[Mac] 外付けHDDがない状況でも Time Machine(タイムマシン)から復元する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9129_05

ボクは外付けHDDでMacのデータをTime Machineでバックアップしています。

ただ、ボクはMacBook Airを使っているので外出先で利用する機会が多く、常に外付けHDDを携帯しているわけではありません。

そのような状況でもしデータを消失したら、自宅に帰ってから外付けHDDにバックアップされたデータから復元しても、最後にバックアップしてから作成したデータは復旧することができません。

が、実はTime Machineのバックアップデータを保存する外付けハードディスクドライブなどの外部記憶メディアがMac本体に接続されていない状況でも、Mac本体に直近のデータは一時的にバックアップされ、守られています。

本記事では、外付けHDDがない状況でも、Mac本体に保存されたバックアップデータよりTime Machineから復元する方法を記載します。

スポンサーリンク

外付けHDDがなくても Time Machineから復元する方法

Time Machineの保存期間は3種類ある

Time Machineは、主に3種類に分けて保存期間が設定されています。

1時間毎のバックアップ:24時間保存

1日毎のバックアップ:1ヶ月間保存

1週間毎のバックアップ:永久に保存(ディスクの容量が許す限り)

上記ルールに沿って、外付けHDDにデータを自動でバックアップしていきます。

ただ、常に外付けHDDがMacに接続されているわけではないため、バックアップのタイミングで外付けHDDが接続されていない場合、一時的にMac本体にバックアップデータを残す仕様があります。

それが「ローカルスナップショット」という機能です。

ローカルスナップショット機能とは

Mac ノートブックコンピュータが常に Time Machine バックアップドライブの近くにあるとは限らないため、Time Machine はバックアップの一部も起動ドライブに保管しておきます。こうしたローカルスナップショットは、Time Machine を「入」にすると自動的に有効になり、「切」にすると無効になります。毎日のスナップショットが 24 時間ごと (コンピュータを起動または再起動した時点からカウント)、毎週のスナップショットが 1 週間ごとに 1 つずつ保存されます。

要するに、外付けHDDが接続されていないときの緊急策みたいなイメージ。バックアップのバックアップともいえます。

つまり、外付けHDDが接続されていない状況でデータを消失してしまっても、Mac本体にバックアップされている「ローカルスナップショット」から復元させれば、ある程度復元をすることができるのです。

もちろん、Mac本体のデータがすべて消失してしまうと「ローカルスナップショット」すら消えてしまい復元できなくなりますし、Mac本体のデータ容量が一杯だとバックアップは行われないため、完全なバックアップとはいえない機能です。

が、例えば誤って特定のファイルを消してしまった場合や、ある時点までデータをリストアしたい場合など、一定の条件下で「ローカルスナップショット」は非常に有用です。

下記より「ローカルスナップショット」からデータを復元する手順を説明します。

ローカルスナップショットで復元する手順

基本的に、通常Time Machineから復元する際と同様です。

手順①:Time Machine に入る

まず、メニューバーよりTime Machine へ入ります。

9129_01

外付けHDDが接続されていないと、自動的に「ローカルスナップショット」でバックアップされたデータへアクセスします。

手順②:「ローカルスナップショット」から復元するデータを選ぶ

「ローカルスナップショット」にバックアップされたデータが、Finderのウインドウリストで表示されるので、サイドバーに出る日時も参考に、復元したい時点を探します。

9129_02

もちろん、「ローカルスナップショット」は不完全なバックアップとなるため、遡れるデータには限界があります。ボクの場合、約1週間前までの情報が遡及の限界でした。

9129_04

復元したい時点があれば、ウインドウ下に表示される「復元」を選ぶことで実行されます。

まとめ:便利だが 信頼しすぎに注意

以上、説明でした。

記事中の通り、「ローカルスナップショット」は不完全なバックアップです。通常外付けHDDにバックアップした際と同様の水準で復元できるわけではないため、定期的に外付けHDDに接続してTime Machineのバックアップを実行するべきです。

それでも「ローカルスナップショット」は、つい大切なデータを消去してしまったときや、数時間前のデータにリストアしたいときなどは便利です。ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする