「iPhone/iPadは使用できません。iTunesに接続」から復旧する解決方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7624_02

iPhoneやiPadでパスコードを連続して間違えると、「iPhoneは使用できません。iTunesに接続」と画面に表示され、操作ができなくなってしまいます。

本記事では、そのような状態になったiPhoneやiPadを復旧する解決方法を説明します。

※記事中ではiPhoneを例に說明していますが、iPadでも手順は同様です。

スポンサーリンク

解決策:強制初期化をする

結論として、パスコードを連続して間違え、「iPhoneは使用できません。iTunesに接続」と出た場合、iTunesへ接続して強制的に初期化するしか方法はありません

もし、iCloudやiTunesに定期的にデータバックアップをしている場合、ある程度データ復旧も可能ですが、もしバックアップがない場合、iPhone本体からデータ抽出することもできないため、初期化に伴いデータが消失していまう点に注意が必要です。

普通にiTunesへ接続しても解決できない

さて、iPhoneの画面には「iPhoneは使用できません。iTunesに接続」と表示があるため、通常通りiTunesを起動したPCにiPhoneをLightningケーブルで接続すると、

7624_01

このようにiTunes画面に表示され、先に進めなくなっています。

「いやいや、そのパスコードが分からないから困っているんだよ・・・」というツッコミもあるかと思いますが笑

以上より、普通にiTunesへ接続するのではなく、強制的にiTunesとiPhoneが接続できるような手法をとる必要があります

強制的初期化の手順

PCのiTunesを使って、iPhoneを強制的に初期化する手順については、下記記事を参照下さい。

本手法による注意点は下記2点です。

データが初期化される

iOSが最新バージョンとなる

以上が、iPhoneを強制的に復旧させるために、必要な条件となります。

パスコードとバックアップの重要性

以上、説明でした。

パスコードを何度も間違えロックがかかってしまうと、Apple Storeでも解除できない、という報告を耳にします。

それほどiPhoneやiPadのパスコードは重要なものなので、まずは忘れないよう、しっかり管理すること

そして、万が一パスコードを紛失しても、データ復旧ができるよう、定期的にデータバックアップをすること。

以上2点が重要となります。

もし「iPhoneは使用できません」となってしまったら、本記事をご参照下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする