Macで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法! 履歴にあるSSID(ネットワーク)への再接続を無効にしよう

スポンサーリンク

スマートデバイス(スマートフォンやPCなど)共通の仕様として、一度接続したことのあるWi-FiのSSID(ネットワーク名)は、設定を個別に解除しない限り、その後は自動的に繋がるようになります。

特に自宅や職場では、Wi-Fiの範囲内に入るだけで自動接続となり大変便利な仕様ですが、一方でネットワークが不安定な公共Wi-Fiの場合は積極的に繋がってほしくないケースもあり得ます。

そこで本記事では、Macで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法を紹介します。

各SSID(ネットワーク名)ごと個別に自動接続を制限する設定が可能です。ぜひご覧あれ。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

Macで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ

記事中では、MacBook Pro(macOS 10.13.2)を例に説明しています。

「このネットワークに自動的に接続」をオフにするだけ

「システム環境設定」より「ネットワーク」へ進みます。

またはメニューバーのWi-Fiアイコンより「ネットワーク環境設定を開く」と進んでも良いでしょう。

関連記事

[Mac] メニューバーのアイコン表示を変える方法まとめ! [並び替え/削除/復活(元に戻す)]

その後「ネットワーク名」より対象のSSIDを選び、

「このネットワークに自動的に接続」のチェックをクリックして外せばOK。

これで対象のネットワーク名(SSID)へ接続できる環境となっても自動接続とならず、手動で操作しない限り繋がりません。

参考:過去の接続履歴を消去する方法

今回紹介した方法は「今後も使用する可能性はあるが、自動接続はしたくないネットワーク」に対して有効な内容ですが、一方で「過去使用したことはあるが、今後接続することはないネットワーク」に対しては、接続履歴自体を消すことをオススメします。

「ネットワーク環境設定」より「詳細」を開き、

接続履歴を消したいネットワーク名(SSID)を選択した状態で「−マイナス」アイコンをクリック。

ポップアップが表示され、「削除」を実行すれば以後「使ったことのあるネットワーク」一覧からも消えます。

設定変更した場合、「ネットワーク環境設定」を閉じる前に「変更を適用」するのを忘れずに。

なおポップアップで注意表記されている通り、Mac側で接続履歴を消去すると、同じiCloudアカウントを使用している別のiOS端末上からも同ネットワークの履歴が削除される点に留意して下さい。

〆:Wi-Fi自動接続の煩わしさから解放されよう!

以上、Macで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法! 履歴にあるSSID(ネットワーク)への再接続を無効にしよう の説明でした。

Wi-Fiの自動接続を無効にするネットワークを個別に指定できるため、不安定なSSIDに限定して自動で繋がる煩わしさから解放されますよ。

ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい