Android通知をMacの通知センター上で管理できる無料アプリ「Noti」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8144_11

スマホの通知をPCで管理するアプリは過去記事で色々紹介しました。

が、どれもPCのブラウザ上で管理する必要があるため、ブラウザへアクセスするのが面倒だったり、常にブラウザを起動するのは、PCへの負担がかかる弊害があります。

そこで本記事では、ブラウザを起動していなくてもAndroid機に届いた通知をMacの通知センター上で確認できる無料アプリ「Noti」を紹介します。

スポンサーリンク

「Noti」でできるコト

「Noti」は以前紹介した「Pushbullet」と連携し、「Pushbullet」で受けたAndroidの通知をMacの通知センター上で表示させることができます。

8144_05

※「Pushbullet」については下記記事をどうぞ。

さらにSMSなら通知内容の確認だけでなく、Mac上の操作で返信内容の入力&送信までできます。

8144_10

他の通知管理アプリとは異なり、ブラウザを起動していなくても通知の受け取りができるシンプルなアプリであるため、「単純にスマホに届いた通知をMac上でチェックしたい!」というニーズにピッタリなサービスとなっています。

「Noti」の使い方

以下より「Noti」の導入手順を説明します。

まず、「Noti」は「Pushbullet」と連携して機能を発揮するため、まだ「Pushbullet」を導入できていない場合、準備をして下さい。

「Pushbullet」の準備ができたら、さっそく「Noti」を導入します。

手順①:「Noti」を入手

まず、「Noti」を公式サイトよりダウンロードし、アプリケーションフォルダへ移します。

8144_01

手順②:「Noti」を「Pushbullet」アカウントと連携

続いて、「Noti」を起動すると初期設定となります。

「Authenticate me !」をクリックすると、Googleアカウントかfacebookアカウントでのログインとなるため、

8144_02

「Pushbullet」と同じアカウントでログインして下さい。

8144_03

ログインが完了すると、以後メニューバーに「Noti」のアイコンが表示されます。

8144_04

以上で基本的な設定は完了。スマホの通知がMacの通知センター上で表示されるようになります。

8144_05

備考:「Pushbullet」の通知をオフに

「Pushbullet」はブラウザを起動している際は機能を発揮します。

つまり、ブラウザ起動中にスマホ通知があると、「Pushbullet」と「Noti」が両方とも機能を発揮してしまい、下記のように二重でMac上に通知が表示されてしまいます。

8144_06

そこで、ブラウザを起動中であっても「Pushbullet」からの通知はオフにする必要があります。

※下記では、Chromeにおける方法で説明します。

ブラウザを起動し、拡張機能一覧より「Pushbullet」アイコンをクリック。右上の「歯車」アイコンを選択し、

8144_07

「設定」へ進みます。

8144_08

「Pushbullet」の設定一覧が表示されるため、「通知」内にある「コンピュータ上に通知を表示する」のチェックを外します。

8144_09

これでAndroidに通知があっても、「Noti」のみ機能するため、Mac上へ表示される通知も1つとなります。

まとめ:通知管理のみなら「Noti」がオススメ

以上、説明でした。

以前説明した「Pushbullet」は通知管理のみならず、異なるデバイス間でのファイルやテキスト共有もできる機能を備えているため、単純比較でどちらが優れているかは判断できません。

ただ、シンプルにMac上でAndroid機の通知を確認したいだけの用途なら、「Noti」は大変オススメです。お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする