Android上でiCloudの「iPhoneを探す」や「iCloud Drive」を使う方法

スポンサーリンク

Androidをお使いの方でも、PCがMacだったりサブデバイスでiPhone / iPadを利用しているなら、「iCloud」を使うこともあるでしょう。

ただ、Android版「iCloud」公式アプリは用意されていないため、AndroidからiCloudと紐付いたデータへアクセスしたい場合は色々と工夫が必要です。

例えばiCloudに保存されたカレンダーや電話帳(連絡先)をAndroidで表示したい場合は、Googleアカウントへ移行することで解決できますし、

関連記事

iPhoneからAndroidへカレンダー(スケジュール)を移行する方法

関連記事

iPhoneからAndroidへ電話帳(連絡先)を移行する方法

AndroidのGmailでiCloudメールアドレスを使用することもできます。

関連記事

AndroidのGmailでiCloudメールアドレス(@icloud.com/me.com/mac.com)を使う方法

ただ、iCloudの「iPhoneを探す」や「iCloud Drive」は、Googleアカウントへ移行したり、Android向けアプリで表示することもできないため、別のアプローチが必要となります。

そこで本記事では、Android上でiCloudの「iPhoneを探す」や「iCloud Drive」を使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

AndroidでiPhoneを探す/iCloud Driveを使う方法

手順①:ブラウザ表示をPC版に変更する

まず今回紹介する方法のミソを說明すると、Androidのブラウザアプリから直接iCloud.comへアクセスし、Web上で「iPhoneを探す」でiOSデバイスを検索したり、「iCloud Drive」でファイルをダウンロードできるようになります。

ただし、Android上でiCloud.comを開こうとすると「このブラウザは現在サポートされていません。」と表示され、先に進むことが出来ません。

そこで工夫点として、ブラウザの設定より表示を「PC版」へ変更します。

Google Chromeなら右上メニューより「PC版サイトを見る」にチェックを入れればOK。

手順②:いつもの手順でiCloud.comへログインする

するとPCで表示した際と同じレイアウトでiCloud.comのログイン画面となるので、いつも通りApple IDとパスワードを入力し、必要であれば「2ステップ確認」も行います。

参考 Appleサポート – Apple ID の 2 ステップ確認

手順③:Android上でiPhoneを探す/iCloud Driveを使う

以上の手順でiCloud.comへログインできれば、PCで操作する際と同じようにAndroidでもWeb版iCloudの各種機能を使うことができます。

レイアウトはスマートフォンの画面へ最適化されていないため操作しづらいのが難点ですが、「iPhoneを探す」よりiCloudと紐付いたiOSデバイスを探せますし、「iCloud Drive」からAndroidへファイルのダウンロードもできます。

〆:AndroidでWeb版iCloudを使いこなそう!

以上、Android上でiCloudの「iPhoneを探す」や「iCloud Drive」を使う方法 の說明でした。

ログインする際の操作が少し面倒ですが、AndroidでもWeb版であればiCloudを利用することができます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい