MacでZipの圧縮方法を変更する方法! アーカイブユーティリティを有効にしてファイル展開設定をカスタマイズしよう

スポンサーリンク
Mac

本記事では、MacでZipファイルの解凍/圧縮機能を調整する方法を解説します。

標準アプリアーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティを使って、カスタマイズできます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MacのZipファイル展開/圧縮設定を変更する方法

前提:アーカイブユーティリティの開き方

アーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティの起動手順は2パターンあります。

  • Spotlightで検索する
  • Finderから起動する

Spotlightで検索する

メニューバーのMacメニューバーのSpotlightアイコンSpotlightアイコンをクリック、または + スペース キーを押して、”アーカイブユーティリティ”と検索します。

Spotlightでアーカイブユーティリティを検索する説明

Spotlight検索結果から、アーカイブユーティリティを開く。

Finderから起動する

Finder上で次の場所を開き、アーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティを起動して下さい。

/System/Library/CoreServices/Applications
shiftG キーで上記パスをペーストすると、直接移動できて便利です。
Finderからアーカイブユーティリティを起動する説明1

⌘+shift+Gキー同時押しで、移動先をペーストするとジャンプできる。

Finderからアーカイブユーティリティを起動する説明2

Finderで表示される、アーカイブユーティリティを開く。

アーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティ起動後、メニューバーより 環境設定 を開きます。

「アーカイブユーティリティ環境設定」を操作する手順1

「アーカイブユーティリティ環境設定」ウインドウが表示されます。

ここでZip機能に関わる、次の項目をカスタマイズできます。

グループ項目名解説
解凍
関連の設定
展開したファイル
の保存場所
Zip中身のファイル
をどこに保存するか
展開後Zipファイル自体
をどうするか
展開した項目
をFinderに表示
Zip中身のファイル
をすぐ表示するか
圧縮
関連の設定
アーカイブ
の保存場所
作成したZip
をどこに保存するか
アーカイブ
のフォーマット
どのように圧縮するか
アーカイブ後圧縮対象のファイル
をどうするか
アーカイブを
Finderに表示
作成したZipファイル
をすぐ表示するか
「圧縮設定」の項目はすべて、Dock上のアーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティを経由した圧縮時のみ適用されます。詳細は補足パートで解説します。

「アーカイブユーティリティ環境設定」を操作する手順2

1. 展開したZipファイル中身の保存場所を変更する

Zipファイル解凍後、中身のファイルをどこに保存するか指定できます。

デフォルトでは、Zipファイルと同じディレクトリへ保存されます。

Macで展開したZipファイル中身の保存場所を変更する手順1

初期設定では「アーカイブと同じディレクトリ内」となる。

プルダウンメニューより、好きな場所へ変更可能です。

Macで展開したZipファイル中身の保存場所を変更する手順2

プルダウンメニューより「場所を選択」する。

Macで展開したZipファイル中身の保存場所を変更する手順3

新しい保存場所を指定する。例えばダウンロードを選択する。

Macで展開したZipファイル中身の保存場所を変更する手順4

解凍後、中身のファイルをすべて「ダウンロード」フォルダへ保存する設定例。

2. 展開後のZipファイル自体の処理を変更する

解凍後、Zipファイル自体の処理方法をプルダウンメニューより指定できます。

  1. アーカイブをそのままにする(デフォルト)
  2. アーカイブをゴミ箱に入れる
  3. アーカイブを削除
  4. アーカイブを移動
解凍が完了したら、Zipファイル自体は不要となるケースが多いので、2か3の設定がオススメです。
Macで展開後のZipファイル自体の処理を変更する手順1

解凍後、Zipファイル自体を「ゴミ箱」へ移動させる設定例。

2の「ゴミ箱に入れる」と3の「削除」の違いは、復元の可否です。前者は「ゴミ箱」に一時保存されるため、後から復元も可能です。後者は「ゴミ箱」を経由せず完全削除されるため、後から復元できません。

4を選べば、解凍後もZipファイルを残しつつ、好きな場所へ移動できます。

Macで展開後のZipファイル自体の処理を変更する手順2

解凍後、Zipファイル自体を「デスクトップ」フォルダへ移動する設定例。

3. 展開したファイルの表示を変更する

展開した項目をFinderに表示 にチェックを入れると、Zipファイル解凍が完了した後、中身のファイルがFinder上で自動表示されます。

Macで展開したファイルの表示を変更する説明1

解凍後、すぐに中身をチェックできて便利です。

Macで展開したファイルの表示を変更する説明2

Zipファイルを解凍すると、中のファイルがFinder上で開かれる。

4. 作成したZipファイルの保存場所を変更する

Zipファイルへ圧縮後、生成されたZipファイルをどこに保存するか指定できます。

通常は元のファイルと同じディレクトリへ保存されます。

Macで作成したZipファイルの保存場所を変更する手順1

初期設定では「アーカイブ元のファイルと同じディレクトリ内」となる。

プルダウンメニューより好きな場所へ変更可能です。

Macで作成したZipファイルの保存場所を変更する手順2

圧縮後、できたZipファイルをすべて「ダウンロード」フォルダへ保存する設定例。

5. 圧縮フォーマットを変更する

アーカイブ時の、ファイル圧縮フォーマット(拡張子)を変更できます。

フォーマットの形式フォーマットの説明フォーマットの拡張子
通常のアーカイブファイルを一箇所にまとめる(圧縮はしない)cpio
圧縮アーカイブファイルを一箇所にまとめ、かつ圧縮もするcpgz
Zipアーカイブ標準的なファイルの圧縮方法zip
Macで圧縮フォーマットを変更する説明

初期設定では「圧縮アーカイブ」となる。

6. 圧縮したファイルの処理を変更する

Zipファイルへ圧縮が完了した後、圧縮対象となった元ファイルの処理方法をプルダウンメニューより指定できます。

  1. ファイルをそのままにする(デフォルト)
  2. ファイルをゴミ箱に入れる
  3. アーカイブ元のファイルを削除
  4. ファイルを移動
圧縮が完了したら、元ファイル自体は不要となるケースが多いので、2か3の設定がオススメです。
Macで圧縮したファイルの処理を変更する手順1

圧縮後、元のファイルをそのままとする設定例。

2の「ゴミ箱に入れる」と3の「削除」の違いは、復元の可否です。前者は「ゴミ箱」に一時保存されるため、後から復元も可能です。後者は「ゴミ箱」を経由せず完全削除されるため、後から復元できません。

4を選べば、圧縮後も元ファイルを残しつつ、好きな場所へ移動できます。

Macで圧縮したファイルの処理を変更する手順2

圧縮後、元ファイル自体を「デスクトップ」フォルダへ移動する設定例。

7. 圧縮したZipファイルの表示を変更する

アーカイブをFinderに表示 にチェックを入れると、圧縮が完了した後、生成されたZipファイルをFinder上で自動表示されます。

圧縮後すぐにZipファイルを選択して、次の操作に移れるので便利です。

Macで圧縮したZipファイルの表示を変更する説明

 

補足:アーカイブユーティリティに関わるアレコレ

本パートでは、Macのアーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティに関連する細かい情報を補足します。

説明の流れ
  • 補足①
    注意:圧縮設定はアーカイブユーティリティ経由時のみ適用
  • 補足②
    Macで圧縮を実行する基本操作方法
  • 補足③
    Macで複数ファイルをまとめて/個別に圧縮する方法
  • 補足④
    システム環境設定に「アーカイブ」パネルを登録する方法
  • 補足⑤
    Zipを解凍できないエラーを解決する方法

注意:圧縮設定はアーカイブユーティリティ経由時のみ適用

「アーカイブユーティリティ環境設定」の注意点として、圧縮設定はDock上のアーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティを経由した圧縮に対してのみ適用されます。

Dockに表示されるアーカイブユーティリティの説明1

Dockに表示されるアーカイブユーティリティ。

大前提として、Mac標準機能で”圧縮”を実行する場合、3パターンの操作があります。

  1. 右クリックメニューから「圧縮」を実行
  2. Finderメニューバー「ファイル」→「圧縮」を実行
  3. Dock上のアーカイブユーティリティへドロップして「圧縮」を実行

このうち「圧縮設定」が適用されるのは3のみで、1と2は対象外です。

1と2で圧縮を実行した場合、「圧縮設定」は強制的にデフォルトの設定値が適用されます。

▼圧縮のデフォルト設定値

項目設定値
アーカイブの保存場所アーカイブ元のファイルと同じディレクトリ内
アーカイブのフォーマットZipアーカイブ
アーカイブ後ファイルをそのままにする

カスタマイズした設定で圧縮を実行したい場合、Dock上のアーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティにドラッグ&ドロップした際に適用されます。

Dock上の「アーカイブユーティリティ」へドロップして「圧縮」を実行

アーカイブユーティリティへドラッグ&ドロップで圧縮する例。

一方、”解凍”を実行するパターンは4つありますが、すべての操作パターンで「アーカイブユーティリティ環境設定」の解凍設定が適用されます。

  1. Zipファイルをダブルクリックで「解凍」を実行
  2. 右クリックメニュー「開く」から「解凍」を実行
  3. Finderメニューバー「ファイル」→「開く」から「解凍」を実行
  4. Dock上のアーカイブユーティリティへドロップして「解凍」を実行

Macで圧縮を実行する基本操作方法

Mac標準機能で”圧縮”を実行する3パターンの操作方法を解説します。

  1. 右クリックメニューから「圧縮」を実行
  2. Finderメニューバー「ファイル」→「圧縮」を実行
  3. Dock上のアーカイブユーティリティへドロップして「圧縮」を実行

1. 右クリックメニューから「圧縮」を実行

圧縮したいファイルを選択し、右クリックメニューより「圧縮」を実行する方法です。

右クリックメニューから「圧縮」を実行

個人的に最も多用する方法です。

2. Finderメニューバー「ファイル」→「圧縮」を実行

圧縮したいファイルを選択し、Finderメニューバー「ファイル」より「圧縮」を実行する方法です。

Finderメニューバー「ファイル」→「圧縮」を実行

3. Dock上の「アーカイブユーティリティ」へドロップして「圧縮」を実行

まず事前準備として、アーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティをDock上に配置する必要があります。

Dockに表示されるアーカイブユーティリティの説明

Dockに表示されるアーカイブユーティリティ。

あとは圧縮したいファイルをドラッグして、Dock上のアーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティへドロップして「圧縮」を実行する方法です。

Dock上の「アーカイブユーティリティ」へドロップして「圧縮」を実行

アーカイブユーティリティへドラッグ&ドロップで圧縮する例。

Macで複数ファイルをまとめて/個別に圧縮する方法

Mac標準機能で”圧縮”を実行する場合、3パターンの操作があります。

  1. 右クリックメニューから「圧縮」を実行
  2. Finderメニューバー「ファイル」→「圧縮」を実行
  3. Dock上のアーカイブユーティリティへドロップして「圧縮」を実行

このうち、1と2の方法で複数ファイルを選択して「圧縮」を実行すると、選択したファイルが1つのZipとして圧縮されます。

Macで複数ファイルをまとめて/個別に圧縮する方法

が、3の方法で圧縮を実行すると、ファイルが1つずつのZipとして個別に圧縮されます。

Macで複数ファイルをまとめて/個別に圧縮する方法2

圧縮の用途に応じて、使い分けできると便利ですよ。

システム環境設定に「アーカイブ」パネルを登録する方法

システム環境設定のアイコンシステム環境設定にアーカイブ専用のパネルを追加すれば、「アーカイブユーティリティ環境設定」ウインドウをすぐ表示できます。

システム環境設定に「アーカイブ」パネルを登録する手順1

追加されたアーカイブ専用のパネル。

Finder上で次の場所を開き、アーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティの パッケージの内容を表示 して下さい。

/System/Library/CoreServices/Applications
shiftG キーで上記パスをペーストすると、直接移動できて便利です。
システム環境設定に「アーカイブ」パネルを登録する手順2

⌘+shift+Gキー同時押しで、移動先をペーストするとジャンプできる。

システム環境設定に「アーカイブ」パネルを登録する手順3

アーカイブユーティリティの右クリックメニューより、「パッケージの内容を表示」する。

ContentsResources と進み、「Archives.prefPane」をダブルクリックします。

システム環境設定に「アーカイブ」パネルを登録する手順4

システム環境設定のアイコンシステム環境設定へ「アーカイブ環境設定」を追加する確認のポップアップが出るので、インストール します。

システム環境設定に「アーカイブ」パネルを登録する手順5

これでシステム環境設定のアイコンシステム環境設定に、新たなメニューが追加されます。

システム環境設定に「アーカイブ」パネルを登録する手順6

クリックすれば「アーカイブユーティリティ環境設定」ウインドウが表示され、MacのZip機能をカスタマイズできます。

システム環境設定に「アーカイブ」パネルを登録する手順7

なおOSバージョンによっては、以下メッセージが表示され、失敗することを確認しています。

macOS Mojave(10.14.3)で失敗しましたが、macOS Monterey(12.6)では成功しました。
“アーカイブ”環境設定はインストールできません。
“アーカイブ”環境設定はmacOSと共にインストールされたため、置き換えることはできません。
システム環境設定に「アーカイブ」パネルを登録する手順8

表示されるエラーメッセージ例。

Zipを解凍できないエラーを解決する方法

アーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティでZipを解凍しようとすると、次のような症状が発生して、展開をうまく完了できないケースがあります。

  • 「その操作は許可されていません」エラーが表示される
  • 「ファイルまたはディレクトリがありません」エラーが表示される
  • “zip→cpgz→zip…”と圧縮ファイルが無限に生成される

このような問題が発生した場合に、The UnarchiverのアイコンThe Unarchiverというアプリがオススメで、複雑な圧縮方式でも正常に解凍できる可能性があります。

The Unarchiverの説明

The Unarchiverで解凍する例。

詳細は関連記事【MacでZipを解凍できないエラーを解決する方法! Windowsからダウンロードした圧縮ファイルがcpgzとなり開けない原因】で解説しています。

MacでZipを解凍できないエラーを解決する方法! Windowsからダウンロードした圧縮ファイルがcpgzとなり開けない原因
この記事では、MacでZipファイルを解凍できないエラーを解決する方法を解説します。具体的には、専用ツール「The Unarchiver」を使う手順と、Zipファイルを再入手する手順を説明しています。

 

〆:設定変更よりZip処理を自動化をしよう!

以上、MacでZipの圧縮方法を変更する方法! アーカイブユーティリティを有効にしてファイル展開設定をカスタマイズしよう の説明でした。

解凍したZipファイルの削除や、中身のファイルを閲覧する操作などの決まった操作があれば、「アーカイブユーティリティ環境設定」より自動化できて便利です。

ぜひ、ご参考あれ。

参考 Appleサポート – Macでファイルやフォルダを圧縮する/解凍する

Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. 匿名 より:

    圧縮率の変更はどのようにすれば良いのでしょうか?

  2. 匿名 より:

    圧縮率の変更がしたいです

  3. マック大好き人間 より:

    圧縮の比率が全然不明な記事ですね。
    記事の意味不明です。

タイトルとURLをコピーしました