cooViewer – Macで漫画や雑誌を読むならオススメ フリー画像ビューワーソフト

スポンサーリンク

ボクは漫画が好きです。

関連記事

[2017年度版まとめ] ジャンル別オススメ漫画 [歴史 / 退廃 / 荒廃 / 近未来 / ノンフィクション]

最近はKindleを使用していますが、昔買った紙の漫画本は電子化して、スマホやタブレットで見ることが多いです。

がたまに「Mac上でも漫画を見たい!」という瞬間があるため、漫画用のビューワーソフトを使っているのですが、どのソフトも一長一短で様々なソフトを渡り歩いてきました。

そんなボクが最もオススメするMac向けのフリー漫画ビューワーソフトが「cooViewer」です。

もちろん漫画だけでなく、雑誌や本でも活用できるので、Macで電子書籍系を楽しむ際にオススメできるアプリです。

スポンサーリンク

cooViewer – できるコトと使い方

Mac向けのフリー漫画ビューワーソフトで有名なソフトはそんなに数は多くなく、下記サイトにまとめられています。

参考 漫画用ビューア比較表

ほとんど似たり寄ったりな特徴を持ちますが、その中でも今回紹介する「cooViewer」の魅力とその使い方をまとめます。

下記からの説明文では、例として漫画「闇金ウシジマくん」を「cooViewer」で表示したスクリーンショットを掲載しています。

魅力①:ページ移動が楽

めちゃくちゃ基本的な機能に見えますが、実は多くのソフトでは、

最初から1ページずつしか進めない

最後のページにジャンプできない

途中のページへジャンプできない

というものが多く、「100ページ目が見たい!」という場合でも100回クリックして該当ページまで移動する必要があります。

その点、「cooViewer」は画面上にページバーが表示され、バー上をクリックすると該当ページまでジャンプできます。さらに、設定次第ではサムネイルも表示されるため、移動したい先のページを探すのも便利です。

8320_01

サムネイルがあるだけで、目的のページを探すのがとてもラクになる。

魅力②:拡大表示ができる

これも基本的な機能な気がしますが、多くのソフトでは「単ページ」・「見開きページ」の切り替えはあっても、拡大表示ができないものが多く、小さな文字や絵が見えない場合があります。

その点、「cooViewer」は段階別に表示サイズの変更を、トラックパッド上のピンチイン・ピンチアウトで調整できるため、ストレスフリーでサクサク漫画を読むことができます。

下記に参考例として、ボクが普段使用している「cooViewer」表示サイズの使い分けを紹介します。

例①:画面内に見開き全体を収めたサイズ

ボクが「cooViewer」で漫画を読む際の基本表示スタイルが「画面内に見開き全体を収めたサイズ」です。

縦と横の比率に関わらず、画面内に全体を収めることを優先して表示がされます。

8320_02

ワンクリックで次のページへ進めるので、サクサクっと読み進めることができる。

Macを外部ディスプレイに接続した状態で「cooViewer」をフルスクリーン表示すると、たいていの文字や絵は見えるので、サクサク読み進めたいとき便利です。

一方外部ディスプレイには繋がず、Macの画面上に映して読み進める際は、セリフの文字や小さなコマが見づらいため、特に11インチのMacだと厳しい表示方法となります。

例②:画面の横幅に見開きページを収めたサイズ

2番目に利用頻度の高い表示スタイルが「画面の横幅に見開きページを収めたサイズ」です。

縦サイズは無視して、横サイズを画面内に収めることを優先して表示がされます。

下記は例①と同じページですが、画像が大きく表示されている分、下側の一部が入りきっていないことが分かります。

8320_03

表示は大きくなるが、その分次のページへ進むためのクリック回数は増加し、スピードは落ちる。

外部ディスプレイに接続せずMacの画面上に表示して読む場合に、例①のサイズではどうしても見づらい文字やコマがある際、大きく表示されるので便利です。

一方、例①に比べ見開きページの下側が入りきっていないため、次のページへ進むためのクリック回数が増え、読むスピードが若干落ちる表示方法となります。

例③:見開き分割サイズ

たまに使用する表示スタイルが「見開き分割サイズ」です。

見開きページの片側だけを、横サイズに合わせて表示がされます。

8320_04

例②よりさらに大きく表示できるが、読むスピードはさらに落ちる。

例①や例②の表示ではどうしても見えない、小さな文字や絵を確認する際に便利です。

一方表示されるのは、見開きページの片半分のみで、さらに下側も入りきっていないため、次のページへ進むためのクリック回数はさらに増え、読むスピードがかなり落ちる表示方法となります。

魅力③:漫画移動が楽

ボクは同ジャンルの漫画や雑誌は同じフォルダへ入れています。そのため、「cooViewer」の「同じフォルダのフォルダ・アーカイブを開く」機能は、現在読んでいる漫画や雑誌から次の本へ移動したい際、サクッと開けるため、便利です。

8320_05

このような機能がない他のビューワーソフトでは、次の本を開く度にファイル選択のダイアログが表示され、煩わしさを感じます。

8320_06

魅力④:動作が安定している

これはあくまでボクの体感ですが、今まで使ってきたMac向けビューワーソフトの中で、一番「cooViewer」が安定していると感じます。

例えば「ComicViewer」はボクの環境が悪いのか、新しい漫画を開こうとすると、表紙から先に進めず、一度ソフトを再起動する必要が多々あります。

「cooViewer」の入手方法

最後にソフトの入手方法ですが、AppStoreにはないため、公式HPよりファイルをダウンロードする必要があります。

ダウンロード cooViewer

特に初期設定もなく、すぐに漫画や画像集を開いて読み始めることができます。

〆:Macで漫画ならまずは「cooViewer」を

以上、cooViewer – Macで漫画や雑誌を読むならオススメ フリー画像ビューワーソフト の説明でした。

今回の記事は、Mac向けビューワーソフトを徹底的に比較検討したわけではないので、

紹介した魅力をすべて搭載したビューワーソフトは他にもある

「cooViewer」にはなく、他ソフトならできる機能がある

などなど、探せばあるかと思います。

が、今回紹介した魅力が、PCで漫画や雑誌類を見る際に備わっていてほしいなぁ〜と感じる基本的な機能だと思うので、初めてMac向けフリビューワーソフトをインストールするなら、まずは「cooViewer」で試してみるのはアリだと感じます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい