MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ

Androidアプリ

Android向けの自動化アプリは色々とあり、よく挙げられるのが「Tasker」や「IFTTT」あたりでしょうか。

関連記事

IFTTT – 複数端末の通知を1台に統一できる! 2台持ち必須の無料自動化アプリ [レシピ/使い方]

どちらも非常に便利なアプリですが、有料だったり、設定やUIに難があったり、などなど初心者には操作しづらい欠点があります。

そこで本記事では、直観的に自動化の設定ができる初心者にオススメなAndroid向け無料アプリMacroDroidを紹介します。

「MacrodDroid」アプリの基本機能の紹介から具体的な使い方手順、さらにオススメのマクロ(作業の自動化)設定例まで說明しているので、ぜひご覧あれ。

 

MacroDroid – Androidでマクロを組んで自動化!

まず「MacroDroid」アプリの基本的な說明と、使い方について紹介します。

 

あらゆるタスク(作業)を自動化してくれる

「MacroDroid」を始め、自動化アプリに共通する魅力は、「ルーティンなタスク(作業)を自動化してくれる」という点。

もしあなたが「ある一定の条件になったらスマートフォンでいつも特定の操作をする」という行動を繰り返している場合、とても面倒ですし、人間なので忘れることもあります。

そんなとき、自動化アプリを使えば、最初に設定を組むだけで、以後何も操作せずとも、代わりに特定の操作を自動的に行ってくれます。

【具体例】 –

例えば、Androidを再起動すると、毎回「Google Play Music」を手動で起動しているとします。

この場合、「MacroDroid」で自動化設定をすれば、以後Androidを起動する度に、自動的に「Google Play Music」を起動させることが可能となります。

本例は下記記事で詳細な設定手順を紹介しているので、合わせでどうぞ。

関連記事

[Android] 端末の再起動時に指定アプリを自動開始する設定方法 [MacroDroid/AutomateIt]

文章だけでは中々伝わりにくい部分もありますが、使ってみると大変便利なアプリだと分かります。

そんな魅力的な自動化アプリの中でも、「MacroDroid」はUI が分かりやすく、使い方を知らずとも直観的に自動化設定を組むことができるアプリです。

さっそく下記からの設定方法より、試してみましょう。

 

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「MacroDroid」をインストールします。

Android 要件:4.2 以上

価格:無料(全ての機能が使える有料版もあり)

「MacrodDroid」の無料版は、保存できるマクロの数が5つまでに制限されており、広告も表示されます。有料版にアップグレードすると、保存できるマクロの数は無制限になり、広告も全て表示されなくなります。

引用 Google Play – MacrodDroid

まずは実際に使ってみて、必要であれば有料版を購入するのをオススメします。

インストール完了後に起動すると、初回のチュートリアルが始まります。

「MacrodDroid」では、「ある一定の条件(=トリガー)」を満たす場合に、「特定の操作(=アクション)」をマクロとして自動化することができます。

さらに「条件」という要素も加えることで、マクロの実行許可を制御できます。

「トリガー」と「条件」の違いがややこしいですが、どちらも「アクション」を自動で実行する前提条件と認識すればおおよそ問題ありません。

基本は「トリガー」と「アクション」だけを設定すれば「マクロ」を1つ完成させることができ、さらに複雑な自動化設定をしたい場合にのみ「条件」を加えます。

チュートリアル終了後、「MacroDroid」の特徴的であるシンプルかつカラフルなアプリのトップ画面が表示されます。

まずは実際に「マクロ」を作成し、「MacrodDroid」を動作させることで理解が深まります。

さっそく下記より設定手順を紹介します。

 

手順②:マクロを作成してみる

新規のマクロ(自動化タスク)を設定するには、右上「マクロの追加」より開始できます。

大まかな流れとして、まず「トリガー」画面で、自動化の条件となる「ある一定の条件(=トリガー)」を決め、その後「アクション」画面で実行するタスクとなる「特定の操作(=アクション)」を設定します。

最後に任意で「条件」画面で、マクロの実行許可を制御する前提条件を追加できます(設定しなくてもOK)。

以上、「トリガー」・「アクション」・「条件」の3項目は左右スワイプで画面切り替えができ、いずれの画面にも表示される右下の「✓チェック」アイコンをタップすることで、マクロ設定の決定となります。

最後に作成したマクロの名称を決めれば完成。

作成したマクロは、アプリトップ画面左上「マクロ」より確認することができ、トグルをタップすることで、マクロの有効化 / 無効化 の切り替えも可能です。

 

オススメのマクロ(自動化タスク)設定

以上、ここまでが「MacroDroid」の基本機能とその設定手順でした。

「トリガー」・「アクション」・「条件」の組み合わせは無数にあり、本ブログでも多数紹介しています。

例えば、特定の場所で毎回Wi-Fiオン / オフを手動で切り替えているなら下記マクロで自動化できます(2種類のマクロを作成し、同時に動かします)。

【マクロ①】

トリガー:場所のトリガー(自宅周辺に入ったら)

アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを有効化)

条件:任意(設定しなくてもOK)

【マクロ②】

トリガー:場所のトリガー(自宅周辺を出たら)

アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを無効化)

条件:任意(設定しなくてもOK)

関連記事

自宅や会社周辺でWi-Fiオン/オフを自動化! 特定エリアをGPSで検知して設定を変更 [Android]

また、Bluetoothデバイス(例:イヤホン / スマートウォッチ)の紛失防止のため、下記マクロでBluetoothの切断を検知し通知表示できます。

トリガー:Bluetoothイベント(デバイスの切断を検知したら)

アクション:通知を表示(デバイスの切断を警告)

条件:任意(設定しなくてもOK)

関連記事

[Android] Bluetooth切断時に通知を自動表示! イヤホンやスマートウォッチの紛失防止を

それ以外にも多数のマクロ設定例を別記事でまとめているので、ぜひご覧あれ。

関連記事

MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう

 

〆:自分だけのマクロを作ってみよう!

以上、MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ の説明でした。

Androidで、いつも決まった条件で特定の操作をしているなら、「MacroDroid」はとても力を発揮します。

ぜひ、普段の操作習慣を振り返ってみて、自分に最適な自動化マクロを作ってみて下さい。

お試しあれ。

Androidアプリ
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント