WindowsのOSをダウングレードする方法! パソコンをWindows 11から10へ戻そう

スポンサーリンク
豆知識

本記事では、Windows OSをダウングレードする2パターンの方法をまとめています。

方法 メリット デメリット
①:Windows 11の
回復機能を使う
  • データを保持できる
  • 操作が簡単
  • アップデート後10日内
    の期限あり
②:Windows 10を
クリーンインストールする
  • 10日以上経っていても
    ダウングレードできる
  • データがすべて消える

まずは①がオススメですが、すでに10日を経過している場合、②をどうぞ。

Windows 11→10のダウングレードを想定した記事となります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 11の回復機能を使う(10日以内の方向け)

Windows 11へアップデートしてから10日以内であれば、回復機能でダウングレード可能です。

操作は簡単で、設定や内部データも(原則)保持されるのが特徴です。

Windows 11アップデート後の設定変更は反映されません。また万が一に備え、大切なデータ(例:写真や文書)はバックアップしておきましょう。

ボクの場合、ダウングレードの所要時間は30分程度でした。が、環境によって異なるため、しばらくPCを使えなくても問題のない、時間に余裕があるときにどうぞ。

スタートボタン(WindowsアイコンWindowsアイコン)から設定アイコン設定を開きます。

Windows 11の回復機能を使う手順1

①Windowsアイコンから、②設定を開く。

左メニュー「システム」の「回復」を開きます。

Windows 11の回復機能を使う手順2

回復オプションの 復元 をクリックします。

「Windows 11へアップデートしてから10日以上経っている」などの条件に該当する場合、この項目が表示されない、または選択できません。後述する2つ目の方法をどうぞ。

Windows 11の回復機能を使う手順3

ここから先、電源へ接続する必要があります。

ダウングレードの理由を聞かれます。

いずれかチェックして、先に進みましょう。

Windows 11の回復機能を使う手順4

チェックしないと先に進めないため、適当にいずれか選ぶ。

「アップデートをチェックしますか?」と出たら、「行わない」を選択します。

「アップデートの確認」すると、ダウングレードできません。

Windows 11の回復機能を使う手順5

ダウングレードの留意点が表示されます。

改めて以下2点を認識しておきましょう。

  • Windows 11アップデート後の設定変更は失われる
  • 大切なデータ(例:写真や文書)はバックアップしておく

Windows 11の回復機能を使う手順6

パスワードの確認が求められます。

サインイン中アカウントのパスワードがわからない場合、事前に確認しておきましょう。

Windows 11の回復機能を使う手順7

Windows 10に復元する をクリックで、ダウングレードが実行されます。

Windows 11の回復機能を使う手順8

「以前のバージョンのWindowsを復元しています」と表示され、自動で再起動が繰り返されます。

Windows 11の回復機能を使う手順9

Windows 10の初回セットアップ画面が表示されれば、完了です。

Windows 11の回復機能を使う手順10

Windows 10の初回セットアップ画面。

 

Windows 10をクリーンインストールする(10日超過の方向け)

Windows 11へアップデートしてから10日を過ぎてる場合、Windows 10のクリーンインストールが必要です。

データがすべて消えるため、大切なデータ(例:写真や文書)はバックアップしておきましょう。

ボクの場合、ダウングレードの所要時間は1時間程度でした。が、環境によって異なるため、しばらくPCを使えなくても問題のない、時間に余裕があるときにどうぞ。

こちらのページから、Windows 10のメディア作成ツールをダウンロードします。

Windows 10をクリーンインストールする手順1

ツールのダウンロードページ。

Windows 10をクリーンインストールする手順2

ダウンロードしたツールを開き、画面にしたがってセットアップを進める。

実行する操作として、「このPCを今すぐアップグレードする」を選びます。

Windows 10をクリーンインストールする手順3

「このPCを今すぐアップグレードする」をチェックして次へ。

Windows 10をクリーンインストールする手順4

ダウンロードに時間がかかるため、しばらく待つ。

引き継ぐ項目として、「何もしない」を選びます。

Windows 11→10のダウングレードとなるため、ファイル・アプリ・設定を引き継ぐことができません。
Windows 10をクリーンインストールする手順5

他の選択肢はグレーアウトとなり、チェックを入れることができない。

これで準備完了です。

Windows 10のインストールを実行しましょう。

Windows 10をクリーンインストールする手順6

「Windows 10をインストールしています」と表示され、自動で再起動が繰り返されます。

Windows 10をクリーンインストールする手順7

Windows 10の初回セットアップ画面が表示されれば、完了です。

工場出荷状態にリセットされるため、初回のWi-Fi接続やパスワード設定、アカウント登録から操作が必要です。
Windows 10をクリーンインストールする手順8

Windows 10の初回セットアップ画面。

 

〆:パソコン環境に合った方法でOSをダウングレードしよう!

以上、WindowsのOSをダウングレードする方法! パソコンをWindows 11から10へ戻そう の説明でした。

Windows 11にアップデートして、「使いづらい」・「アプリが起動しない」などで困っていれば、ダウングレードをご検討ください。

一方デメリットとして、「新機能が使えなくなる」・「セキュリティ上のリスク」・「サポート期限の問題」などが挙げられます。

条件さえ満たせば、自由に過去のOSバージョンを行き来できますので、ぜひどうぞ。

参考 Microsoft – Windows10のインストール

豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました