[Mac] QuickTime Playerで画面キャプチャ動画を撮影する方法(フルスクリーン/特定部分のみ)

スポンサーリンク

Macでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影する際は、任意のキーボードを押すだけでOKです。

関連記事

[Mac] スクリーンショット(画面キャプチャ)の撮影方法! [画面全体/指定範囲/ウインドウ 対応]

が、PC画面を動画として撮影する方法となると、キーボードを押すだけでなく、撮影ソフトの力に頼る必要があります。

ただMacの場合、外部ソフトを入れるまでなく、プリインストールアプリで撮影が可能になっています。

そこで本記事では、Mac標準アプリ「QuickTime Player」を利用した画面の動画撮影方法を紹介します。

大きく「フルスクリーン」で画面の動画を撮影する方法と、「特定範囲のみ」撮影する方法と、2通りを說明しています。

photo by SPDP

スポンサーリンク

画面の動画撮影方法:フルスクリーン

まず1つ目が、Macの画面全体(フルスクリーン)を動画として撮影する方法です。

手順①:「新規画面収録」を実行する

まず「QuickTime Player」を起動します。

続いてメニューバーより「ファイル」→「新規画面収録」を選択し、

「画面収録」なるウインドウが表示されるので、赤いボタンをクリックします。

するとデスクトップ上に「クリックするとフルスクリーンで収録されます・・・」なる文言が表示されます。

後は画面をクリックすると自動的に撮影がスタートします。

手順②:メニューバーより撮影を完了する

撮影が終了させるには、メニューバーに常時表示される丸いアイコンをクリックすればOK。

撮影された動画が再生され、保存するかどうか選択できます。

以上が基本操作です。

画面の動画撮影方法:指定した範囲のみ

次に2つ目が、Macの画面のうち、指定した範囲のみを動画として撮影する方法です。

画面全体ではなく範囲を狭めることで、下記のような要望に対応することができます。

・Mac操作画面を動画で說明する際、全体が撮影されると分かりづらい

・Mac画面中でプライベートな内容は映したくない

・撮影する動画のファイルサイズをなるべく小さくしたい

手順①:範囲を指定して撮影を実行する

最初の流れは先ほどのフルスクリーンで撮影する際と同様で、まず「QuickTime Player」を起動し、画面撮影を選択します。

「クリックするとフルスクリーンで収録されます・・・」と表示されるまで進む。

ここでは画面を単純にクリックせず、撮影したい特定の範囲をドラッグします。

例えば、画面の右半分のみを撮影したい場合、ドラッグで撮影範囲を限定できる。

手順②:正しい範囲で撮影されているか確認する

範囲を指定してから収録を開始すると、設定した特定範囲以外の箇所が暗くなり、どの範囲を撮影中なのか分かるようになります。

撮影中の様子。対象範囲の左側以外は暗くなっている。

後は、撮影をメニューバーに常時表示される丸いアイコンをクリックすれば終了できます。

保存された動画を再生してみて、希望の範囲で画面が撮影されているか確認をしましょう。

補足:画面撮影系のMacアプリについて

本記事では、Mac標準アプリの「QuickTime Player」を使った画面の動画撮影方法を紹介しましたが、サードパーティ製アプリを使えばより便利に撮影ができる場合があります。

例えば、Macで画面を部分撮影するなら、無料アプリ「Kap」の方がより使いやすくて便利です。詳細は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

Kap – Macでお手軽に画面動画を録画撮影(スクリーンキャプチャ)できる無料アプリ

また、撮影した動画をそのままGIFアニメーションへ加工するなら、「LICEcap」というアプリが便利です。コチラも別記事に詳細を記載しています。

関連記事

LICEcap – Macで画面の動画撮影をGIFアニメーションで保存できる無料アプリ

〆:「QuickTime Player」の便利さは埋もれがち

以上、[Mac] QuickTime Playerで画面キャプチャ動画を撮影する方法(フルスクリーン/特定部分のみ) の說明でした。

「QuickTime Player」はパワフルな機能が多い一方で、あまり知名度がなく、Mac標準アプリの中でも埋もれているケースが見受けられます。

特にボクみたいなブロガーの場合、Macの画面を撮影したい or 画面キャプチャでは撮れない画像が欲しい、といった際に大活躍するアプリなので、ぜひぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい