[Mac] 再起動時に自動開始アプリのオン/オフを設定! ログインすると開くアプリを追加/削除しよう

Mac

Macを再起動する際、最初から起動させたいアプリがいくつかあるでしょう。

ボクの場合、FluxDropboxがそれに該当するのですが、中には手動で設定しないと自動起動してくれないアプリもあります。

一方インストールが完了すると、標準で「自動起動」がオンになっているアプリもありますが、中には自動的に開くのを止めたいケースがあります。

そこで本記事では、Macを再起動してログインする時に自動開始させるアプリを追加したり、削除したりする設定方法を紹介します。

photo by Best Computer Desk For Home And Office – Nikewiki(リンク切れ)

 

macOS起動時に自動で開くアプリを設定する方法

まず「システム環境設定」→「ユーザとグループ」と進み「ログイン項目」を選択すると、ログイン時に自動的に開かれるアプリ一覧が表示されます。

自動起動させたいアプリを追加する

さっそくこのリストに新たに追加したいアプリを設定してみましょう。

下部にある+ボタンを押すと、自動起動させたいアプリを追加できます。アプリケーション一覧から、アプリを選択しましょう。

アプリ追加後、実際に再起動してみると、先ほど追加したアプリが自動起動するはずです。

自動的に開くアプリを削除する

標準で自動起動リストに入っているアプリや、手順②によって手動で追加したアプリを削除する場合は、削除したいアプリにカーソルを合わせ選択状態にし、下部の−ボタンをクリックします。

これですぐに消去されます(パスワードは要求されません)。

参考::前回開いていたウインドウを無効にする

Macでは直前まで開いていたアプリのウインドウを、再起動後に自動で表示する設定がデフォルトとなっています。

中断していた作業を再開する意味では便利ですが、一度に画面が出るため動作が重くなるデメリットがあります。

この仕様をオフにするには、電源を落とす or 再起動を実行する際に出るウインドウで「再ログイン時にウインドウを再度開く」のチェックを外せばOK。

一度チェックを外せば設定は記憶されるため、以降は自動で前回開いていたウインドウが無効となります。

 

補足:そのほかMacのアプリ起動/終了を便利にする情報まとめ

Macではアプリを起動や終了を自動化できる設定がいろいろとあります。

例えば「AppBeBack」というアプリを使えば、直近で閉じたアプリを再度開くことができます。

メニューバーのアイコンから最近終了したアプリ履歴を確認できる。

AppBeBack - 直近で閉じたアプリを再度開く方法! 最近終了した履歴からすぐ起動できる [Mac]
Macで沢山のアプリを使っていると、起動と終了が何度も入り乱れ、操作が面倒になる場面があります。 似たようなシーンとして、ブラウザ上で多くのタブを開いたり閉じたりするケースなら、(Macなら) ⌘ + shift + T で最近閉じた...

また「Quitter」というアプリを使えば、一定時間後に起動したまま使っていないアプリを自動的に終了できます。

メッセージ系のアプリを「5分後」に自動的に「閉じる」設定にした例。

Quitter - Macで指定アプリを一定時間後に終了! 使っていないアプリを自動で閉じる無料アプリ
Macで様々なアプリを入れて使っていると、アプリを起動した後に閉じることを忘れ、Dockに残したままという状態はよくあります。 頻繁に使うアプリなら問題ありませんが、「LINE」や「メール」など、メッセージ系のアプリを起動したままにし...

詳細はそれぞれ関連記事をご覧下さい。

 

〆:設定しすぎると重くなる可能性あり

以上、[Mac] 再起動時に自動開始アプリのオン/オフを設定! ログインすると開くアプリを追加/削除しよう の說明でした。

あまりにも自動起動させるアプリを設定しすぎると、ログイン時にすべてのアプリが立ち上がるまで時間がかかるようになります。

便利な設定ですが、Macのスペックも考慮してバランスの良い数に調整するようにしましょう。

Mac
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント