[Mac] GoogleドキュメントでPDFをWordへ無料で変換する方法! ブラウザ上で完結できて便利

スポンサーリンク

Googleドキュメント」を利用していますか?

Google版Wordのようなオフィスソフトで、その特徴としてブラウザ上でファイルを編集 / 保存をするため、複数人でのファイル共有に優れたサービスとなっています。

実はこの「Googleドキュメント」を活用することで、MacでもPDF→Wordのファイル変換を無料で実行することができます。

そこで本記事では、そんな隠れた機能について紹介します。

スポンサーリンク

GoogleドキュメントでPDFをWordへ変換する方法

手順①:PDFファイルをGoogleドライブへアップロード

まず、Wordファイルへ変換したいPDFファイルを用意し、Googleドライブへアップロードします。

手順②:PDFファイルをGoogleドキュメントで開く

続いて、Googleドライブ上にアップロードされたPDFファイルをGoogleドキュメントで開きます。

右クリックメニューより「アプリで開く」→「Googleドキュメント」と進めばOK。

手順③:Wordファイルでダウンロードする

最後に、Googleドキュメント上で「ファイル」→「形式を指定してダウンロード」と進み、一覧より「Microsoft Word」を選択。Word形式でダウンロードが始まります。

以上で完了です。

Googleドキュメント:実際に試した感想

さて、無事PDFファイルをWordファイルへ変換できたとして、問題となるのは再現率です。

再現率とは、

文字化けしていないか

レイアウトが崩れていないか

表データや写真など、文字以外の情報も表示できているか

がポイントとなります。

今回のGoogleドキュメントを経由した変換方法を何パターンか試して、

「文字中心のファイルは再現率が高いが、複雑な内容だと厳しい」

と感じました。

ケース①:文字化けするファイルもあり

試しに、適当にWord文書を作成し、PDFへ変換。Googleドキュメント経由で、再びWord文書へ戻す、というテストをしてみました。

下記がオリジナルのWord文書の表示。

そして下記が変換後のWord文書の表示です。

ご覧の通り、タイトル部分が文字化けしています。これは、本文フォントは「MS明朝」でしたが、タイトル部分は「ヒラギノ角ゴ」という、Apple系製品の標準フォントだったため、Googleドキュメント上でうまく変換できなかったのだと思われます。

ただ一方で、タイトル以外は元通り表示され、さらに文字の大きさなどもほぼ再現できています。

ケース②:表や写真はさらに厳しい

続いて、「学術政策研究所様」のコチラの論文資料をWord文書に変換してみます。

下記が変換後のWordファイルの一部分ですが、

本来あるはずの図が消えていました。この部分以外の箇所も、ほぼ図や写真系の情報は全滅でした。

結論:再現率は決して高くない

ここまで紹介したケース以外にも様々なファイルでテストしてみましたが、冒頭の通り、

文字データ中心のPDFをWordにしたい。

せめて文字データだけでもWordに変換できれば良い。

というニーズなら、Googleドキュメント経由の今回の方法で満たせると思います。

以上の通り再現率については懸念点がありますが、一方でメリットとして、

Macにサードパーティ製の変換ソフトをインストール不要。

Googleドキュメントという信頼できるサービスを経由する。

という点も挙げられるため、変換の目的によっては十分活用できる方法となります。

〆:GoogleドキュメントでPDFをWordに変換しよう

以上、[Mac] GoogleドキュメントでPDFをWordへ無料で変換する方法! ブラウザ上で完結できて便利 の説明でした。

記事中で說明した通り、Googleドキュメントを使った変換方法は一長一短ですが、「聞いたことないソフトをMacにインストールするのは不安」・「データを悪用されるかも分からないWebサービスにファイルをアップロードするのは不安」と感じる方にとって、Googleドキュメントは試す価値のある方法となります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい