Macのデータ通信量を確認する方法! アプリごと/SSIDごとのネットワーク状況を調べよう

Mac使い方

Macで発生しているデータ通信量は標準機能「アクティビティモニタ」よりカンタンに調べられます。

さらにサードパーティ製アプリ「Bandwidth+」を使えば、ネットワーク名(SSID)ごと細かく確認可能です。

そこで本記事では、macOSにてデータ通信量を確認する方法をまとめて紹介します。

Photo by Luca Bravo on Unsplash

 

「アクティビティモニタ」でデータ通信量を確認する方法

Mac標準機能「アクティビティモニタ」を使えば、パソコンを起動してからのデータ通信量をチェックできます。

この方法の特徴として、どのアプリでどれくらい通信量が発生しているか確認可能です。

まずアプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「アクティビティモニタ」を開きます。

後は「ネットワーク」タブより「受信 / 送信データ量」が表示されるので、この合計値がMacで通信をした総データ量となります。

  • 受信したデータ:ダウンロード(下り)のデータ量
  • 送信したデータ:アップロード(上り)のデータ量

この利用状況は電源を入れてからの総量となり、OSを再起動するとリセットされます。

もし一定期間のデータ量を測りたければ、再起動して計測スタート時の値をゼロにすればOKです。

自宅のデータ通信量が毎月50GBだが スマートフォンのテザリングは固定回線の代わりになるか?
最近家計簿を分析すると、通信料金の占める割合の高さが顕著になってきました。 かつて安倍首相も言ってましたが、スマートフォンにタブレット、自宅のWi-Fiなど、通信への依存度が高まる一方で、家計の収入が上昇していないため、相対的に通信料...

さらに「プロセス名」にて表示されるアプリごと発生している通信量まで確認できます。

「アクティビティモニタ」ではほかにもCPUやメモリ使用状況まで詳細に調査できるので、Macをメンテナンスしたいシーンで活躍しますよ。

参考 Appleサポート – Mac でアクティビティモニタを使う方法

 

アプリ「Bandwidth+」でデータ通信量を確認する方法

サードパーティ製アプリ「Bandwidth+」を使えば、メニューバーからデータ通信量のチェックができます。

Bandwidth+
Bandwidth+
Developer: Harold Chu
Price: Free

この方法の特徴として、どのネットワーク名(SSID)でどれくらい通信量が発生しているか確認可能です。

起動するとメニューバーに常駐型アイコンが表示され、クリックすると「受信 / 送信データ量」を確認できます。

  • ↓:ダウンロード(下り)のデータ量
  • ↑:アップロード(上り)のデータ量
  • ↑↓:総データ通信量

この利用状況は「Bandwidth+」を起動してからの総量となり、「リセット」ボタンでゼロに戻せます。

さらに通信データ量は接続したネットワーク名(SSID)ごと表示できます。

✓の付いたSSIDが現在接続中のネットワークを示す。

また「環境設定」にて細かい調整項目があります。

「General」項目では次の2点を設定できます。

  • 再起動後に自動で「Bandwidth+」を開始
  • メニューバーに表示するアイコンの内容を変更

前者は「Automatically start at login」にチェックを入れれば有効になります。

後者はデフォルトでは「受信 / 送信の合計データ量」がメニューバー上で表示されますが、これを「受信データ量のみ」や「データ通信速度」などへ変更できます。

[Mac] 再起動時に自動開始アプリのオン/オフを設定! ログインすると開くアプリを追加/削除しよう
Macを再起動する際、最初から起動させたいアプリがいくつかあるでしょう。 ボクの場合、FluxやDropboxがそれに該当するのですが、中には手動で設定しないと自動起動してくれないアプリもあります。 一方インストールが完了すると...

「Monthly」項目では「Export」より記録したデータ量の数値をcsvファイルとして抽出できます。

このようにメニューバーから素早くデータ通信量をチェックできるので、頻繁に確認したいなら「Bandwidth+」はオススメですよ。

 

参考:通知センターからデータ通信量を確認する方法

MONIT」というアプリを使えば、通知センターからデータ通信量のチェックができます。

MONIT
MONIT
Developer: Tildeslash
Price: ¥360
有料アプリ:360円(2018年8月現在)

インストール後、通知センターを開き「編集」をクリック。

追加するアプリが表示されるので、「MONIT」を選びます。

これで通知センター上で「MONIT」による5つの情報が表示されます。

  • CPU
  • メモリ(Memory)
  • ディスク(Disk)
  • 充電(Battery)
  • ネットワーク(Network)

このうち「ネットワーク(Network)」をクリックすると、通信データ量と速度を確認できます。

  • Upload:アップロード(上り)の速度
  • Download:ダウンロード(下り)の速度
  • Total Uploaded:アップロード(上り)の総データ量
  • Total Downloaded:ダウンロード(下り)の総データ量

そのほか、CPUやメモリなどの項目もクリックすれば、「アクティビティモニタ」にある詳細な情報を表示可能です。

例えば充電(Battery)に関して、Macでは標準機能でバッテリー状態が正常かチェックする方法や、

[Mac] バッテリー状態が正常かチェックする方法! 劣化具合を確認して交換すべきか診断しよう
Macを長年使っていると、本体のバッテリー性能が劣化していないか気になりますよね。 特にMacBookで電源のない外出先での作業が多い場合、充電なしで長時間稼働するかは重要な問題でもあります。 そこで本記事では、Macのバッテリ...

リチウムイオン電池の寿命を確認する方法はありますが、

[Mac] リチウムイオン電池の寿命を確認する方法! 充放電回数を調べて交換時期を診断しよう
お使いのMacの利用期間が長ければ、電池もちが悪くなってきたと感じることもあるでしょう。 Macにはリチウムイオン電池が搭載されており、その充電可能数は無限ではなく限度があります。そして、充電回数が限度に達した場合、それは電池交換の目...

それらの情報が「MONIT」上でまとめてチェックできるので大変便利です。

 

補足:そのほかMacのWi-Fi設定に関わる便利な情報まとめ

本ブログではほかにもMacのWi-Fi設定に関わる便利な情報をたくさん掲載しています。

例えば接続履歴のあるWi-Fiのネットワーク(SSID)は、「キーチェーンアクセス」よりパスワードを調べることができます。

Macで接続中Wi-Fiのパスワードを確認する方法! 過去履歴のあるルータSSIDを解析しよう
Macでは過去、接続した履歴のあるWi-Fiであればパスワードを調べることが可能です。 そこで本記事では、その確認方法を紹介します。 photo by iStore Guatemala Macで接続済みWi-Fiパスワ...

このようなMacのWi-Fi設定に関わる情報は、関連記事【[Mac] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! macOSのネットワーク設定を使いこなそう】で解説しています。

[Mac] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! macOSのネットワーク設定を使いこなそう
本ブログでも過去、MacのWi-Fi設定に関わる便利な豆知識を色々と紹介してきました。 昨今では自宅や会社以外でも、カフェや公共施設など様々な場所でWi-Fiへ接続する機会が増える中、パスワード管理やテザリング設定、ネットワーク稼働状...

 

〆:Macで使っているデータ通信量を把握しよう

以上、Macのデータ通信量を確認する方法! アプリごと/SSIDごとのネットワーク状況を調べよう の説明でした。

macOSでは様々な手段でデータ通信量を把握できます。

モバイル回線やWi-Fiルーターの契約プランの決める参考値にもなるので、知ってると便利ですよ。

ぜひ、ご参考下さい。

Mac使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント