iPhone/iPadのiOSアップデートを途中で中断し 削除をして自動再開を防止する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8239_05

先日iPhoneのiOSアップデートをしましたが、ある理由でアップデートを中止することにしました。

その際に調べた、iOSアップデートを途中で中断する方法と、その後、iOSアップデートを削除する方法の2点について、記事にします。

※記事中ではiPhoneを例に說明していますが、iPadでも手順は同様となります。

スポンサーリンク

参考:iPhone上でiOSアップデートをする方法

iPhoneでiOSアップデートを実行する方法は大きく2種類あり、iPhone上の操作で実施するか、PCのiTunesを利用して実施するか、となります。

例えば前者の方法なら、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」より、「ダウンロードとインストール」をタップすることで、iOSアップデートが始まります。

この際、事前にiPhoneをWi-Fiへ接続しておく必要がある点が注意点です。

8239_01

iPhone iOSアップデートを途中で中断する方法

さて、iPhone上でiOSアップデートが始まると、その後は特に操作せずに自動的に進んでいきます。

ここで「やっぱりアップデートを中断したい!」という場合は、Wi-Fiをオフにすればアップデートが自動的に止まり、中断できます。

8239_02

ただ注意点として、その後Wi-Fiをオンにすると、再びiOSアップデートが自動的に再開されます。

iPhone iOSアップデートを削除する方法

ここまでの内容で、iOSアップデートを中断する方法を説明しましたが、さらに、Wi-Fiをオンにしても自動的にアップデートが始まらないようにしたい、という場合は、アップデート要求を削除する必要があります。

「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」より「ストレージを管理」へ進むと、現在iPhoneのストレージを埋めているコンテンツ一覧が表示されます。

8239_03

ここでは、写真やメール、ブラウザのキャッシュなど、一般的なストレージを消費するコンテンツが並びますが、iOSアップデートの実施中に限り、アップデート内容を一度iPhone側へダウンロードする必要があることから、「ソフトウェア・アップデート」というアップデート情報も表示されます。

そこで、一覧より「ソフトウェア・アップデート」を選び、「アップデートを削除」と進みます。

8239_04

この操作により、iPhone側へダウンロード中のアップデート内容が削除され、結果として、iOSアップデートの要求自体もなかったことになります。

以後、Wi-Fiへ接続しても、自動的にiOSアップデートが始まることはなく、再度iOSアップデートをしたい場合は、冒頭に説明した手順で、手動操作によりアップデートを実行する必要があります。

まとめ:中断&削除はちょっと分かりづらい

以上、説明でした。

内容を見ての通り、iOSアップデートを中断する方法と削除する方法は、ちょっと分かりづらいです。

おそらくAppleとしては、なるべくすべてのユーザーに最新のiOSを使用してもらいたい意図があるため、中断と削除の導線をあえて複雑にしている気がします・・・。

「iOSアップデートを中断したい! or 削除したい!」という方は、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする