがあります。

そこで本記事では、インスタグラムの動画自動再生でデータ量を節約する様々な方法を紹介します。

Photo by Georgia de Lotz on Unsplash

 

スポンサーリンク

インスタグラムの動画自動再生でデータ量を節約する方法

今回紹介するデータ量を節約する方法は4点です。

  • アプリ側の設定で「データ通信量を軽減」を有効にする
  • 端末側の設定でインスタグラムのモバイル通信使用を禁止する
  • インスタグラム使い放題のMVNOを契約する
  • ブラウザ版インスタグラムを使う

それぞれ順番に解説します。

アプリ側の設定で「データ通信量を軽減」を有効にする

iPhone版・Android版共通して、「インスタグラム」アプリではモバイルデータ通信を抑える設定があります。

記事中ではiPhone版インスタグラム(ver. 59.0)を例に説明していますが、iPhone版・Android版とで手順に差異はほとんどありません。

プロフィール項目でメニューから「設定」へ進み、

「モバイルデータの使用」にて「データ通信量を軽減」トグルを有効にします。

これで従来よりモバイルデータ通信の消費量は削減されます。

ただ注意点として、動画の自動再生を完全に止めることはできません。

インスタグラムの公式ページでは、「データ通信量を軽減」トグルを有効にすると動画の自動読み込みが止まる、という記載がありますが、実際のアプリ仕様と異なります。

参考 インスタグラム – データ使用量を減らすにはどうすればよいですか

端末側の設定でインスタグラムのモバイル通信使用を禁止する

端末側の設定で「インスタグラム」アプリ上でモバイルデータ通信を禁止することができます。

インスタグラムを自宅や職場など、Wi-Fiがある場所で使用するケースで有用です。

iPhoneの設定手順

「設定」→「モバイル通信」より、インスタグラムのトグルを無効にします。

これでインスタグラム起動中は常にモバイルデータ通信が無効となり、Wi-Fiまたはオフラインでの使用に限定されます。

モバイルデータ通信を禁止する内容について、詳細は関連記事【[iOS] 個別アプリごとLTE(4G)を禁止する方法! iPhoneの指定機能でモバイルデータ通信を自動でオフに】で解説しています。

[iPhone] 個別アプリごと4G(LTE)を強制的にオフにする方法! iOS指定機能でモバイルデータ通信を自動で無効化しよう
契約している携帯キャリアのプランによって1ヶ月で利用できるデータ通信上限量が決まっているため、自宅や会社などWi-Fiを利用できる環境ではなるべくモバイルデータ通信の使用を控えるべきです。 が、Wi-Fiへ接続できる環境にも関わらず、...

Androidの設定手順

AndroidはiPhoneと異なり、インスタグラムで常にモバイルデータ通信(LTE)を禁止する設定は用意されておらず、あくまでアプリを開いていない時(=バックグラウンド)の通信を制限する方法となっています。

ただ写真や動画の読み込みはアプリを開いていないときも行われるため、設定すれば多少は効果があります。

まずインスタグラムのアプリ情報を開きます。

表示手順の詳細は関連記事【Androidでアプリ情報の見方と表示方法まとめ! 素早く開いて設定変更しよう】で解説しています。

Androidでアプリ情報の見方と表示方法まとめ! 素早く開いて設定変更しよう
Androidの設定項目「アプリ情報」では、対象アプリに関わる様々な設定変更を行えます(例:データ使用状況 / アクセス権限許可 / 通知の管理)。 通常は「設定」一覧よりアクセスしますが、それ以外にも素早くアプリ情報ページを開くワザ...

次に「データ使用量」で「バックグラウンドデータ」をオフにすればOK。

これでバックグラウンドで動作するインスタグラムで通信量を節約できます。

インスタグラム起動中はモバイルデータ通信が有効のままです。

モバイルデータ通信を節約する内容について、詳細は関連記事【[Android] 個別アプリごとLTE(4G)を節約する方法! 指定機能でモバイルデータ通信を自動でオフに】で解説しています。

[Android] 個別アプリごと4G(LTE)を強制的にオフにする方法! スマートフォン指定機能でモバイルデータ通信を自動で無効化しよう
携帯キャリアのプランによって1ヶ月で利用できるデータ通信上限量が決まっているため、自宅や会社などWi-Fiを利用できる環境ではなるべくモバイルデータ通信の使用を控えるべきです。 が、Wi-Fiへ接続できる環境にも関わらず、様々な要因で...

もしWi-Fi環境下でインスタグラムを利用しているなら、自動化アプリ「MacroDroid」もオススメです。

インスタグラム起動時、Wi-Fiに繋がっていない場合に、警告の通知を自動表示できます。

詳細は関連記事【Androidでアプリ起動時にWi-Fi非接続の警告通知を表示する方法! ネットワークに繋がらないリスクを防止しよう】で解説しています。

Androidでアプリ起動時にWi-Fi非接続の警告通知を表示する方法! ネットワークに繋がらないリスクを防止しよう
スマートフォンの利用にあたって悩むのが、データ通信量の上限を意識する必要がある、という点ですよね。 特に動画再生アプリ(例:YouTube / ニコニコ動画)は多くの通信が行われるため、Wi-Fiに接続したつもりが、つい気付かずにモ...

インスタグラム使い放題のMVNOを契約する

格安SIM(MVNO)のプランによっては、インスタグラム起動中に発生する通信は無制限に(速度低下なく)使用可能です。

MVNO事業者の例

インスタグラム以外にもLINEやfacebookも無制限の対象に含まれるため、これらSNSアプリのデータ使用量が多いなら、格安SIM(MVNO)へ切り替えも検討してみて下さい。

ブラウザ版インスタグラムを使う

インスタグラムはアプリ版のほかブラウザ版も存在し、ブラウザ版なら動画が自動再生されません。

まずブラウザ版インスタグラムへアクセスします。

すでにスマートフォンにアプリ版インスタグラムがインストール中だと、強制的にアプリが起動するケースがあります。

この場合、リンクの長押しメニューより「新規タブで開く」を選択すれば別タブでブラウザ版インスタグラムを表示できます。

左はiPhoneのSafari、右はAndroidのChromeにおける画面例。

後は通常のログイン手順でOK。

動画が自動再生されないことを確認できます。

アプリ版に比べブラウザ版インスタグラムは使いにくいですが、データ使用量が気になる方はお試し下さい。

 

〆:動画自動再生によるパケ死を防止しよう!

以上、インスタグラムの動画自動再生でデータ量を節約する方法! モバイル通信をオフにしてInstagramのギガ不足を止めよう の説明でした。

インスタグラムのアプリ側に動画自動再生を止める設定がない以上、根本的な解決策はありませんが、今回紹介した方法で少しでもデータ消費量を節約できます。

ぜひ、お試し下さい。

インスタグラム
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント