AndroidのChatGPTをホーム/電源ボタン長押しで起動する方法! AIチャットボットをショートカットで使おう

スポンサーリンク
Android

この記事では、Androidスマートフォンのホームボタンや電源ボタン長押しで、ChatGPTをすぐ開く方法を解説します。

OpenAIのAIチャットボットをGoogleアシスタントの代わりに使いたい方は、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方

Androidでは通常、◉ホームボタンもしくは電源ボタン長押しで、GoogleアシスタントのアイコンGoogleアシスタントが起動します。

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方1

ホームボタンや電源ボタン長押しで(左)、Googleアシスタントが起動する(右)。

これをAndroid版のChatGPTのアイコンChatGPTアプリに置き換える設定を紹介します。

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方2

ホームボタンや電源ボタン長押しで(左)、ChatGPTを起動できる(右)。

あらかじめChatGPTのアイコンChatGPTをインストール、初期設定まで済ませておきます。

ChatGPT
ChatGPT
開発者: OpenAI
金額: 無料
ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方3

初めての場合、アカウント作成など必要。

次にアプリアシストのアイコンアプリアシストというアプリをインストールします。

まず初期設定をします。

アプリアシストのアイコンアプリアシストのトップ画面から アシストアプリ を選ぶと、Android設定アプリのアイコン設定の「デフォルトのアプリ」一覧へ進みます。

ここで デジタルアシスタントアプリ を開き、

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方4

デフォルトのデジタルアシスタントアプリ より、アプリアシストのアイコンアプリアシストへ切り替えます。

設定中のGoogleアプリのアイコンGoogleアイコン側をタップして下さい。歯車アイコンをタップすると別画面へ進んでしまうためご注意を。

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方5

同じような流れで「使用履歴へのアクセス」も許可すれば、事前準備は完了です。

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方6

トップ画面で アプリを追加 より、「アプリ」で  既定のアクション を選択します。

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方7

(左)アプリを追加 (右)赤枠を選択

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方8

「既定のアクション」をセット

「アクション:アプリを起動」の対象アプリとして、ChatGPTのアイコンChatGPTをセットします。

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方9

(左)赤枠を選択 (右)ChatGPTをセット

保存 すれば完成です。

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方10

(左)保存 (右)設定ができた

任意の画面で、◉ホームボタンもしくは電源ボタン長押しすると、すぐChatGPTのアイコンChatGPTを起動できます。

ChatGPTをすぐ開くショートカットの作り方11

どのアプリ画面上でもホーム/電源ボタン長押しで(左)、ChatGPTが開く(右)。

 

〆:Googleアシスタントの代わりにChatGPTを使おう!

以上、AndroidのChatGPTをホーム/電源ボタン長押しで起動する方法! AIチャットボットをショートカットで使おう の説明でした。

ChatGPTのアイコンChatGPTを開くのが面倒な場合、紹介した設定をしておけば、すぐ起動できて便利です。

GoogleアシスタントのアイコンGoogleアシスタントから乗り換えたい方は、お試しあれ。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました