Macで動画をループ再生する方法! QuickTime Playerでビデオを連続でリピートしよう

スポンサーリンク
Mac

本記事では、Macで1つの動画ファイルを繰り返しループ再生する方法を紹介します。

以下のようなシーンで活躍しますよ。

  • ダンスムービーを流して振り付けを覚えたい
  • 子供向け動画を繰り返し流したい
  • 展示会や売り場でお客様向け動画をリピート再生したい

動画内で特定の尺のみリピート再生する手順にも触れていますので、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Macで動画をループ再生する方法

2つの動画プレーヤーを使った方法を紹介します。

  1. QuickTime PlayerのアイコンQuickTime Playerを使う
  2. VLCのアイコンVLCを使う
Macにプリインストールされる1がオススメです。特定の尺のみリピート再生したいなら、2をどうぞ。

方法①:QuickTime Playerを使う

事前にループ再生したい動画ファイル(.mp4など)を用意してください。

QuickTime Playerで動画をループ再生する手順1

sample01.mp4というファイルを再生する例。

動画をQuickTime PlayerのアイコンQuickTime Playerで開きます。

QuickTime Playerで動画をループ再生する手順2

ダブルクリックしても起動しない場合、右クリックメニューより このアプリケーションで開くQuickTime Player と選択すればOK。

QuickTime Playerで動画をループ再生する手順3

あとはメニューバー「表示」より 再生を繰り返す にチェックを入れるだけ。

これで動画はループ再生されます。

QuickTime Playerで動画をループ再生する手順4

方法②:VLCを使う

事前にループ再生したい動画ファイル(.mp4など)を用意してください。

VLCで動画をループ再生する手順1

sample01.mp4というファイルを再生する例。

公式サイトからVLCのアイコンVLCをダウンロードします。

VLCで動画をループ再生する手順2

ダウンロードしたVLCをアプリケーションフォルダへ移す。

動画をVLCのアイコンVLCで開きます。

VLCで動画をループ再生する手順3

ダブルクリックしても起動しない場合、右クリックメニューより このアプリケーションで開く → VLC と選択すればOK。

VLCで動画をループ再生する手順4

単純に動画をループ再生したい場合、メニューバー「再生」より 1曲リピート にチェックを入れればOKです。

VLCで動画をループ再生する手順5

さらに動画内で始まり(A)と終わり(B)を指定すれば、特定の尺のみリピート再生可能です。

まず、始まり(A)の部分で動画を一時停止して、メニューバー「再生」より 2点間(A-B)ループ をクリックします。

VLCで動画をループ再生する手順6

赤丸の部分を、始まり(A)とする例。

VLCで動画をループ再生する手順7

1回目の「2点間(A-B)ループ」クリック。

同じく、終わり(B)の部分で動画を一時停止して、メニューバー「再生」より 2点間(A-B)ループ をクリックします。

VLCで動画をループ再生する手順8

赤丸の部分を、終わり(B)とする例。

VLCで動画をループ再生する手順9

2回目の「2点間(A-B)ループ」クリック。

これで指定した尺(A点 – B点)に限定して、動画はループ再生されます。

 

補足:Macのリピート再生に関するアレコレ

本パートでは、細かい情報を補足します。

説明の流れ
  • 補足①
    YouTubeをループ再生する方法
  • 補足②
    動画ファイル(.mp4など)の関連付けを変える方法

YouTubeをループ再生する方法

パソコンからYouTubeのアイコンYouTubeを視聴する場合、YouTube公式サイトで動画を開き、右クリックメニューより「ループ再生」にチェックを入れればOK。

これで同じ動画を何度も流せます。

YouTubeをループ再生する方法1

動画プレーヤー内で右クリックする。

YouTubeをループ再生する方法2

「ループ再生」を選ぶ。

そのほか、高度なループ機能(例:特定の尺のみリピート再生 / 指定した回数のみリピート再生)も実現可能です。

詳しい情報は、関連記事【YouTubeをリピート再生する方法! iPhone/AndroidやChromeで繰り返しループしよう】で解説しています。

YouTubeをリピート再生する方法! iPhone/AndroidやChromeで繰り返しループしよう
この記事では、スマホとパソコンでYouTubeをリピート再生する方法を解説します。特殊な条件でループする(特定の尺のみ/指定した回数のみ)手順も説明しています。

動画ファイル(.mp4など)の関連付けを変える方法

Macに複数の動画プレーヤーを入れている場合、動画ファイル(.mp4など)をダブルクリックすると、意図しないアプリで起動するケースがあります。

これは、デフォルトアプリ設定より自由にコントロールできます。

対象の動画ファイルで右クリックメニュー 情報を見る を開き、

動画ファイル(.mp4など)の関連付けを変える手順1

「このアプリケーションで開く」でデフォルトアプリとしたい動画プレーヤーを選択、 すべてを変更 すれば完了です。

動画ファイル(.mp4など)の関連付けを変える手順2

より詳しい情報は、関連記事【Macで拡張子の関連付けを変更する方法! ファイルごと開く標準のデフォルトアプリを指定しよう】で解説しています。

Macで拡張子の関連付けを変更する方法! ファイルごと開く標準のデフォルトアプリを指定しよう
Macでは拡張子ごとデフォルトで開くアプリが決まっています。 例えば”mp4”ファイルをダブルクリックすると「QuickTime Player」が起動するケースが多いでしょう。 この設定は自由に変更ができます。 そこで本記...

 

〆:クイックタイムプレイヤーで動画をループ再生しよう

以上、Macで動画をループ再生する方法! QuickTime Playerでビデオを連続でリピートしよう の説明でした。

単純なループ再生なら標準アプリのQuickTime PlayerのアイコンQuickTime Playerが、「ある2点間を延々とループ再生」したいならVLCのアイコンVLCがオススメです。

ぜひ、お試しあれ。

参考 Appleサポート – MacのQuickTime Playerでファイルを開く/再生する

Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました