ParallelsでWindowsの日本語入力キーをMacに合わせる方法! かな/英数の文字切り替えをmacOS標準JISキーボードにしよう

Mac

Parallels Desktopを使えば、Mac上でWindowsを動かすことが可能です。

MacでParallels Desktopを設定する方法! Windows 10をインストールしてマルチOSを実現する使い方
MacでWindows OSを動かす手段は標準アプリ「Boot Camp アシスタント」が有名ですが、 参考 Boot Camp を使って Windows をインストールする方法 – Apple サポート macOSとWindo...

ただMacとWindowsはキーボード配列が完全に対応していないため、「かな」と「英数」の切り替えはキーボード上で行えず、Windows側のタスクバーにある言語アイコンをクリックする必要があり面倒です。

タスクバーにある言語アイコンをクリックして「かな」・「英数」切り替えする例。

もしJISキーボードを搭載するMacなら、 かな英数 を押すと、Windows側も「かな」・「英数」切り替えができたら便利ですよね。

そこで本記事では、ParallelsでWindowsの入力キーをMac標準キーボードに合わせる方法を紹介します。

本記事の内容は、次の環境で検証しています。

  • macOS 10.13.6
  • Windows 10 version 1803
  • Parallels ver.13.3.2

MacはJISキーボード搭載モデルを想定しています。

Photo by somefckr on Unsplash

 

スポンサーリンク

ParallelsでWindowsの入力キーをMacに合わせる方法

もし「Coherence」を有効にしていれば、一時的に終了して下さい。

Windows側でタスクバーの言語アイコンを右クリックで「IMEのオプション」を開き、

「プロパティ」、

「詳細設定」と進み、

「全般」タブ内「編集操作」項目でキー設定を「変更」します。

「*キー」列「ひらがな」を見つけ、「入力/変換済み文字なし」列「ひらがなキー」を選択した状態で「変更」へ進み、

機能一覧から「IME – オン」を見つけ、「OK」で決定します。

同じ流れで「*キー」列「無変換」を見つけ、「入力/変換済み文字なし」列「かな切替」を選択した状態で「変更」へ進み、

機能一覧から「IME – オフ」を見つけ、「OK」で決定します。

以上の手順で、キー設定が次のように変わっていることを確認の上、「OK」で設定します。

  • 「*キー」列「ひらがな」:IME – オン
  • 「*キー」列「無変換」:IME – オフ

最後に「全般」タブ内「編集操作」項目のキー設定が「ユーザー定義」となっている状態で、「OK」で保存します。

以上で作業は完了。

Mac側のJISキーボードで かな英数 を押すと、Windows側も「かな」・「英数」と切り替えできれば成功です。

キーボード上の操作だけで「かな」・「英数」切り替えできる例。

標準のキーボード配列に戻す方法

Windows側のキーボード配列を元の状態に戻したい場合、Microsoft IME詳細設定で「その他」タブ内「プロパティの設定を既定値に戻す」を選択します。

確認ダイアログが何度か表示されるので、「はい」を選べば標準のキーボード配列に戻ります。

 

〆:Parallelsでシームレスに両OSを使おう!

以上、ParallelsでWindowsの日本語入力キーをMacに合わせる方法! かな/英数の文字切り替えをmacOS標準JISキーボードにしよう の説明でした。

今回の設定により、Windowsを動かす際もMacのキーボードで違和感なく操作できますよ。

ぜひ、お試し下さい。

Mac
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント