iPhoneロック画面のカメラを変更する方法! 好きなカメラアプリで起動しよう

スポンサーリンク
iOS

この記事では、iPhoneのロック画面から好きなカメラアプリを起動する方法を解説します。

普段から標準カメラのアイコンカメラではない、サードパーティ製カメラを愛用しているなら、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneロック画面のカメラを変更する方法

通常、ロック画面で次の操作をすると、標準カメラのアイコンカメラが起動します。

  • 左へスワイプ
  • カメラマークカメラマークをタップ
ロック画面のカメラ機能について

スワイプ、またはカメラマークより(左)、すぐカメラが開く(右)。

ここでプリインストールアプリショートカットアプリのアイコンショートカットを使えば、1→2を自動化して、別カメラに置き換えることが可能です。

  1. 標準カメラのアイコンカメラを起動する
  2. 別カメラを起動する

実際にこの仕組みで、ロック画面から別カメラMicrosoft PixのアイコンMicrosoft Pixを開いた動画です。

▼タップして再生(音は出ません)

最初に一瞬、標準カメラの画面が映りますが、すぐ別カメラに切り替わります。

これで無音カメラやSNOWのアイコンSNOWなど、愛用してる別カメラをロック画面から起動できます。

ショートカットの作り方

ショートカットアプリのアイコンショートカットを開きます。

削除済みの場合、再インストールしましょう。

‎ショートカット
‎ショートカット
開発者: Apple
金額: 無料

「オートメーション」タブより 個人用オートメーションを作成App と進み、標準のカメラのアイコンカメラを選択、完了 します。

ショートカットの作り方1

(左)①オートメーション→②個人用オートメーションを作成 (右)App

ショートカットの作り方2

(左)Appを選択 (右)標準カメラをチェックして完了

状態はデフォルトの開いているアイコン開いている、のままでOKです。

次へ 進み、アクションを検索で”スクリプ”と入力で「スクリプティング」が表示されます。

一覧から Appを開く を選び、App を開きます。

ショートカットの作り方3

(左)次へ (右)Appおよびアクションを検索

ショートカットの作り方4

(左)①スクリプと検索→②Appを開く (右)App

代わりに開きたいカメラアプリを選びます。

これで1→2を自動化するショートカットが完成しました。

  1. 標準カメラのアイコンカメラを起動する
  2. 別カメラを起動する

なお 実行の前に尋ねる は、オフのアイコンオフにすることをオススメします。

ショートカットの作り方5

(左)Microsoft Pixを選ぶ例 (右)次へ

ショートカットの作り方6

(左)①実行の前に尋ねるをオフ→②完了 (右)オートメーション一覧に表示される

ロック画面で次の操作をして、指定した別カメラアプリが起動すれば成功です。

  • 左へスワイプ
  • カメラマークカメラマークをタップ
ショートカットの作り方7

スワイプ、またはカメラマークより(左)、別カメラが開く(右)。

ショートカットの注意点

2点あります。

  • パスコードを解除しないと別カメラは開けない
  • ホーム画面やコントロールセンターの標準カメラも置き換わる

パスコードを解除しないと別カメラは開けない

ロック画面のパスコード認証が済んでないと、以下流れのうち、1でストップします。

  1. 標準カメラのアイコンカメラを起動する
  2. 別カメラを起動する
Face ID(顔認証)であれば特に意識することなく、自然に開けるため問題ないはずですが、注意しましょう。
パスコードを解除しないと別カメラは開けない説明

パスコード認証が済んでない状態で(左)、カメラを開くとショートカットが機能しない(右)。

ホーム画面やコントロールセンターの標準カメラも置き換わる

作成したショートカットは、ロック画面”以外”のシーンでも常に働きます。

そのため以下の操作をしても、自動で別カメラが開きます。

  • ホーム画面の標準カメラのアイコンカメラアイコンをタップする
  • コントロールセンターのカメラマークカメラマークをタップする
ホーム画面やコントロールセンターの標準カメラも置き換わる説明1

(左)ホーム画面の標準カメラ (右)コントロールセンターのカメラマーク

一時的に止めたい場合、ショートカットアプリのアイコンショートカットで このオートメーションを有効オフのアイコンオフにすればOK。

ホーム画面やコントロールセンターの標準カメラも置き換わる説明2

(左)対象のオートメーションを開く (右)赤下線をオフにする

 

補足:iPhoneのカメラに関するアレコレ

細かい情報を補足します。

説明の流れ
  • 補足①
    ロック画面のカメラを禁止する方法
  • 補足②
    ロック画面にアプリショートカットを表示する方法
  • 補足③
    シャッター音を消す方法

ロック画面のカメラを禁止する方法

ロック画面で次の操作をすると、パスコード不要でカメラのアイコンカメラが起動します。

  • 左へスワイプ
  • カメラマークカメラマークをタップ
ロック画面のカメラ機能について

スワイプ、またはカメラマークより(左)、すぐカメラが開く(右)。

これを無効化するには、スクリーンタイムの機能制限を使うしかありません。

ただし、ロック画面”以外”のシーンでも常に禁止となる注意点があります。

詳細は関連記事【iPhoneロック画面のカメラを無効化する方法! 機能制限で勝手に起動させない設定をしよう】で解説しています。

iPhoneロック画面のカメラを無効化する方法! 機能制限で勝手に起動させない設定をしよう
この記事では、iPhoneロック画面のカメラ機能をオフにする方法を解説します。カメラマークやスワイプで勝手に起動するのを防げます。

ロック画面にアプリショートカットを表示する方法

Lock LauncherのアイコンLock Launcher(ロックランチャー)というアプリを使えば、ロック画面からお気に入りのアプリをすぐ開くことが可能です。

iPhoneのFace ID(顔認証)と組み合わせて、パスコード入力せずに、一発でアプリを起動できます。
Lock Launcherの紹介1

ロック画面からインスタをダイレクトに開く例。

Lock Launcherの紹介2

ロック画面からPayPayをダイレクトに開く例。

使い方の詳細は、関連記事【iPhoneでロック画面にアプリを表示する方法! ショートカットから素早く起動しよう】で解説しています。

iPhoneでロック画面にアプリを表示する方法! ショートカットから素早く起動しよう
この記事では、ロック画面にアプリショートカットを表示する手順を解説します。ウィジェットからアプリを直接起動できます。

シャッター音を消す方法

標準のカメラのアイコンカメラは、シャッター音を消すことができません。

一方、サードパーティ製のカメラアプリであれば、「シャッター音を小さくする/無音にする」操作が可能です。

その中でも特に、Microsoft PixのアイコンMicrosoft Pixというアプリがオススメです。

‎Microsoft Pix カメラ
‎Microsoft Pix カメラ

Microsoft PixのアイコンMicrosoft Pixのシャッター音は、フラッシュの有無と連動します。

そのためフラッシュオフのアイコンフラッシュオフにして、撮影すればシャッター音を消せます。

フラッシュの状態 シャッター音
フラッシュオンのアイコン
オン
鳴る
フラッシュオフのアイコン
オフ
鳴らない
フラッシュオートのアイコン
オート
状況によって異なる
(オートでフラッシュオンだと鳴る)
Microsoft Pixの使い方

(左)フラッシュオン(=シャッター音あり) (右)フラッシュオフ(=シャッター音なし)

詳しい使い方は、関連記事【iPhoneのシャッター音を消す方法! iOSのカメラやスクリーンショットを無音で撮影しよう】で解説しています。

iPhoneのシャッター音を消す方法! iOSのカメラやスクリーンショットを無音で撮影しよう
この記事では、iPhoneカメラのシャッター音を消す方法を解説します。無音カメラや標準カメラの撮影モード切り替えで実現できます。スクリーンショットを無音にする方法も補足しています。

 

〆:好きなカメラアプリに置き換えよう!

以上、iPhoneロック画面のカメラを変更する方法! 好きなカメラアプリで起動しよう の説明でした。

普段から標準カメラのアイコンカメラを使っておらず、サードパーティ製カメラをメインとしているなら、本記事の内容はオススメです。

ぜひどうぞ。

参考 Appleサポート – iPhoneのロック画面から機能にアクセスする

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました