Androidのシェイク設定をカスタマイズする方法! スマートフォンを振るジェスチャーで好きなアプリや機能を起動しよう

Android

「特定のアプリを開く」・「Wi-Fiのオン/オフを切り替える」など、Androidで使う頻度の多い機能は、わざわざディスプレイを操作して起動するのも面倒ですよね。

そこで本記事では、シェイクや回転など、スマートフォンの特定の動きに反応して、指定機能を起動できるAndroid向け無料アプリ「Gravity Gestures」を紹介します。

Androidに搭載される「近接センサー」と「重力センサー」を利用して、本体の傾きや向きを感知して機能する面白いアプリです。

 

スポンサーリンク

Gravity Gestures – 使い方

Gravity Gestures
Gravity Gestures
Developer: TinoooApp
Price: Free

初期設定を行う

初回起動時にカンタンなチュートリアルが始まります。

アプリトップ画面で上部トグルを有効にすれば準備はOKです。

シェイク設定に機能を追加する方法

右下プラスアイコンより4つの動き(ジェスチャー)に対し、機能を振り分けることができます。

“4つの動き”とは、「X・Y・Z軸」方向の3次元の動きに「シェイク」を加えた、下記4種類となります。

  • Rotation X=スマートフォンを前後に倒す(=X軸の動作)
  • Rotation Y=スマートフォンを回転させる(=Y軸の動作)
  • Rotation Z=スマートフォンを左右に倒す(=Z軸の動作)
  • Shake=スマートフォンを左右にスライドする

割り当て可能な機能として、「特定アプリの起動」や「特定機能のオン / オフ切替」などがあります。

それぞれの動きについてカンタンに解説します。

スマートフォンを前後に倒す

スマートフォンを前後に振るようにシェイクする動きです。

「スマートフォンを前後に倒す」でBluetooth設定を開く例。

スマートフォンを回転させる

地面に垂直な軸をイメージして、スマートフォンを回転させる動きです。

「スマートフォンを回転させる」でDropboxアプリを開く例。

スマートフォンを左右に倒す

スマートフォンを左右に倒すようにシェイクする動きです。

左右にズラす動きだと「スマートフォンを左右に倒す」ではなく「スマートフォンを左右にスライドする」動きと検知されるため、しっかり左右にスマートフォンを傾けて下さい。

「スマートフォンを左右に倒す」で特定サイトを開く例。

スマートフォンを左右にスライドする

地面に並行な軸をイメージして、スマートフォンを左右にスライドする(ズラす)動きです。

左右に傾ける動きだと「スマートフォンを左右にスライドする」ではなく「スマートフォンを左右に倒す」動きと検知されます。

「スマートフォンを左右にスライドする」でライトを点灯する例。

このように4つの動きに対し幅広い機能を設定できるため、自由にカスタマイズできて面白いです。

慣れるまで意図しないジェスチャーと検知され、異なる機能が起動することもあります。

設定した機能を削除する方法

設定した動作は左右へスワイプして削除できます。

アプリの設定を調整する方法

アプリトップ画面右上の歯車アイコンをタップすると、細かい設定変更ができます。

Auto Start – アプリの自動起動を設定

Android再起動時、自動的に「Gravity Gestures」機能がオンとなります。

Screen off – スリープ状態でもアプリを有効に

Androidがスリープ状態でも、「Gravity Gestures」機能がオンとなります。

Vibration – アプリが機能した際にバイブ

「Gravity Gestures」機能が動作した際に振動(バイブ)の反応があります。

Sensitivity – 動きの反応速度を調整

4つの動きの反応感度を3段階で調整できます。

  • High
  • Medium
  • Low

「High」だとわずかな動きでジェスチャーを検知できますが、誤動作が増えるリスクがあります。

調整後は、一度「Gravity Gestures」を再起動する必要があります。

 

補足:

そのほか近接/重力センサーを活用する便利なアプリ

ScreenOn」や「Gravity Screen」というアプリを使えば、様々な条件(例:ポケットからスマートフォンを出し入れする / テーブルにスマートフォンを置く)に応じた画面オン / オフ動作を制御できるようになります。

Gravity Screen - On/Off
Gravity Screen - On/Off
Developer: Plexnor
Price: Free

「Gravity Screen」を使って机に置いたとき自動で画面消灯する例。

Androidで電源ボタンを押さずにスリープ解除する方法! スクリーン画面オン/オフをアプリでコントロールしよう
Androidでは電源ボタンを押せばスリープ解除できますが、その頻度が多いと操作が面倒です。 カバンから取り出したとき、机から持ち上げたときなど、特定のシーンで自動的に画面点灯できたら便利ですよね。 そこで本記事では電源ボタンを...

また「MacroDroid」という自動化アプリを応用すれば、各種センサー機能の検知をトリガーに、実行するアクションを自由に設定することもできるため、使い方がより広がります。

例えば、シェイクでAndroidのライトを点灯することも可能です。

シェイクでAndroidのライトをつける方法! 本体を振るだけでカメラライトの点灯/消灯ができる
夜間に外を出歩く際や急な停電の際、スマートフォンは懐中電灯の代わりにもなり便利です。 が、真っ暗闇の中、スマートフォンを操作してライトを点灯させるのは大変ですよね。 そこで本記事では、Androidのシェイクをトリガーにカメラの...

それぞれ詳細は関連記事をご覧下さい。

そのほか物理ボタンを活用する情報まとめ

本記事は「Androidのセンサー機能」に着目した内容でしたが、それ以外にもAndroidの物理ボタンや指紋認証リーダーを有効活用するアプリはたくさん存在します。

例えば「Fingerprint Quick Action」というアプリを使えば、Androidの一部機種で搭載される「指紋認証リーダー」を使って、指定アプリを開いたり通知領域の表示ができるようになります。

Androidの指紋認証に新しい機能を割り当てる方法! ジェスチャーを追加してアプリ起動や設定切り替えをしよう
Androidに搭載される「指紋認証」機能は主にロック画面解除で活躍しますが、別途アプリを導入すれば別機能の割り当てが可能です。 そこで本記事では、指紋認証リーダーを超強化する便利なアプリを紹介します。 Fingerpr...

このような物理ボタンや指紋認証リーダーを有効活用する情報をまとめて、関連記事【Androidで物理キーやセンサー機能をカスタマイズする方法まとめ! ボタンを活用してタッチパネル不要で操作しよう】で解説しています。

Androidで物理キーやセンサー機能をカスタマイズする方法まとめ! ボタンを活用してタッチパネル不要で操作しよう
Androidに搭載される物理キーやセンサー機能を有効活用する過去記事をまとめて紹介します。 「音量ボタン」・「指紋認証リーダー」・「近接センサー」・「重力センサー」を有効活用すれば、ディスプレイのタッチパネルに触れずとも利用頻度の高...

 

〆:Androidのシェイク動作をカスタマイズしよう!

以上、Androidのシェイク設定をカスタマイズする方法! スマートフォンを振るジェスチャーで好きなアプリや機能を起動しよう の説明でした。

「Gravity Gestures」を使えば、Androidのシェイク設定を自由にカスタマイズできて楽しいですよ。

ぜひ、試してみて下さい。

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント