PicGIF – Macでmp4など動画をGIFアニメーションへ変換する無料アプリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8779_10

ボクは当ブログでMacに関わる記事を投稿していますが、その中で動画をGIFアニメーションに変換して掲載することもあります。

8779_20

そのようなときにボクが毎回使っている、動画ファイルをGIFアニメーションに変換できるオススメなアプリがあります。

本記事では、mp4などの動画をGIFアニメーションへカンタンに変換できる無料アプリ「PicGIF」を紹介します。

スポンサーリンク

「PicGIF」でできるコト

GIFアニメーションへの変換を直感的に操作

「PicGIF」は動画ファイルをGIFアニメーションへ変換できるMac向けのアプリケーションで、基本的な利用は無料となります。

その特徴として、直感的な操作でGIF変換ができることが挙げられ、「動画をドラッグ&ドロップ」→「不要なコマは削除」→「GIFへ変換・保存」までの一連の流れを初めての人でもカンタンに操作することができます。

多様なファイルフォーマットに対応

ボクが現時点まで使用した中で、非対応フォーマットの画像 or 動画ファイルはありませんでした。

公式説明として、

画像ファイル:JPEG、TIFF、BMP、PNG、TGA、RAW、PIC…etc

動画ファイル:MOV、MPEG、MP4、M4V、3GP、AVI…etc

に対応しているとのコト。

細かい動画編集も無料でラクチン

動画編集の中での細かい作業(GIFサイズ、シーケンス、フレーム遅延時間のカスタマイズなど)にも無料版で対応。操作もカンタンです。

「PicGIF」の使い方

手順①:「PicGIF」を入手

まず、「PicGIF」をインストールします。

Mac向け無料アプリです。

手順②:動画をGIFアニメーションへ変換

特に必要な初期設定はなく、すぐに使い始めることができます。

変換したい動画を読み込む

まず、GIFアニメーションへ変換したい動画を用意し、「PicGIF」を起動します。

その後、表示される画面内に動画をドラッグ&ドロップします。

8779_01

動画が表示されるので、右下の「読み込む」を選択します。

8779_02

また、ここで動画のフレーム・カウントを調整できます。デフォルトは”24″となっており、このままで問題ありませんが、動画のファイルの大きさを減らしたいなら、フレーム数を小さくする操作が必要です。

不要なコマを削除したりエフェクトを加えたり

続いて動画の編集画面になります。

画面上にある「再生ボタン」を押すと、動画がテスト再生されます。

8779_03

この状態で下に表示されるコマの中から適宜不要部分をdeleteキーで削除しながら、GIFアニメーションを整えます。

ボクは毎回、「不要なコマの削除」しか編集しませんが、もし色調を変えたいなら「エフェクト」より白黒への変換やコントラスト・輝度などの変換ができます。

8779_04

GIFの作成

編集が完了したら、右上の「GIFの作成」をクリック。

8779_08

変換されるGIFアニメーションがプレビューされるので、問題なければ「保存」を選択して完了です。

8779_09

補足:有料版との違い

「PicGIF」の画面右上に表示される「フルバージョンへのアップグレード」をクリックすると、有料版へアップグレードできます。

8779_06

有料版(フルバージョン)との違いは下記の通り。

8779_05

下記のような「テキストの追加」と「ステッカーの追加」のほか、「トリミング」編集ができるようになります。

8779_07

参考:Macの画面撮影ができるアプリ

Macの画面撮影アプリは様々な方法がありますが、個人的にプリインアプリである「QuickTime Player」を使った方法か、部分撮影に優れた「Kap」がオススメです。

まとめ:シンプルにGIFへ変換できるオススメのアプリ

以上、説明でした。

「PicGIF」は無料版でも十分に活用できます。操作もカンタンなので、シンプルに「動画をGIFアニメーションへ変換したい」だけなら非常にオススメなアプリです。

ちなみに、本記事ではすでに動画ファイルとして保存された画面動画をGIFへ変換する方法を説明しましたが、「撮影した動画をそのままGIFアニメーションで保存したい」という方は下記記事をどうぞ。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする