Amazonタイムセール開催中!★クリックしてセール会場を開く★

Androidでテザリングを自動でオフにする方法! 自宅や会社でアクセスポイントの解除忘れを防止しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
MacroDroid
スポンサーリンク

スマートフォンのテザリング機能を使えば、外出先でWi-Fiスポットがない場所でもパソコンでインターネット接続できて便利です。

基本的な特徴や使い方は関連記事【スマートフォンのテザリング機能特徴まとめ! Wi-Fi/Bluetooth/USB接続のメリットとデメリット】で解説しています。

スマートフォンのテザリング機能特徴まとめ! Wi-Fi/Bluetooth/USB接続のメリットとデメリット
スマートフォンとパソコンで「テザリング」接続機能を使っていますか? 外出先でパソコンをネットへ繋げたい時、公共無料Wi-Fi環境がない状況下でも、スマートフォンのモバイルデータ通信機能をテザリングによってパソコンでも使えるようになるた...

一方注意点として、自宅や会社、カフェなど利用できるWi-Fi環境がある場所でテザリングを解除し忘れると、いつまでも接続状態が維持されるため、パケット量をムダに消費するリスクがあります。

そこで本記事では、自宅や会社周辺など特定エリアの入退出をGPSで検知して、Androidのテザリング機能を自動でオフとする方法を紹介します。

具体的にはAndroid向け自動化アプリ「MacroDroid」を使って、特定条件下で起動するマクロ(タスクの自動化)設定をします。

記事中では自宅周辺エリアに入った時に、Androidのテザリング機能を無効化する設定を例に說明をします。

photo by Pixabay

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

特定の場所でAndroidのテザリングを無効化する方法

手順①:自動化アプリを入手する

まず、Androidに自動化アプリ「MacroDroid」をインストールします。

本アプリの基本情報や使い方について、詳細は関連記事【MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ】で解説しています。

MacroDroid - Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ
Android向けの自動化アプリは「Tasker」や「IFTTT」が有名です。 どちらも非常に便利なアプリですが、初心者には操作しづらい欠点(例:アプリが有料 / 設定やUIに難がある)があります。 そこで本記事では、直...

「MacroDroid」のインストールが完了したら、アプリトップ画面右上の「マクロを追加」より作成開始できます。

大まかなマクロ作成の流れを整理します。

  • トリガー:場所のトリガー(自宅周辺に入ったら)
  • アクション:テザリング設定(テザリングを無効化)
  • 条件:Wi-Fiテザリング設定(テザリングが有効中)

さっそく設定してみましょう。

手順②:トリガーを設定する

マクロ(自宅周辺に入ったらテザリングを無効化)のトリガーを設定します。

トリガー候補一覧より「Location」→「場所のトリガー」と選び、「MacroDroid」アプリで位置情報の利用を許可します(初回のみ設定)。

次にオプションにて「指定エリアに入った時」にチェックを入れ「OK」を選択すると、「自宅周辺」のゾーン選択画面となります。

ただ初めての場合は「ジオフェンス」候補が何もないので、新規作成のため右下「+プラス」アイコンをタップします。

「ジオフェンス」設定画面では地図が表示されるので、自宅周辺にピンを合わせ範囲を調整します。

東京駅周辺の例。範囲スライダを左右に動かすことで円を大きくしたり小さくできる。

範囲を狭く(=円を小さく)した方が、より自宅に近付いてからテザリングをオフに変更できます。

ただAndroidのGPS機能もズレが生じることがあるため、範囲が狭すぎると実際は自宅にいるにも関わらずGPSの誤差で検知できず、結果としてマクロが正常に動作しないリスクもあります。

以上より、多少なりとも自宅を含んだ広い範囲と(=円を大きく)することをオススメします。

範囲の調整ができたら、作成した「ジオフェンス」の名前を決め、「✓チェック」アイコンをタップするとジオフェンス候補に追加されます。

今後自宅以外にも、会社周辺の「ジオフェンス」を作成する可能性を考え、分かりやすい名称にするのがオススメ。

以上で「指定エリアに入った時:自宅周辺」のトリガー設定ができました。

画面を右にスワイプし、「アクション」画面へ移ります。

手順③:アクションを設定する

マクロ(自宅周辺に入ったらテザリングを無効化)のアクションを設定します。

アクション候補一覧より「Connectivity」→「テザリングのオン / オフ」を選び、

オプションより「テザリングを無効化」にチェックを入れます。

同時に「Wi-Fiを有効化」も選択できます。自宅で接続しているWi-Fi環境があれば設定しておくべきでしょう。

以上で「テザリング設定:テザリングを無効化」のアクション設定ができました。

また同時に動作させるアクションとして「通知」→「通知を表示」より、

自宅周辺に入ったら「テザリングを無効化した」旨の通知が届くようにするとマクロ動作が可視化されて便利です。

以上、「通知を表示」は任意設定ですが、2つのアクション設定ができました。

画面を右にスワイプし、「条件」画面へ移ります。

手順④:条件を設定する

条件を設定します。

「条件」は任意なので設定しなくてもマクロ作成は完成できますが、「トリガー」とは別の前提条件を追加したい場合に設定します。

今回のマクロ(自宅周辺に入ったらテザリングを無効化)は「テザリングがオンの状態」を前提としているので、条件候補一覧より「Connectivity」→「Wi-Fiテザリングの状態」と選び、

「Wi-FiテザリングがONの状態」にチェックを入れます。

この条件を設定せずともマクロは動きますが、「テザリングのオン / オフ状態」に関わらずアクションが実行されるため、元からテザリングはオフ状態なのに”テザリングの無効化”通知が届いてしまいます。

以上で「Wi-FiテザリングがONの状態」の条件設定ができました。

右下の「✓チェック」アイコンをタップします。

手順⑤:マクロ名称を決めて完了!

最後にマクロの名前を決めます。今後新しいマクロを作成する可能性を考慮して、区別しやすい名称にすると良いでしょう(後から名前の変更はできます)。

作成したマクロはアプリトップ画面左上の「マクロ」より確認ができ、内容の編集や設定の有効化 / 無効化の切り替えも可能です。

マクロが完成したら、実際に動くか試してみましょう。

例えば下記のようなマクロを有効化した状態で、

  • トリガー:場所のトリガー(自宅周辺に入ったら)
  • アクション:テザリング設定(テザリングを無効化)
  • 条件:Wi-Fiテザリング設定(テザリングが有効中)

外出先でテザリングをオンにした状態で、自宅周辺に近付いてみます。

すると”テザリング無効化”を知らせる通知が届き、「テザリング機能のオフ」&「Wi-Fi機能のオン」が自動で実行されました!

 

補足:

「自宅にいる間ずっとテザリングは無効化」ではない

今回トリガーとした「ジオフェンス」は特定エリアの入退出を検知するため、自宅にいる間はテザリングをオンにする度に自動でオフになるわけではない点に留意して下さい。

  • 正解:自宅に帰ってきた時点のみテザリングが自動でオフとなる
  • 誤り:自宅にいる間はずっとテザリングが自動でオフとなる

例えば自宅に帰ってきてテザリングが自動でオフとなった後、一時的に手動でテザリングをオンにした場合、一度自宅から出て再度エリア内に入らない限り自動で無効化されません。

指定ネットワーク名(SSID)の検出をトリガーにできない

今回は「ジオフェンス」をトリガーとしましたが、位置検出はズレが生じるため、自宅や会社の指定ネットワーク名(SSID)をトリガーにするのが理想です。

ただ前提条件となる「テザリングがオンの状態」ではWi-Fi機能が強制的にオフとなり、SSID検出はWi-Fi無効状態では動作しないため選択できません。

そのほかMacroDroidで設定できるオススメマクロまとめ

本記事で紹介したマクロ以外にも、MacroDroidの便利な設定は無限に存在します。

例えば、普段接続しているWi-Fiのネットワーク名(SSID)検出可否をトリガーに、マナーモードのオン / オフ切り替え設定を自動化できます。

【マクロ①】

  • トリガー:Wi-FiのSSIDの変化(自宅のWi-Fi SSIDを検出したら)
  • アクション:バイブレーションを有効化/無効化(マナーモードを解除)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)

【マクロ②】

  • トリガー:Wi-FiのSSIDの変化(自宅のWi-Fi SSIDが検出されなくなったら)
  • アクション:バイブレーションを有効化/無効化(マナーモードを設定)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)
自宅や会社でマナーモードを自動設定! 特定Wi-Fi SSID接続を検知して設定を変更 [Android]
外出中や会社ではスマートフォンのマナーモードを設定して、帰宅後の自宅ではマナーモードを解除して着信音や通知音が鳴るよう設定をしている方が多いでしょう。 ただ、毎回決まった環境下で都度マナーモード設定を行うのは面倒でもあります。 ...

また、Bluetoothデバイス(例:イヤホン / スマートウォッチ)の紛失防止のため、下記マクロでBluetoothの切断を検知し通知表示できます。

  • トリガー:Bluetoothイベント(デバイスの切断を検知したら)
  • アクション:通知を表示(デバイスの切断を警告)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)
AndroidでBluetooth切断時に通知を自動表示する方法! イヤホンやスマートウォッチの置き忘れアラームで紛失防止するアプリ
ボクはBluetoothイヤホンやスマートウォッチを愛用しています。 ただ、持ち運ぶデバイスが増えるほど、外出先で無くすリスクが増えますよね。中にはせっかく購入したのに紛失して後悔している人もいるはず。 そこで本記事では...

それ以外にも多数のマクロ設定例を関連記事【MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう】でまとめて解説しています。

MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう
Android向けの自動化アプリは色々とありますが、直観的に自動化の設定ができる初心者にオススメなMacroDroidがボクのお気に入りです。 基本機能とその設定手順については、関連記事【MacroDroid – Androi...

そのほかWi-Fiに関わる便利な情報まとめ

今回取り上げた以外にも、本ブログではAndroidのWi-Fi機能に関わる様々な情報を掲載しています。

例えば「WiFi Prioritizer」というアプリを使えば、周囲にあるより速いWi-Fiへの接続先自動切り替えが可能となります。

WiFi Prioritizer
WiFi Prioritizer
Developer: Robert Botha
Price: Free
Androidで接続先ネットワークの優先順位を設定する方法! 自動でより速いWi-Fiへ切り替えよう
Androidの仕様として、一度接続したWi-Fiのアクセスポイント(SSID / ネットワーク名)は、設定を個別に解除しない限り、その後は自動的に繋がるようになります。 が、複数のネットワークが混在している場所だと、目的外のWi-F...

また、「開発者向けオプション」の「Wi-Fiを強制的にモバイル接続に切り替える」機能を有効化することで、Wi-Fi環境が不安定な状況で、自動的にモバイルデータ通信へ接続が切り替わるようになります。

[Android] Wi-Fi強度が弱いときモバイル回線へ自動で切り替える方法! 不安定な通信を検知して4Gへ接続する設定
不安定なWi-Fiネットワークに接続していると、ブラウザのページ更新やアプリ動作中に通信が切断され、オフライン状態になるケースがあります。 これには様々な要因があり、例えば周囲のネットワーク環境が変化して無線チャンネルが混雑していたり...

このようにAndroidのWi-Fiをより快適に利用する豆知識は関連記事【[Android] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な使い方】でまとめて解説しています。

AndroidでWi-Fi機能を便利に使う情報まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な設定
本ブログも記事数が増え、AndroidのWi-Fi機能にまつわる様々な情報を掲載してきました。 そこで本記事では、過去記事にしてきた「Wi-Fi関連の知ってると便利な豆知識」をまとめて紹介します。 よりWi-Fi機能を生産的に使...

 

〆:テザリングの”切り忘れ”を防止しよう!

以上、自宅や会社でテザリングを自動でオフにする方法! アクセスポイントの解除忘れを防止しよう [Android] の説明でした。

テザリングを解除し忘れて失敗した経験があれば、ぜひ紹介したマクロで自動化してみて下さい。

今回は「ジオフェンス」をトリガーとしましたが、MacroDroidでは他にも沢山の組み合わせが考えられるため、自身の使い方に合わせた”テザリング切り忘れ予防策”を設定できるといいですね。

ぜひ、ご参考あれ。

MacroDroid
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました