MacでSIPを解除する方法! macOSのSystem Integrity Protectonを無効にしてシステム設定を変更しよう

スポンサーリンク

Mac OS X El Capitan以降、SIP(System Integrity Protection)と呼ばれるシステムガードが導入されたことで、システム中枢に関わる様々なカスタマイズができない仕様となりました。

が、ターミナルを使ってカンタンに解除することが可能です。

そこで本記事では、MacでSIPを解除する方法を紹介します。

導入されたmacOSのSIPを解除することで、従来通りのカスタマイズができますよ。

photo by David Michalczuk

スポンサーリンク

macOSのSIPを外す方法!

リカバリーモードよりターミナルを使うだけ

SIPを一時的に解除するためには、Macがリカバリーモードへ入る必要があります。

再起動を選択し、しばらくの間 R を長押しすればリカバリーモードとなります。

続いて、メニューバーより「ユーティリティ」→「ターミナル」と進み、

下記コマンドを入力して、enter で実行します。

「Successfully・・・」と表示されれば、SIPの無効化に成功です。再起動しましょう。

SIPを無効化することで可能となるカスタマイズ

SIPを解除することで、macOSのシステム中枢に関わる様々な変更が可能となります。

下記よりその一例を記載します。

標準アプリのアイコンが変更可能になる

SIPが有効だと標準アプリ(例:Safari / App Store)のアイコンは変更できませんが、SIPを一時的に無効とすることでカスタマイズ可能となります。

関連記事

[Mac] アプリケーションのアイコンを好きな画像へ変更する方法 [macOS Sierra対応]

また、同様に標準アプリのFinderも、SIPを解除することでアイコンを変えることができます。

関連記事

[Mac] Finderアプリのアイコンを好きな画像に変更する方法 [macOS Sierra対応]

Macのアイコン変更の手順は関連記事で詳細を解説しているので、ご覧あれ。

ターミナルで「通知センター」を無効にできる

Macのメニューバーに常駐する通知センターは、ターミナルより指定コマンドを実行することで無効化できますが、SIP解除が前提条件となります。

具体的には、SIP解除後にターミナルで下記コマンドを実行すればOK。

これでメニューバー上の通知センターアイコンをクリックしても反応しなくなります。

詳細は別記事で解説しています。

関連記事

[Mac] 通知センターを完全に停止する方法! メニューバーのアイコンも無効にして受信を防止

カスタマイズ後はSIPを再び有効にしよう

目的のカスタマイズが完了したら、セキュリティを考慮して、SIPを元の有効状態にしましょう。

SIPを有効に戻しても、多くの場合カスタマイズはそのまま維持されます。ただ、変更した内容によっては元に戻ってしまうケースもあります。

SIPを有効にした際と同様の手順で、「再起動」→「リカバリーモード」→「ターミナル起動」と進み、下記コマンドを入力します。

「Successfully・・・」と表示されれば、SIPが有効化となります。再起動しましょう。

〆:SIPを解除して様々なカスタマイズを!

以上、MacでSIPを解除する方法! macOSのSystem Integrity Protectonを無効にしてシステム設定を変更しよう の說明でした。

El Capitan以降もMacを自分好みにカスタマイズしたい方は、ぜひ本記事の内容を参考にSIPを解除してみて下さい。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい