Macでパスワード付きZipを作成する方法! Windowsでも開ける暗号化ファイルに圧縮しよう

スポンサーリンク
Mac

本記事では、Macでパスワード付きZipファイルを作る方法を解説します。

方法ターミナルのアイコン
ターミナルのコマンドを使う
Kekaのアイコン
Kekaアプリを使う
アプリ用意必要
操作手順
(少し難しい)

(簡単)
Windows
互換性

(注意が必要)

(自動で対応)

標準機能だけで実現したい場合、ターミナルのアイコンターミナルをどうぞ。

「なるべく簡単に操作したい」・「Windowsと共有する機会が多い」なら、アプリKekaのアイコンKeka(ケカ)がオススメです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ターミナルでZipファイルを暗号化する方法

ターミナルのアイコンターミナルでZipファイルにパスワード付与するコマンドとして、以下2パターンがあります。

コマンド効果
①:zip -eZipファイルの新規生成・暗号化
②:zipcloak既存Zipファイルの暗号化

これからZipファイルを作るなら、①がオススメです。

すでにZipファイルをお持ちで、パスワードを付けたい場合、②が便利です。

①:zip -eコマンドを使う

ターミナルのアイコンターミナルでzip -eコマンドを使えば、Zipファイルの新規生成・暗号化を同時に実行できます。

デスクトップに保存した、画像ファイル3点をZip化するケースで説明します。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順1

food01〜03というjpg画像ファイルを圧縮してみる。

まずフォルダを作成して、まとめて保存します。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順2

foodというフォルダを作成する。

ターミナルのアイコンターミナルを開きます。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順3

例えば、アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」で起動できる。

以下コマンドを実行します。

cd desktop

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順4

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順5

権限が要求される場合、許可する。

以下コマンドを実行します。

zip -e -r <生成するzipファイル名称>.zip <圧縮対象のフォルダ名>
-eはパスワード付与、-rはフォルダを対象とする場合のオプションです。

例えば、デスクトップに保存された「food」フォルダを「food.zip」に圧縮する場合、以下となります。

zip -e -r food.zip food

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順6

「Enter password:」と表示されるので、設定したいパスワードを入力します。

パスワード入力中は画面に変化がないので、打ち間違えに注意して下さい。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順7

「Verify password:」と表示されるので、再度パスワードを入力します。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順8

Zipファイルの圧縮が始まります。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順9

生成されたZipファイルは、デスクトップに保存されます。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順10

food.zipというファイルが保存される。

実際に解凍してみて、パスワードがかかっている点、展開したファイルを表示できる点をチェックできれば成功です。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順11

解凍しようとすると、パスワードが要求される。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順12

中身のファイルを確認できる。

Windowsで解凍する際も、しっかりパスワードがかかっています。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順13

WindowsへZipファイルを渡して、展開してみた例。パスワードが要求される。

以上、zip -eコマンドの紹介でした。

なお保存場所「デスクトップ」のケースで説明しましたが、「書類」や「ダウンロード」の場合も流れは同じです。

最初のcd(カレントディレクトリ)変更を、それぞれ「書類」や「ダウンロード」とします。
ターミナルでzip -eコマンドを使う手順14

書類に保存したケースのコマンド例。

またフォルダを圧縮するケースではなく、単ファイルをZip化する場合、以下コマンドとなります。

zip -e <生成するzipファイル名称>.zip <圧縮対象のファイル名>
-rはフォルダを対象とする場合のオプションなので不要です。
<圧縮対象のファイル名>には、ファイル拡張子まで含める必要があります。
ターミナルでzip -eコマンドを使う手順15

food.jpgという画像ファイル単体を圧縮する例。

ターミナルでzip -eコマンドを使う手順16

入力するコマンド例。

②:zipcloakコマンドを使う

ターミナルのアイコンターミナルでzipcloakコマンドを使えば、既存のZipファイルに対して、パスワード付与できます。

Finderの圧縮機能で生成されたZipファイルに対してはエラーが発生するので、試さないで下さい(詳細は後述)。

すでにターミナルのアイコンターミナルのzipコマンドで、Zipファイルが作成されてるケースで説明します。

zipコマンドの詳細は、前パートで解説しています。

ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順1

zipコマンド。この時点では暗号化しないので、-eオプションは付けない。

ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順2

パスワードが付いていない、シンプルなZipファイルができる。

ターミナルのアイコンターミナルで以下コマンドを入力します。

zipcloak <Zipファイルのパス>
<Zipファイルのパス>の部分は、パスワードを付けたいZipファイルをドラッグ&ドロップすればOK。
ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順3

food.zipをドラッグ&ドロップする。

ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順4

zipcloak+半角スペース+Zipファイルのパス、となればOK。

「Enter password:」・「Verify password:」と続けて2回表示されるので、設定したいパスワードを入力します。

パスワード入力中は画面に変化がないので、打ち間違えに注意して下さい。

ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順5

既存Zipファイルの暗号化が始まります。

ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順6

Zipファイルを開いてみて、パスワードが要求されるか確認しましょう。

新しいZipファイルが作成されるのではなく、既存Zipファイルに上書きする形でパスワードが付与されます。
ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順7

解凍しようとすると、パスワードが要求される。

ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順8

中身のファイルを確認できる。

以上、zipcloakコマンドの紹介でした。

なお注意点として、FinderのアイコンFinder圧縮機能で生成されたZipファイルに対してzipcloakコマンドを実行すると、エラーが発生します。

Zipファイルが壊れる可能性があるため、試すのもやめましょう。
ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順9

Finder機能として、右クリックメニューより圧縮を実行できる。

ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順10

food.zipという圧縮ファイルができる。

具体的には、以下のようなエラーが出て、失敗します。

xxxxにはフォルダ(ファイル)名称が入ります。
encrypting: xxxx
encrypting: __MACOSX/._xxxx
zipcloak warning: Local Entry CRC does not match CD: __MACOSX/._xxxx
encrypting: xxxx/xxxx
zipcloak warning: Local Entry CRC does not match CD: xxxx/xxxx

ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順11

エラーが出た後、Zipファイルを展開しようとすると、パスワードが要求されます。

ただし、どのパスワードを入力しても開けないため、Zipファイルそのものが壊れてしまいます。

ターミナルでzipcloakコマンドを使う手順12

パスワードがかかってるように見えて、うまく開けない。

参考:zipコマンドでファイルパス名をドラッグ&ドロップ入力する注意点

先のパートではzip -eコマンドの使い方として、以下を紹介しました。

▼Step.1:カレントディレクトリ変更(デスクトップの例)

cd desktop

▼Step.2:Zipファイルの新規生成・暗号化

zip -e -r <生成するzipファイル名称>.zip <圧縮対象のフォルダ名>

zipコマンドでファイルパス名をドラッグ&ドロップ入力する注意点1

このやり方だと、カレントディレクトリ変更や対象ファイル名入力が面倒、と感じる方もいるでしょう。

よりシンプルに、以下コマンドで代替も可能です。

zip -e -r <生成するzipファイル名称>.zip <圧縮対象フォルダのパス>
<圧縮対象フォルダのパス>の部分は、圧縮&暗号化したいフォルダをドラッグ&ドロップすればOK。
zipコマンドでファイルパス名をドラッグ&ドロップ入力する注意点2

foodフォルダをドラッグ&ドロップする。

zipコマンドでファイルパス名をドラッグ&ドロップ入力する注意点3

<圧縮対象フォルダのパス>が自動で入力される。

そのまま実行すれば、Zipファイルの新規生成・暗号化できます。

zipコマンドでファイルパス名をドラッグ&ドロップ入力する注意点4

zipコマンドでファイルパス名をドラッグ&ドロップ入力する注意点5

生成したZipファイルは、ホームディレクトリに保存される。

zipコマンドでファイルパス名をドラッグ&ドロップ入力する注意点6

パスワードもしっかりかかる。

ただ留意点として、<圧縮対象フォルダのパス>がそのまま、Zipファイル展開時のフォルダ階層として引き継がれてしまいます。

今回のケースだと、<圧縮対象フォルダのパス>が以下となるため、food.zipを解凍すると、「Users」フォルダ→「ユーザ名」フォルダ・・・という階層で表示されます。

/Users/ユーザ名/Desktop/food
自分用のZipファイルであれば問題ありませんが、第三者へ渡す予定であれば、あまり好ましくないでしょう。
zipコマンドでファイルパス名をドラッグ&ドロップ入力する注意点7

Zipを展開した中身の例。パスがそのままフォルダ階層となっている。

参考:Windowsとの互換性について(文字化け・不要ファイル問題)

Macで作成したZipファイルをWindowsで確認する場合、よくある問題と解決策を紹介します。

問題解決策
ファイルが文字化けして読めない半角英数を使う
(日本語の名称にしない)
不要フォルダ「__MACOSX」が含まれるターミナルで圧縮する
(Finder圧縮機能を使わない)
不要ファイル「.DS_Store」が含まれるターミナルで削除する

ファイルが文字化けして読めない→半角英数を使う

Zip化した対象ファイルが日本語だと、文字エンコードの関係で、Windows側で文字化けが起きます。

Windowsでファイルが文字化けして読めない問題1

Windowsで開くと、中身が文字化けしている。

対策として、ファイル名称は日本語ではなく、英語(半角英数)を使うようにしましょう。

Windowsでファイルが文字化けして読めない問題2

英数字の名称であれば、Windowsで表示しても文字化けしない。

不要フォルダ「__MACOSX」が含まれる→ターミナルで圧縮する

FinderのアイコンFinder圧縮機能で作ったZipファイルだと、Windows側で不要フォルダ「__MACOSX」が残ってしまいます。

【__MACOSXとは?】 – ファイル作成日やコメントなど、メタデータを保管するフォルダのこと。Mac特有の隠しファイルの一種。
Windowsで不要フォルダ「__MACOSX」が含まれる問題1

Finder機能として、右クリックメニューより圧縮を実行できる。

Windowsで不要フォルダ「__MACOSX」が含まれる問題2

Windowsで開くと、「__MACOSX」というフォルダが表示される。

対策として、Macで圧縮する際は、ターミナルのアイコンターミナルのzipコマンドを使うようにしましょう。

zipコマンドの詳細は、前パートで解説しています。

zip -e -r <生成するzipファイル名称>.zip <圧縮対象のフォルダ名>
-eはパスワード付与、-rはフォルダを対象とする場合のオプションです。不要であれば、省略して構いません。
Windowsで不要フォルダ「__MACOSX」が含まれる問題3

デスクトップにあるfoodフォルダを圧縮して、food.zipを作成する例。

不要ファイル「.DS_Store」が含まれる→ターミナルで削除する

Macで圧縮すると、Windows側で不要ファイル「.DS_Store」が残る場合があります。

【.DS_Storeとは?】 – フォルダの表示オプション、アイコンの位置などを格納するデータのこと。Mac特有の隠しファイルの一種。
不要ファイル「.DS_Store」が含まれる問題1

Windowsで開くと、「.DS_Store」というファイルが表示される。

対策として、ターミナルのアイコンターミナルで圧縮する際、コマンドを追加しましょう。

zip -e -r <生成するzipファイル名称>.zip <圧縮対象のフォルダ名>/ -x "*.DS_Store"
-xは除外オプションで、生成するZipファイルから「.DS_Store」を取り除きます。
不要ファイル「.DS_Store」が含まれる問題2

デスクトップにあるfoodフォルダを圧縮して、food.zipを作成、かつ.DS_Storeを除外する例。

すでに圧縮済みのZipファイルから取り除きたい場合、以下コマンドを実行します。

zip -d <対象のzipファイル名称>.zip "*.DS_Store"
-dは削除のオプションです。
不要ファイル「.DS_Store」が含まれる問題3

デスクトップにあるfood.zipから、.DS_Storeを除外する例。

 

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法

サードパーティ製アプリKekaのアイコンKeka(ケカ)を使って、Zipファイルにパスワードを付与できます。

操作手順も簡単で、Windowsとの互換性にも優れるため、サードパーティ製アプリに抵抗がなければオススメです。

まず、公式サイトからアプリをダウンロードします。

App StoreのアイコンApp Storeからも入手できますが、公式サイトとは異なり有料です。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法1

Kekaの公式サイト。

ダウンロードしたdmgファイルを開き、KekaのアイコンKekaをアプリケーションフォルダへ移します。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法2

中身のKekaを移す。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法3

アプリケーション一覧に追加される。

KekaのアイコンKekaを起動しましょう。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法4

メッセージが出るが、そのまま開く。

もし上記とは別のメッセージが出て開けない場合、システム環境設定のアイコンシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」より許可が必要です。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法5

KekaのアイコンKekaを開くと、圧縮設定のウインドウが表示されます。

ここで付けたいパスワードを入力しましょう。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法6

「パスワード」欄に設定したい暗証番号を入力する。

あとはZip化したいファイル・フォルダを、KekaのアイコンKeka画面内にドラッグ&ドロップするだけ。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法7

圧縮したいfoodフォルダを、Keka画面内にドラッグ&ドロップする例。

指定した場所に、Zipファイルが保存されます。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法8

保存先をデスクトップにする例。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法9

デスクトップにZipファイルが生成される。

実際に解凍してみて、パスワードがかかっている点、展開したファイルを表示できる点をチェックできれば成功です。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法10

解凍しようとすると、パスワードが要求される。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法11

中身のファイルを確認できる。

さらに「Macのリソースフォークを含めない」にチェックを入れれば、Windowsで展開した際に「.DS_Store」など不要ファイルが表示されなくなります。

アプリKekaでZipファイルを暗号化する方法12

以上、KekaのアイコンKekaの紹介でした。

そのほか類似アプリとして、WinArchiverのアイコンWinArchiverなどもオススメです。

ターミナルのアイコンターミナルのコマンド入力に抵抗があれば、ぜひオススメしたいアプリです。

 

補足:macOSの圧縮/解凍機能に関するアレコレ

本パートでは、MacのZipファイルにまつわる細かい情報を補足します。

説明の流れ
  • 補足①
    パスワードを解除したZipを再生成する方法
  • 補足②
    アーカイブユーティリティの解凍/圧縮設定を変更する方法

パスワードを解除したZipを再生成する方法

暗号化したZipファイルのパスワードを外す方法です。

ターミナルのアイコンターミナルで以下コマンドを入力します。

<Zipファイルのパス>の部分は、パスワードを解除したいZipファイルをドラッグ&ドロップすればOK。
zipcloak -d <Zipファイルのパス>
パスワードを解除したZipを再生成する方法1

food.zipをドラッグ&ドロップする例。

パスワードを解除したZipを再生成する方法2

zipcloak -d+半角スペース+Zipファイルのパス、となればOK。

「Enter password:」と表示されるので、設定していたパスワードを入力します。

パスワード入力中は画面に変化がないので、打ち間違えに注意して下さい。

パスワードを解除したZipを再生成する方法3

これで暗号化を解除できます。

パスワードを解除したZipを再生成する方法4

food.zipからパスワードを外すことができた。

アーカイブユーティリティの解凍/圧縮設定を変更する方法

Macではデフォルトの解凍・圧縮ツールとして、アーカイブユーティリティのアイコンアーカイブユーティリティが使われます。

ユーザー側で、Zip機能に関わる次の項目をカスタマイズできます。

グループ項目名解説
解凍
関連の設定
展開したファイル
の保存場所
Zip中身のファイル
をどこに保存するか
展開後Zipファイル自体
をどうするか
展開した項目
をFinderに表示
Zip中身のファイル
をすぐ表示するか
圧縮
関連の設定
アーカイブ
の保存場所
作成したZip
をどこに保存するか
アーカイブ
のフォーマット
どのように圧縮するか
アーカイブ後圧縮対象のファイル
をどうするか
アーカイブを
Finderに表示
作成したZipファイル
をすぐ表示するか
アーカイブユーティリティの解凍/圧縮設定を変更する説明

アーカイブユーティリティのカスタマイズ画面。

詳細は関連記事【MacでZipの圧縮方法を変更する方法! アーカイブユーティリティを有効にしてファイル展開設定をカスタマイズしよう】で解説しています。

MacでZipの圧縮方法を変更する方法! アーカイブユーティリティを有効にしてファイル展開設定をカスタマイズしよう
この記事では、MacのZip機能をカスタマイズする方法を解説します。アーカイブユーティリティを操作すれば、ファイルの圧縮方法や展開後の保存場所など、Zipの解凍と圧縮に関わる設定を変更できます。

 

〆:MacでZipファイルにパスワードをかけよう!

以上、Macでパスワード付きZipを作成する方法! Windowsでも開ける暗号化ファイルに圧縮しよう の説明でした。

ビジネス用途でZipファイルにパスワードをかける必要があれば、ぜひ今回の内容をお試し下さい。

なおフォルダにパスワードをかける方法をお探しの場合、Zip形式以外の手段として、.dmgファイル(ディスクイメージ)にまとめる方法もあります。

詳しくは関連記事【Macでフォルダにパスワードをかける方法! 圧縮しない暗号化フォルダを作ろう】で解説しています。

Macでフォルダにパスワードをかける方法! 圧縮しない暗号化フォルダを作ろう
この記事では、Macのフォルダにパスワードをかける方法を解説します。ディスクイメージを作れば、複数フォルダ/ファイルを暗号化できます。
Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました