【Mac】「QuickTime Player」で動画の向きを変更する方法(回転/反転)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5251_06

ビデオカメラやスマホで撮影した動画を編集する際、もし画面の向きを変えたいならどうしますか?

様々な編集ソフトが存在する中、Macならプリインアプリである「QuickTime Player」を利用して、動画の回転や反転といった変更が可能です。

今回はその方法を記事にします。

スポンサーリンク

その①:動画を「QuickTime Player」で開く

まず、向きを変えたい動画を開きます。

ここで、「QuickTime Player」以外の動画ソフトで再生してしまう場合、動画ファイルで右クリックを押し、再生するアプリを「QuickTime Player」に変更して下さい。

5251_01

ちなみに、今後も動画を開く時は、常に「QuickTime Player」で開きたい、という場合は、これを機に変更するのもアリですね。

今回は例として、ゲーム動画を開くとします。

5251_02

ちなみにゲームは名作、「クロノ・クロス」です。

その②:「編集」で変更したい向きを選択

続いて、メニューバー内「編集」を選択すると、回転・反転の項目があります。

5251_03

例えば、「水平方向に反転」を選ぶと、上下逆さまになります。

5251_04

この状態で保存すれば、新たな新規動画としてファイルが作成され、「水平方向に反転された状態の動画」を保存することができます。

いくつか注意事項あり

基本的な操作手順は以上で、非常にカンタンな内容ですが、注意点が2点あります。

1. 編集には時間がかかる

向き変更を実行すると、適用されるのに時間がかかります。

例えば、ファイル容量134MBの動画で15分ほど時間がかかりました。これはPCのスペックや環境により異なりますが、大容量の動画の場合、かなり時間がかかると思います。

5251_05

2. PC容量が圧迫される

あくまで既存の動画の向きを上書き保存するのではなく、新規に向きが変更された動画が作成されるため、単純に同じ容量の動画が2倍になることを意味します。

動画ファイルは容量が大きなものが多いため、この編集作業を繰り返し行うと、Macのストレージ不足の原因になるリスクもあるため、お気をつけ下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする