[GMOとくとくBB] WiMAXのSSIDやパスワードを変更する方法! 自分でネットワーク名を決めよう

スポンサーリンク

WiMAXのモバイルルーターでは、シリーズごとネットワーク名(SSID)に規則性があり、例えばボクが使用している「Speed Wi-Fi NEXT WX02」だと「wx02-****」という配列ですし、WX03シリーズなら「wx03-****」となっています。

【ネットワーク名(SSID)とは】 Wi-Fiを識別する名称のこと。複数のWi-Fiが混在する場所では、この名称より接続先のWi-Fiを判断でき、多くの場合パスワードが設定されている。

このネットワーク名(SSID)を見ただけで使用しているルーターのシリーズを判断できるメリットがある一方、様々な事情で独自の名称へ変更したいニーズもあるでしょう。特に同じWiMAXシリーズが複数個同じ空間にあるとネットワーク名の表記が紛らわしく、どれが自分のルーターか判別するのが大変です。

またネットワーク名(SSID)に対応するパスワードも覚えやすい配列へ変更することで、新規に接続する際の手間も減って便利です。

そこで本記事では、WiMAXのネットワーク名(SSID)やパスワードを変更する方法を紹介します。

オリジナルの設定へ変えたいなら、ぜひご覧あれ。

Androidのテザリングにて使用するネットワーク名(SSID)やパスワードを変更したい場合、下記記事を参考あれ。

関連記事

[Android] スマートフォンとMacでWi-Fiテザリングする方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

photo by Pixabay

スポンサーリンク

WiMAXのSSIDやパスワードを変更する!

ボクのようにGMOとくとくBBで契約したWiMAXの場合、会員サイト「BB navi」へログインすることで、料金プランの変更や現在のデータ量の確認ができますが、

関連記事

[GMOとくとくBB] WiMAXのデータ通信量を確認する方法! 利用GBを調べて速度制限を回避しよう

初期値で設定されているネットワーク名(SSID)やパスワードを変更する項目は用意されていません。

実はWX02やWX03シリーズの場合、ブラウザ上の「クイック設定Web」というサイトより、これら情報をカスタマイズすることができます。

さっそく下記よりその設定手順を紹介します。

記事中では「Speed Wi-Fi NEXT WX02」における手順を例に解説をしており、最新機種の場合、内容が異なる場合があります。

例えば「Speed Wi-Fi NEXT W04」の場合、「クイック設定Web」ではなく「Speed Wi-Fi NEXT 設定ツール」というサイトよりカスタマイズできます。

参考 au – 【Speed Wi-Fi NEXT W04】スマートフォンを使って初期設定する方法

手順①:クイック設定Webにログインする

まず、設定したいWiMAXルーターと接続されたデバイスを用意します。PCやタブレット、スマートフォンなどブラウザへ接続できる端末であれば何でもOKで、ブラウザソフトの種別も問いません。

記事中では例として、iPhone 8 Plus(iOS 11.0.3)でGoogle Chromeアプリを使ったケースにて説明しています。

次にWiMAXと接続された状態で、ブラウザより下記文字列を検索窓にペーストして開きます(「http://192.168.179.1」でもOK)。

すると「クイック設定Web」が表示されるので、画面下部の「詳細設定TOPへ」を選択し、

「処理中のためリクエストを受け付けることができませんでした」なるエラーメッセージが表示される場合、WiMAXルーターの画面が消灯しているか確認して下さい。

「ユーザー名」と「パスワード」を入力してログインします。

「ユーザー名」は「admin」で固定されており、「パスワード」は初回ログイン時に設定した文字列となります。

手順②:新しいSSIDやパスワードを設定する

「詳細設定TOP」にログインできたら、メニューより「無線LAN設定」→「無線LAN設定」と進むと、現在設定しているWiMAXのネットワーク名(SSID)とパスワードを確認できます。

後は好きなネットワーク名(SSID)と対応するパスワードを入力すればOK。

ここでネットワーク名(SSID)等を変更するとWi-Fiが一度リセットされるため、接続中の端末全てが強制的に切断となり、再接続には設定したパスワードの入力が必要となります。

最後に「設定」ボタンをタップするとポップアップが表示されます。

表示される文章の通り、現在「クイック設定Web」を開いている端末も一度WiMAXより切断されるため、再接続をした後にブラウザを開き直し、「保存」ボタンを押さないと設定が完了しないため注意して下さい。

例えばiPhoneなら「設定」→「Wi-Fi」より周囲のネットワークを検索すると、先ほど変更したWiMAXの新しいネットワーク名(SSID)が表示されるのでタップし、

同様に先ほど変更したWiMAXの新しいパスワードを入力して接続を確認できればOK。

再びブラウザより「クイック設定Web」を開き直し、「詳細設定TOP」へ戻った後、「保存」ボタンをタップして完了です。

これで独自のネットワーク名(SSID)とパスワードを設定することができました!

なお、今まで同じWiMAXルーターへ接続していたPCやゲーム機等も切断された状態になっているため、それぞれ再接続する作業を忘れずに。

〆:WiMAXを快適にカスタマイズしよう!

以上、[GMOとくとくBB] WiMAXのSSIDやパスワードを変更する方法! 自分でネットワーク名を決めよう の説明でした。

覚えやすい・判別しやすいネットワーク名(SSID)やパスワードに初期値から変更することで、WiMAXルーターの使い勝手がさらに向上しますよ。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい