vColor – 音量調整HUD(ボリュームメーターバー)を好きな色に変更するJB App [要脱獄]

スポンサーリンク

音量HUD」と聞いて、何か分かりますか?

iPhoneやiPadの側面にある音量物理ボタンを押した際、画面に少しの間表示されるメーターのことで、通常は白と黒をベースにしたシンプルなデザインとなっています。

実はこの音量HUD、脱獄アプリを使えば色々カスタマイズができます。

関連記事

HUDSpeed – 音量調整HUD(ボリュームメーターバー)の表示時間を調整するJB App [要脱獄]

そこで本記事ではその1つである、「音量HUD」を自分だけのカラフルなメーターにデザインできる脱獄アプリ 「vColor」を紹介します。

本記事ではiOSの脱獄について扱っています。脱獄行為はあくまで自己責任のもと、お楽しみ下さい。

スポンサーリンク

vColor – 使い方と特徴

「vColor」を使えば、音量変更時に表示されるHUD(メーター)の色がカラフルに変化します。

下記より「vColor」の使い方について說明をします。

アプリを入手する

まず、Cydiaより「vColor」を検索、インストールし、リスプリングまで行います。

価格:無料

レポジトリ:BigBoss(Cydia標準レポジトリ)

詳細設定

インストール後、「設定」→「vColor」より、詳細設定ができます。

このページでは、音量HUD内の各箇所の色を変更することができます。

どの部分の色も、種類は共通して14色で、

黒 / 赤 / 青 / 緑 / 黄 / 紫 / 茶 / 白 / オレンジ / ゴールド / マゼンタ(≒赤紫) / シアン(≒水色) / ティール(≒濃い緑) / シャルトリューズ (≒薄い緑)

から選択できます。

Background – 背景の色を変更

「Background」項目では、HUDの背景の色を変更できます。

Depletion Bar – メーター残り部分の色を変更

「Depletion Bar」項目では、音量メーターの右側(残り部分)の色を変更できます。

Volume Number – 音量 数字の色を変更

「Volume Number」項目では、音量の数字表記の色を変更できます。

Volume Meter – メーター部分の色を変更

「Volume Meter」項目では、音量メーターの左側(現在の値)の色を変更できます。

〆:音量HUDをカラフルにできる!

以上、vColor – 音量調整HUD(ボリュームメーターバー)を好きな色に変更するJB App [要脱獄] の說明でした。

自分だけのカラフルな音量HUDをカンタンに作れるので、個性を出したい人にオススメです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい