Lithium – Alkalineの調子が悪い方向け! バッテリーアイコン表示を変更するJB App [要脱獄]

スポンサーリンク

iPhone / iPadを脱獄すれば、ステータスバーに表示されるバッテリーアイコン表示を自由にカスタマイズできるようになり、その代表格として「Alkaline」アプリが有名です。

ただ、iPhone 6 plusなどの一部デバイスで「Alkaline」が正常に機能しない報告がネット上で散見されます。

そこで本記事では、ステータスバーのバッテリー表示を変更する新しい脱獄アプリ「Lithium」を紹介します。

従来「Alkaline」を使っていて、最近調子が悪い方にオススメのアプリです。

本記事ではiOSの脱獄について扱っています。脱獄行為はあくまで自己責任のもと、お楽しみ下さい。

photo by Martin Abegglen

スポンサーリンク

Lithium – 使い方と特徴

「Lithium」を使えば、iPhone / iPadのステータスバーに表示されるバッテリーアイコンをカスタマイズできます。

(少し分かりづらいが)右上のバッテリーアイコンが変わっている。

下記より「Lithium」の使い方について說明をします。

アプリを入手する

まず、Cydiaより「Lithium」を検索、インストールし、リスプリングまで行います。

価格:無料

レポジトリ:modmyi(Cydia標準レポジトリ)

バッテリーアイコンのデザインを変更する

「Lithium」をインストール後、設定画面よりバッテリーアイコンのデザインを変更できます。

「設定」→「Lithium」より「Theme」内で標準では2種類の表示を選択可能。

ちなみに、javascriptを使えれば、自分でオリジナルのバッテリーデザインを適用することもできます。その場合はiOSデバイス内の下記フォルダに保存すればOK。

〆:「Alkaline」の代替として有力な候補!

以上、Lithium – Alkalineの調子が悪い方向け! バッテリーアイコン表示を変更するJB App [要脱獄] の說明でした。

バッテリーアイコンのカスタマイズ向けアプリとして、純粋な機能の充実度は「Alkaline」の方が優秀だと感じますが、もしアプリの調子が悪いなら「Lithium」がオススメです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい