iOSの連絡先グループをスマートフォン上で作成/編集する方法! PC不要で電話帳を分類できる [iPhone/Android]

スポンサーリンク

フィーチャーフォン(ガラケー)では電話帳のグループ分け機能を使えましたが、iOS(iPhone / iPad)の「連絡先」アプリ上からは連絡先グループを作成することができません。

そこでWeb版iCloudを利用することで、グループの編集をする方法が一般的な解決策ですが、PCを持っていないユーザーにとってハードルがあります。

そこで本記事では、iOSの連絡先グループをスマートフォン上で作成 / 編集する方法を紹介します。

PC不要でiPhoneやAndroid上から電話帳を分類できます。ぜひ、ご覧あれ。

photo by gdsteam

スポンサーリンク

iOS連絡先グループをスマホ上で編集!

まず、iPhoneの連絡先グループは「連絡先」アプリ上から編集はできず、全てWeb版iCloudで作業することになります。

関連記事

iPhoneの連絡先グループを作成する方法! iOSの電話帳をiCloudで分類/編集しよう

ただ、この方法はPCから操作することを前提としており、スマートフォンしか持っていないユーザーは別のアプローチが必要です。

そこで下記より、iPhoneまたはAndroid上からの操作だけで連絡先グループの編集作業を完結する方法を解説します。

iPhone上で連絡先グループを作成する

iPhone上で「連絡先」アプリのグループを作成 / 編集する場合、アプリ「連絡先SS」を使った方法がオススメです。

連絡先SS – カンタンにiOS電話帳を分類できる!

まず、iPhoneにアプリをインストールします。

iOS 要件:9.3 以上

価格:無料

アプリを起動し「連絡先」へのアクセス権を与えると、iPhoneの電話帳が表示されます。

ここで、右タブに並ぶ「グループ」一覧にて、”+”アイコンより新規グループ作成ができ、

グループに移したい電話帳を選び、ドラッグ&ドロップすれば追加可能です。

もちろん「連絡先SS」アプリ上で編集したグループ内容は、iOS標準「連絡先」アプリ側にもしっかり反映されます。

なお「連絡先SS」アプリの注意点として、たまに「グループ分けに失敗」と表示され、うまく編集できないケースがあります。

これはiPhone上で複数アカウントに紐付く電話帳を運用している場合に発生します。

「設定」→「連絡先」より「デフォルトアカウント」を開くと、

現在使用しているアカウントの種別とデフォルト(メイン)アカウントがどちらか、を確認できます。

例えば「iCloud」と「Gmail」両方に紐付く電話帳を管理していて、デフォルトアカウントが「iCloud」の場合、「連絡先SS」アプリで新規作成する連絡先グループも自動で「iCloud」傘下のグループとして認識されます。

そしてややこしいのが、異なるアカウント傘下のグループに連絡先は移動できず、「グループ分けに失敗」とエラーが発生するという点。

移動したい連絡先がどちらのアカウントに所属しているか、はiOS標準「連絡先」アプリの「グループ」を開き、片方のアカウントのチェックを外すことで、チェックを入れたアカウントに所属する電話帳のみ表示することで確認可能です。

例えばこの状態だと、「iCloud」アカウントに所属する連絡先のみ表示される。

「連絡先SS」アプリで「グループ分けに失敗」エラーが出たら、対象の電話帳とグループの所属先アカウントがズレていないか確認してみて下さい。

以上、使用上の注意点はありますが、「連絡先SS」アプリを使えば、iPhone上の操作だけで連絡先グループの編集作業を完結できます。

参考:Web版iCloudを開けるが限定的な編集しかできない

iPhone上からもWeb版iCloudを開くこと自体は可能であるため、Web上で直接「連絡先」設定のグループを編集する手段もあります。が、下記に記載する通り「グループの新規作成」しかできません。

通常、iPhoneでWeb版iCloudへアクセスしても「iPhoneを探す」や「友達を探す」アプリへのリンクが表示されるだけで、本来のiCloud機能を使うことはできませんが、ブラウザ表示をPC版と変更することで突破できます。

記事中では「Safari」ブラウザを例に説明します。

Safariの下部メニューより「デスクトップ用サイトを表示」を実行し、

PCで表示した際のWeb版iCloudを操作できます。

後は「連絡先」を開くことで、

iPhone上からもiCloudの「連絡先」編集画面を起動でき、新規グループ作成も可能です。

が、グループ作成はできる一方で、電話帳をグループへ移動する「ドラッグ&ドロップ」をタッチパネル上でうまく実行できないため、編集範囲はかなり限定されます。

iOSはマウスポインタに対応していないため、外付けマウスを接続してドラッグ&ドロップができない問題を解決することもできません。

例えばApple純正の「Magic Trackpad」をiPhoneのBluetoothでペアリングしようとしても、検出すらできませんでした。

以上より、iPhone上でWeb版iCloudへアクセスして連絡先グループを編集する選択肢は実用的ではなく、やはり先述した「連絡先SS」等のサードパーティ製アプリを用いた手段がオススメです。

Android上で連絡先グループを作成する

iPhoneの連絡先データをAndroidへ移行する方法はネット上でも多く記載されており、主にGoogleアカウントを使った方法が一般的です。

関連記事

iOSからAndroidへ電話帳を移行する方法! iPhoneの連絡先を新しい機種で引き継ごう

一方、「Android上からiPhoneの連絡先グループを編集する」場合、AndroidでWeb版iCloudを開き、直接「連絡先」設定のグループを編集する手段があります。

まずはAndroidでWeb版iCloudを表示して下さい。

例えば「Google Chrome」ブラウザなら、メニューより「PC版サイトを見る」より、

PCで表示した際と同じレイアウトでiCloud.comのログイン画面となります。

後はiCloudの「連絡先」編集画面を起動すれば、Android上から連絡先の新規グループ作成ができます。

が、グループ作成はできる一方で、電話帳をグループへ移動する「ドラッグ&ドロップ」をタッチパネル上でうまく実行できないため、編集範囲はかなり限定されます。

そこで解決策として、外付けマウスを接続してマウスポインタでドラッグ&ドロップを実行する選択肢があります。

例えばApple純正の「Magic Trackpad」をAndroidのBluetoothでペアリングするとマウスポインタを操作できるので、

カンタンにドラッグ&ドロップで作成したグループに電話帳を移行できます。

この方法の欠点は「外付けマウスを用意する必要がある」という部分でしょう。

ただマウスポインタさえあれば、Android上の操作だけでiPhone連絡先グループの編集作業を完結できます。

今回と同様の方法で、Androidから「iPhoneを探す」や「iCloud Drive」を使用することができます。詳細な手順は別記事で解説しています。

関連記事

AndroidでiCloudを使う方法! 「iPhoneを探す」や「iCloud Drive」を表示/操作できる

〆:スマホからも連絡先グループをカスタマイズしよう

以上、iOSの連絡先グループをスマートフォン上で作成/編集する方法! PC不要で電話帳を分類できる [iPhone/Android] の説明でした。

iPhoneの連絡先グループの編集はPC上のiCloudから実施するのが一般的ですが、本記事で解説したワザを使えば、スマートフォン上からの操作だけで完結できます。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい