iPhoneのアラームを祝日はオフにする方法! オートメーションで平日のみ目覚ましをかけよう

スポンサーリンク
iOS

この記事では、iPhoneのアラームを祝日はオフにする方法を解説します。

時計アプリのアイコン時計アプリにそのような機能はありませんが、ショートカットのアイコンショートカットアプリを組み合わせることで、実現できます。

せっかくの休日なのに、目覚ましが鳴って悩んでいれば、どうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneアラームを平日のみオンにする方法

iOS 16で検証しています。

いつもどおり、時計アプリのアイコン時計アプリでアラームを作成します。

ただし以下3点に留意してください。

項目ポイント
時刻アラームを鳴らしたい時間をセットする
※下記例では「7:00」
繰り返し「しない」を選ぶ
ラベル判別しやすい名称を決めておく
※下記例では「平日アラーム」

ラベル「平日アラーム」を、7:00にセットした例。

ショートカットのアイコンショートカットアプリを使うので、インストールしておきましょう。

‎ショートカット
‎ショートカット
開発者:Apple
金額:無料

以下のような自動化を設定します。

「オートメーション」タブより 個人用オートメーションを作成 → 時刻 と進みます。

(左)①オートメーション→②個人用オートメーションを作成 (右)時刻

時刻を「0:00」、繰り返しを「毎週:月〜金」でセットします。

毎週、月曜〜金曜の午前0時に、本日が祝日か判定します。

次へ 進み、”カレンダー”と検索、「カレンダーイベントを検索」を開きます。

(左)①→②→③の順番で操作 (右)Appおよびアクションを検索

(左)”カレンダー”と検索して、赤枠をタップ (右)「カレンダーイベントを検索」が表示

「が次の未来の期間内」をタップして、「が今日である」にチェックします。

続けて フィルタを追加 します。

(左)「が今日である」を選ぶ (右)フィルタを追加

「が次と等しい」の後ろにある「カレンダー」をタップして、「日本の祝日」にチェックします。

これで「本日が祝日かどうか」の条件が設定できました。

「日本の祝日」を選ぶ。

“if”と検索して、「if文」を開きます。

(左)Appおよびアクションを検索 (右)”if”と検索して、赤枠をタップ

「条件」をタップして、「任意の値」にチェックします。

これで「祝日の種別は問わない」という条件が設定できました(例:”こどもの日”、”海の日”など指定しない)。

「任意の値」を選ぶ。

“アラーム”と検索して、「アラームを切り替える 」を開きます。

(左)Appおよびアクションを検索 (右)”アラーム”と検索して、赤枠をタップ

「アラーム」をタップして、対象のアラームを選びます。

作成したアラームのラベル名称が、ここで表示されます。

ラベル「平日アラーム」を選択する例。

「アラームをオンに変更」を長押しで、「その他の場合」の下に配置をかえます。

「その他の場合」と「If文の終了」の間にドラッグする。

これで「本日が祝日でなければ、アラームをオンにする」アクションができました。

次へ 進みます。

作成したアクション。

完了 をタップして終了です。

なお 実行の前に尋ねる は、オフのアイコンオフにしましょう。

(左)実行の前に尋ねるをオフにして完了 (右)オートメーション一覧に表示される

平日のみ、アラームが自動でオンになればOKです。

▼通常の平日:毎0:00にアラームが自動セットされる

7/10(月)は普通の平日なので、アラームは自動でオンになる。

▼祝日:0:00にアラームがセットされない

7/17(月)は祝日(海の日)なので、アラームはオンにならない。

 

〆:目覚ましを祝日対応しよう!

以上、iPhoneのアラームを祝日はオフにする方法! オートメーションで平日のみ目覚ましをかけよう の説明でした。

ショートカットのアイコンショートカットアプリを応用すれば、アラームの平日かけ忘れ・休日きり忘れを防止できます。

ぜひ、お試しあれ。

操作手順が多いため、設定ミスには注意しましょう。できれば何度かテストして、しっかり動作することを確認してから利用をオススメします。

参考 Appleサポート – iPhoneでアラームを設定・変更する方法

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました