Androidで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法! 履歴にあるSSID(ネットワーク)への再接続を無効にしよう

Android

スマートデバイス(スマートフォンやPCなど)共通の仕様として、一度接続したことのあるWi-FiのSSID(ネットワーク名)は、設定を個別に解除しない限り、その後は自動的に繋がるようになります。

特に自宅や職場では、Wi-Fiの範囲内に入るだけで自動接続となり大変便利な仕様ですが、一方でネットワークが不安定な公共Wi-Fiの場合は積極的に繋がってほしくないケースもあり得ます。

そこで本記事では、Androidで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法を紹介します。

実はこの設定はAndroidの機種やOSバージョンによってやり方が異なるため、Androidの3機種「Xperia / Galaxy / Nexus」それぞれについて解説しています。

ぜひご覧あれ。

photo by Lucy Fisher

 

スポンサーリンク

Androidで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法

今回紹介する設定は、下記3機種を例に説明しています。

  • Xperia Z3(Android 6.0.1)
  • Galaxy S7 edge(Android 7.0)
  • Nexus 6P (Android 8.0)

Wi-Fiの自動接続を防止する – Xperia

Xperiaの場合、多くの機種で標準設定として指定Wi-Fiに関して、自動接続を無効にする機能が提供されています。

「設定」→「Wi-Fi」より自動接続を防止したいSSID(ネットワーク名)を長押しし、

メニューより「自動接続」をタップしてチェックを外します。

すると以後、当該ネットワークへ接続できる範囲であっても自動接続されず、

手動で操作して「接続」をタップすることで繋がるようになります。

この設定は「ネットワーク設定を削除」しているわけではなく、あくまで「自動接続」のみ無効化しているため、手動で繋げる際にパスワードの再入力が不要である点がミソです。

Wi-Fiの自動接続を防止する – Galaxy

Galaxyの場合、多くの機種で標準設定として指定Wi-Fiに関して、自動接続を無効にする機能が提供されています。

「設定」→「接続」→「Wi-Fi」より、

自動接続を防止したいSSID(ネットワーク名)を長押しし、「ネットワーク設定を管理」へ進み、

メニューより「自動再接続」をタップしてチェックを外します。

すると以後、当該ネットワークへ接続できる範囲であっても自動接続されず、

手動で操作することで繋がるようになります。

Xperiaと同様にこの設定は「ネットワークを削除」しているわけではなく、あくまで「自動接続」のみ無効化しているため、手動で繋げる際にパスワードの再入力が不要である点がミソです。

Wi-Fiの自動接続を防止する – Nexus

Nexusの場合、残念ながら標準設定としてWi-Fiの自動接続を無効にする機能を確認できませんでした。

もちろん、自動接続を防止したいSSID(ネットワーク名)の「ネットワークを削除」を実行すれば、以後自動で繋がることはなくなりますが、再接続時に都度パスワード入力が必要となり非常に面倒です。

そこで代替案としてオススメなのが、自宅や会社周辺など、安定してWi-Fiを接続できる場所では自動でWi-Fi機能をオンにし、外出時など不安定なWi-Fi環境では自動でオフにする設定です。

具体的には、Android向け自動化アプリ「MacroDroid」を使って、自宅や会社周辺など特定エリアの入退出をGPSで検知して、AndroidのWi-Fi機能のオン / オフ変更を自動化する設定となります。

ジオフェンスの入退出をGPSで検知して、Wi-Fiのオン / オフを制御する。

XperiaやGalaxyのように、指定SSIDの自動接続を個別に無効化できるわけではありませんが、おおよそ自動で繋げたくない場所が規則的に決められるのであれば、試す価値アリです。

詳細は関連記事【自宅や会社周辺でWi-Fiオン/オフを自動化! 特定エリアをGPSで検知して設定を変更 [Android]】で解説しています。

AndroidでWi-Fiオン/オフを自宅や会社周辺で自動化する方法! 特定エリアをGPSで検知して設定を変更しよう
契約している携帯キャリアのプランによって1ヶ月で利用できるデータ通信上限量が決まっているため、自宅や会社などWi-Fiを利用できる環境ではなるべくモバイルデータ通信の使用を控えるべきです。 が、ついWi-Fiが使えるにも関わらずWi-...

 

補足:そのほかWi-Fiに関わる便利な情報まとめ

今回取り上げた以外にも、本ブログではAndroidのWi-Fi機能に関わる様々な情報を掲載しています。

例えば「WiFi Prioritizer」というアプリを使えば、周囲にあるより速いWi-Fiへの接続先自動切り替えが可能となります。

WiFi Prioritizer
WiFi Prioritizer
Developer: Robert Botha
Price: Free
Androidで接続先ネットワークの優先順位を設定する方法! 自動でより速いWi-Fiへ切り替えよう
Androidの仕様として、一度接続したWi-Fiのアクセスポイント(SSID / ネットワーク名)は、設定を個別に解除しない限り、その後は自動的に繋がるようになります。 が、複数のネットワークが混在している場所だと、目的外のWi-F...

また、「開発者向けオプション」の「Wi-Fiを強制的にモバイル接続に切り替える」機能を有効化することで、Wi-Fi環境が不安定な状況で、自動的にモバイルデータ通信へ接続が切り替わるようになります。

[Android] Wi-Fi強度が弱いときモバイル回線へ自動で切り替える方法! 不安定な通信を検知して4Gへ接続する設定
不安定なWi-Fiネットワークに接続していると、ブラウザのページ更新やアプリ動作中に通信が切断され、オフライン状態になるケースがあります。 これには様々な要因があり、例えば周囲のネットワーク環境が変化して無線チャンネルが混雑していたり...

このようにAndroidのWi-Fiをより快適に利用する豆知識は、関連記事【[Android] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な使い方】でまとめて解説しています。

[Android] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な使い方
本ブログも記事数が増え、AndroidのWi-Fi機能にまつわる様々な情報を掲載してきました。 そこで本記事では、過去記事にしてきた「Wi-Fi関連の知ってると便利な豆知識」をまとめて紹介します。 よりWi-Fi機能を生産的に使...

 

〆:Wi-Fi自動接続の煩わしさから解放されよう!

以上、Androidで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法! 履歴にあるSSID(ネットワーク)への再接続を無効にしよう の説明でした。

今回の検証では、XperiaやGalaxyであればWi-Fiの自動接続を無効にするネットワークを個別に指定できるため、不安定なSSIDに限定して自動で繋がる煩わしさから解放されます。

またNexusのように標準設定として提供されていないケースでも、別途自動化アプリを使いこなすことで、擬似的にWi-Fi自動接続を場所に応じて無効化できます。

ぜひお試しあれ。

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント