LICEcap – Macで画面の動画撮影をGIFアニメーションで保存できる無料アプリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8794_06

ボクはMac系の記事を執筆する際、画面をGIFアニメーションで撮影することがあります。

8758_05

そのようなとき、いつもの流れとして、

・1つ目のアプリ:画面をmp4動画ファイルで保存

・2つ目のアプリ:撮影した動画をGIFアニメーションへ変換

のように「画面撮影するアプリ」と「動画を変換するアプリ」と、2回に工程を分けて作業していました。

ただ最近、撮影したMacの画面をそのままGIFアニメーションで保存できるアプリ「LICEcap」を知ったので紹介します。

スポンサーリンク

LICEcapでできるコト

「LICEcap」を使うことで、Macの画面撮影した動画をGIFアニメーションで直接保存することができます。

動画のカスタマイズは撮影範囲の調整など、基本的な機能のみ用意されていますが、画面を直接GIFアニメーションで保存できるため、頻繁に撮影する人にとって大変便利なアプリとなっています。

LICEcapの使い方

手順①:「LICEcap」を入手

まず「LICEcap」をダウンロードします。

MacとWindows両方に対応した無料アプリです。

※以降では、Macを想定した説明となっています。

ダウンロードしたdmgファイルを開くとアプリ使用上の注意が表示されるので、「Agree」を選択。

8794_01

その後、「LICEcap」をアプリケーションフォルダへ移動させます。

8794_02

手順②:「LICEcap」で画面撮影

特に初期設定は不要で、すぐに使い始めることができます。

撮影領域を調整

「LICEcap」を起動するとウインドウ枠が表示されます。この枠の範囲内が画面撮影の対象領域となるので、位置や大きさをドラッグで変更します。

8794_03

調整ができたら、「Record…」をクリックします。

保存方法を選択

続いて、撮影方法について設定ができます。保存するGIFファイルの「名前」や「保存場所」を調整します。

8794_04

その他、「撮影動画上でマウスボタンクリックを表示するか」・「動画撮影を数秒後に自動ストップ」など細かい設定もできますが、通常はデフォルトのままで良いでしょう。

調整ができたら、「Save」をクリック。画面撮影がスタートします。

撮影を完了する

画面撮影が終わったら、画面枠右下の「Stop」を選び、撮影終了。GIFアニメーションが保存されます。

8794_05

LICEcapの欠点

最後に個人的に使ってみて感じた、「LICEcap」の欠点を2点挙げます。

欠点①:アプリは英語表記

アプリの文字表記は日本語対応されておらず、英語のみとなっています。

英語に抵抗がある方は、少々使いづらいかもしれません。

欠点②:ユーザインタフェースが微妙

主観を含みますが、ユーザインタフェースが微妙です。

具体的には「Record」や「Stop」など、アプリを操作する上で必須となるアイコンが非常に小さかったりなど、次に何を操作すれば良いか、が初見だと分かりづらい作りになっていました。

まとめ:頻繁にGIFアニメーションを作るならオススメ

以上、説明でした。

記事の最後に「LICEcap」の欠点も記載しましたが、それでも頻繁にMacの画面撮影動画をGIFアニメーションへ変換している方なら、有益なアプリだと感じます。使いづらさも、徐々に慣れると思いますし。

また、画面撮影をGIFアニメーションではなく、通常のmp4動画ファイルで保存する方法や、すでにある動画ファイルをGIFアニメーションへ変換する方法については、下記記事をどうぞ。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする