Androidで物理ボタン/センサーの割り当てを変える方法! スマホのハードキーをカスタマイズしよう

スポンサーリンク
Android

本記事では、スマートフォンの物理ボタン/各種センサー設定を変更する方法を紹介します。

なるべくタッチパネルに触れずに操作したい方は、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

物理ボタンやセンサーの設定を変える方法

以下4つに分けて解説します。

  1. 電源ボタンをカスタマイズする方法
  2. 音量ボタン/シャッターボタン/イヤホンボタンをカスタマイズする方法
  3. 指紋認証リーダーをカスタマイズする方法
  4. 近接/重力センサーをカスタマイズする方法

方法①:電源ボタンをカスタマイズする

MacroDroidアプリのアイコンMacroDroidというアプリを使えば、電源ボタンを3回以上押したときの動作を変更できます。

MacroDroidで電源ボタン3-5回押しの機能を変える説明1

電源ボタン3回押しでChromeを起動させるマクロ例。

MacroDroidで電源ボタン3-5回押しの機能を変える説明2

電源ボタンを3回連続で押して、Chromeを起動する例。

このような電源ボタンの割り当てを変える情報を、関連記事【Androidで電源ボタンの割り当てを変える方法! 電源キー長押し設定をカスタマイズしよう】で解説しています。

Androidで電源ボタンの割り当てを変える方法! 電源キー長押し設定をカスタマイズしよう
この記事では、スマホの電源キーに好きな機能を割り当てる方法を解説します。電源メニューの設定を変更する手順も説明しています。

方法②:音量ボタン/シャッターボタン/イヤホンボタンをカスタマイズする

Button MapperのアイコンButton Mapperというアプリを使えば、以下のボタン押下で好きな機能を呼び出せます。

  • 音量アップ・ダウンキー
  • シャッターボタン(カメラボタン)
  • イヤホンボタン

▼割り当てる機能の一例

  • ライト点灯/消灯
  • 画面オン/オフ
  • 曲送り
  • 上/下に画面スクロール
  • 電源メニュー表示
Button Mapperの説明1

Button Mapperの画面。音量アップボタンの2回押しで、電源メニューを開く設定例。

Button Mapperの説明2

音量ボタンを2回押しで、電源メニューを表示する動作例。

よく使う機能をショートカットとして設定したいなら、ぜひどうぞ。

また特別な設定をすれば、スリープ中も動作可能です。

詳細は関連記事【Androidで音量ボタンの割り当てを変える方法! ボリュームキーにショートカット設定しよう】で解説しています。

Androidで音量ボタンの割り当てを変える方法! ボリュームキーにショートカット設定しよう
この記事では、スマホの音量キーに好きな機能を割り当てる方法を解説します。よく使う機能をショートカットに設定すれば、使い勝手が向上します。

方法③:指紋認証リーダーをカスタマイズする

MacroDroidアプリのアイコンMacroDroidというアプリを使えば、指紋ジェスチャーで起動する機能を変更できます。

▼割り当てる機能の一例

  • ライト点灯/消灯
  • 電源メニュー表示
  • スクリーンショット撮影
  • 画面オフ
MacroDroidの紹介

(左)マクロ例 (右)指紋ジェスチャーでライト点灯できる

またアプリロックのアイコンアプリロックを使えば、アプリごとパスワードをかけ、生体認証(指紋/顔)でロック解除できます。

アプリロックの紹介

アプリの設定画面。ロック解除に指紋をセットできる。

詳細な情報は、関連記事【Androidの指紋認証に新しい機能を割り当てる方法! ジェスチャーを追加してアプリ起動や設定切り替えをしよう】で解説しています。

Androidの指紋認証に新しい機能を割り当てる方法! ジェスチャーを追加してアプリ起動や設定切り替えをしよう
この記事では、指紋認証をカスタマイズする方法を解説します。指紋ジェスチャに好きな機能を割り当てたり、アプリロックを指紋で解除可能となります。

方法④:近接/重力センサーをカスタマイズする

スマートフォンの各種センサー(例:近接センサー / 重力センサー / 加速度センサー)を活用する方法です。

1. 条件に応じて画面オン/オフ動作を制御する

Gravity ScreenのアイコンGravity Screenを使えば、スマートフォンを持ち上げて画面オン or 伏せて画面オフ、といった操作が可能です。

Gravity Screenの紹介

例えば、机に置いたとき自動で画面消灯できる。

詳細は関連記事【Androidを持ち上げてスリープ解除する方法! スマホを傾ける/伏せるで画面オン/オフしよう】で解説しています。

Androidを持ち上げてスリープ解除する方法! スマホを傾ける/伏せるで画面オン/オフしよう
この記事では、スマホを動かして画面点灯/消灯する方法を解説します。持ち上げて画面オン、伏せて画面オフできます。

2. シェイクや回転で指定機能を起動する

Gravity GesturesのアイコンGravity Gesturesを使えば、シェイクや回転など、スマートフォンの特定の動きに好きな機能を割り当て可能です。

Gravity Gesturesの紹介

「スマートフォンを左右に倒す」で特定サイトを開く例。

詳細は関連記事【Androidのシェイク設定をカスタマイズする方法! スマートフォンを振るジェスチャーで好きなアプリや機能を起動しよう】で解説しています。

Androidのシェイク設定をカスタマイズする方法! スマートフォンを振るジェスチャーで好きなアプリや機能を起動しよう
この記事では、スマホを振って好きな機能を起動する方法を解説します。よく使う機能をシェイクに割り当てましょう。

 

補足:ホーム/戻る/タスクボタンの割り当てを変える方法

画面下に表示される、ナビゲーションバー3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)に関する補足です。

ナビゲーションバーの説明

これら機能の割り当てを変えたい場合、Custom Navigation BarのアイコンCustom Navigation Barがオススメです。

3ボタンに別の機能を設定したり、4つ目・5つ目のボタンを追加できます。

Custom Navigation Barの説明

(左)アプリの画面 (右)両端に4つ目・5つ目のボタンを追加した例

このような仮想ボタンをカスタマイズする情報を、関連記事【Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 画面下ボタンの見た目や機能を変えよう】で解説しています。

Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 画面下ボタンの見た目や機能を変えよう
この記事では、スマホのナビゲーションバーを改造する情報をまとめています。見た目を劇的に変化させるアプリや、機能を自由に拡張できるユーティリティーまで説明します。
ナビゲーションバーのボタンを無効化する方法なども紹介してます。ぜひどうぞ。

 

〆:タッチパネルに触れずにAndroidを操作しよう!

以上、Androidで物理ボタン/センサーの割り当てを変える方法! スマホのハードキーをカスタマイズしよう の説明でした。

頻繁にアクセスする機能は、むしろ物理ボタンやセンサー機能に割り当てた方がラクです。

ご自身の使い方に合わせ、カスタマイズしてみて下さい。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました