【Mac】「開発元が未確認のため開けません」解決方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5734_09

Macで新しいアプリ(ソフト)をインストールする際、App Storeにはない、外部サイトからダウンロードしたものだと、「開発元が未確認のため開けません」と表示され、アプリをインストールできないことがあります。

ネットで検索すれば解決策を示した記事は多くありますが、本ブログでも、「開発元が未確認のため開けません」に関連する記事が増えてきたので、これを機に、その解決策をまとめます。

スポンサーリンク

「開発元が未確認のため開けません」とは

Mac OS X 10.8(Mountain Lion)から導入されたGatekeeper機能により、開こうとするアプリの開発元が確認されるようになりました。ここで、Apple社のDeveloper IDによる署名が無い場合に、「開発元が未確認のため開けません」と表示が出るようになりました

こんなヤツですね。

5734_01

解決策その①:「contorl」キーを押しながら開く

手っ取り早いのがコレ。

開きたいアプリを、「contorl」キー押しながらクリックすると、右クリックメニューが表示されます。

続いて、「開く」をクリックすると、「ホントに開いてよろしいでしょうか?」的なメッセージが出るので、「開く」を選択。以後、通常通りアプリを起動できるようになります。

5734_03

解決策その②:「システム環境設定」より許可する

①がある以上、不要な手順ですが、一応紹介。

「開けません」というメッセージ表示後、「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」へ移動。

5734_01

すると、先ほど開けなかったアプリが下部に表示されているので、「このまま開く」を選択すると、以後通常通り起動できるように。

5734_04

解決策その③:すべてのアプリケーションを許可する

ここまで紹介した解決策①と②は、個別アプリ毎に許可を行いますが、この方法だと一度許可すると、以後すべてのアプリケーションを自動的に許可するようになります。

先ほど同様に、「セキュリティとプライバシー」へ移動後、左下の鍵アイコンをクリック。

5734_05

するとパスワードが求められるので入力。

5734_06

その後、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」内で、「すべてのアプリケーションを許可」を選択します。

5734_07

再び注意文が出るので、「許可」を選択すればOKです。

5734_08

この設定をしておけば、個別アプリ毎に許可をする必要がないので楽ですが、セキュリティが低下するので、ご注意を。

設定はアプリのインストール頻度による

以上まとめでした。

ちなみにボクは、解決策①を採用しており、個別アプリ毎にcontrolキーを押して許可してます。

あまり頻繁にアプリをインストールするわけではないので、セキュリティを犠牲にしてまで、すべてのアプリケーションを許可するメリットが低いと判断しました。

各々のインストール頻度によって、最適な方法を選んで下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする