[iOS] iPhoneでホーム画面のアプリラベルを消す方法! Dockやフォルダアイコンの名前を非表示にしよう

スポンサーリンク

通常、iPhoneのホーム画面上に表示されるアイコンのラベルは消すことはできず、アプリやフォルダの名前が常に表示されます。

ただいくつかの条件を満たせば、これらラベルを非表示にできます。もちろん脱獄(Jailbreak)も不要。

そこで本記事では、iPhoneでホーム画面のアプリラベルを消す方法を紹介します。

Dockやフォルダアイコンの名前を非表示にしたい方は、ぜひご覧あれ。

スポンサーリンク

アプリアイコンのラベルを消去する方法

今回紹介する手法はiOS 10以降を搭載するiPhone / iPadが前提条件となり、2018年3月現在、iOS 10.3.3を搭載するiPhoneでの再現性を確認しています。

ただiOS 11より標準でDock上のラベルが非表示となり、さらにコントロールセンターの仕様も大幅に刷新された影響で、iOS 11以降を搭載するiPhoneでは使えない手法となっています。

ホーム画面上のアイコンのラベルが全て消える!

本記事で紹介する手法を実行したiPhoneがコチラ。

Dockはもちろん、Dock外のホーム画面上のアプリやフォルダのラベルが消失していることが分かります。

慣れるまで手順も難しいですが、脱獄不要で手軽にホーム画面のラベルを消せるので、一度は試す価値ある豆知識となっています。

さっそく下記よりその手順について解説します。

手順①:アクセシビリティ設定を変更する

まずアクセシビリティ設定内でいくつかの設定変更をします。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と進み、

「コントラストを上げる」から「透明度を下げる」と「色を濃くする」のトグルをオンにします。

続いて「視差効果を減らす」項目から「視差効果を減らす」トグルをオンにします。

以上で下準備は終了です。

手順②:トリッキーな方法でマルチタスク画面を表示する

次にホーム画面上でコントロールセンターを開きます。開き方は一般的な手法で、画面下部から上へスワイプすることが起動させます。

ここでコントロールセンターが表示されたら、一度画面から指を離します(ココ重要!)。

さて、ここからが本手法最大の山場です。

ここまでの流れでコントロールセンターを表示させた状態で、コントロールセンターウインドウを指で画面内の一番上まで引っ張ります。

その状態(指でコントロールセンターを上へ引っ張っている状態)を維持したまま、空いているもう片方の指でホームボタンを2回連続で押し、マルチタスク画面を表示させ、再びホームボタンを押しホーム画面へ戻ります。

するとGIF動画の通り、Dock上のアプリアイコンラベルが消失されています。

おそらく多くの方はいきなり成功はせず、何度か試す中でやっと成功できるかと思います。ボクも3回目でやっと成功しました。

個人的なポイントとして、コントロールセンターウインドウを指で画面内の一番上まで引っ張った後、すぐにマルチタスク画面へ切り替えるのではなく、1-2秒その状態を維持した後に切り替えると成功確率が上昇すると感じます。

ここまでの手順でDock上のアプリアイコンのラベルが消失しました。が、Dock以外のホーム画面上のアプリアイコンのラベルは相変わらず表示されたままです。

実はDockのラベルを消失する方法しか見つかっていないため、

STEP1. ラベルが消えたDockのアイコンをDock外へすべて移動させる

STEP2. ラベルが表示されているアプリアイコンをDock上に移す

STEP3. 手順②を実行する

STEP4. STEP1へ戻る

この流れを何度も繰り返すことで、ホーム画面上に表示されるすべてのアプリアイコンのラベルを消すことができます。

補足:元に戻す方法

本手法でラベルを消失させた場合、画面を切り替えたり、スリープモードにしたりしても状態は維持されますが、下記のいずれかを実行すると変更が取り消され、元のラベルが表示されるようになります。

電源を再起動する

アクセシビリティ設定を戻す

壁紙を変更する

おそらく上記以外にも元に戻る条件はあると思いますが、ボクの環境下で確認できたのが上記3点でした。

逆に言うと、再起動する度にラベルが強制的に再度表示されるようになってしまうので、この点が本手法の欠点となります。

〆:脱獄せずラベルを消したいなら試してみよう!

以上、[iOS] iPhoneでホーム画面のアプリラベルを消す方法! Dockやフォルダアイコンの名前を非表示にしよう の說明でした。

Androidと比べ、iOSは見た目のカスタマイズに色々と制約がありますが、たまに今回のようなバグにより、通常では有り得ないようなビジュアルの変更が可能となります。

iOS 10なら脱獄せずともラベルを消失させることができるため、興味のある方はぜひお試しあれ。

参考 WONDERHOWTO

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい