Macで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法! 履歴にあるSSID(ネットワーク)への再接続を無効にしよう

Mac使い方

スマートデバイス(例:スマートフォン / パソコン)共通の仕様として、一度接続したことのあるWi-FiのSSID(ネットワーク名)は、設定を個別に解除しない限り、その後は自動的に繋がるようになります。

特に自宅や職場では、Wi-Fiの範囲内に入るだけで自動接続となり大変便利な仕様ですが、一方でネットワークが不安定な公共Wi-Fiの場合は積極的に繋がってほしくないケースもあり得ます。

そこで本記事では、Macで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法を紹介します。

各SSID(ネットワーク名)ごと個別に自動接続を制限する設定が可能です。ぜひご覧あれ。

photo by Pixabay

 

Macで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法

記事中では、MacBook Pro(macOS 10.13.2)を例に説明しています。

「システム環境設定」より「ネットワーク」へ進みます。

またはメニューバーのWi-Fiアイコンより「ネットワーク環境設定を開く」と進んでも良いでしょう。

[Mac] メニューバーのアイコン表示を変える方法まとめ! [並び替え/削除/復活(元に戻す)]
Macのメニューバーには標準アイコン(例:Wi-Fi / 時刻)からサードパーティ製アプリアイコン(例:LINE / Dropbox)まで、実に様々なアイコンが表示されており、自由にカスタマイズできます。 そこで本記事では、Macのメ...

その後「ネットワーク名」より対象のSSIDを選び、

「このネットワークに自動的に接続」のチェックをクリックして外せばOK。

これで対象のネットワーク名(SSID)へ接続できる環境となっても自動接続とならず、手動で操作しない限り繋がりません。

 

参考:過去の接続履歴を消去する方法

今回紹介した方法は「今後も使用する可能性はあるが、自動接続はしたくないネットワーク」に対して有効な内容ですが、一方で「過去使用したことはあるが、今後接続することはないネットワーク」に対しては、接続履歴自体を消すことをオススメします。

「ネットワーク環境設定」より「詳細」を開き、

接続履歴を消したいネットワーク名(SSID)を選択した状態で「−マイナス」アイコンをクリック。

ポップアップが表示され、「削除」を実行すれば以後「使ったことのあるネットワーク」一覧からも消えます。

設定変更した場合、「ネットワーク環境設定」を閉じる前に「変更を適用」するのを忘れずに。

なおポップアップで注意表記されている通り、Mac側で接続履歴を消去すると、同じiCloudアカウントを使用している別のiOS端末上からも同ネットワークの履歴が削除される点に留意して下さい。

 

補足:そのほかMacのWi-Fi設定に関わる便利な情報まとめ

本ブログではほかにもMacのWi-Fi設定に関わる便利な情報をたくさん掲載しています。

例えば、Macで使用したデータ通信量は、標準機能の「アクティビティモニタ」より確認できます。

Macのデータ通信量を確認する方法! アプリごと/SSIDごとのネットワーク状況を調べよう
Macで発生しているデータ通信量は標準機能「アクティビティモニタ」よりカンタンに調べられます。 さらにサードパーティ製アプリ「Bandwidth+」を使えば、ネットワーク名(SSID)ごと細かく確認可能です。 そこで本記事では、...

このようなMacのWi-Fi設定に関わる情報は、関連記事【[Mac] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! macOSのネットワーク設定を使いこなそう】でまとめています。

[Mac] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! macOSのネットワーク設定を使いこなそう
本ブログでも過去、MacのWi-Fi設定に関わる便利な豆知識を色々と紹介してきました。 昨今では自宅や会社以外でも、カフェや公共施設など様々な場所でWi-Fiへ接続する機会が増える中、パスワード管理やテザリング設定、ネットワーク稼働状...

 

〆:Wi-Fi自動接続の煩わしさから解放されよう!

以上、Macで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法! 履歴にあるSSID(ネットワーク)への再接続を無効にしよう の説明でした。

Wi-Fiの自動接続を無効にするネットワークを個別に指定できるため、不安定なSSIDに限定して自動で繋がる煩わしさから解放されますよ。

ぜひお試しあれ。

Mac使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント