海外旅行でもう迷わない! Google Mapで現地の地図をダウンロードしてオフライン利用する方法

スポンサーリンク

旅行や出張など、見知らぬ土地を訪れる際に超絶便利なのが「Google Map」。

間違いなく世界で一番有名な地図アプリで、日本国内での利用はもちろん、海外でも大変重宝するナビです。

ただし、iPhoneやAndroidスマートフォンを海外に持っていくと、高額請求を回避するために常に「機内モード」にしており、無料のWi-Fiスポットがない場所だと「Google Map」を使えない・・・と思っていませんか?

実は事前にある準備をしておけば、海外のデータ通信高額料金を回避して「Google Map」を利用することができます。

本記事では、そんな海外旅行の豆知識を紹介します。

サードパーティ製アプリのインストールも不要で、iPhone / Android スマートフォンにインストールされた「Google Map」アプリだけで完結できる方法です。

photo by Cali4beach

スポンサーリンク

海外で「Google Map」をオフライン利用する方法

海外で「Google Map」を使うと高額請求になる理由

まず、そもそも海外で「Google Map」アプリを使うと携帯の請求金額が高額になる理由について説明します。

海外の現地で迷ってしまい、「今自分がどこにいるか知りたい!」と思ってスマートフォンで「Google Map」アプリを開いたとします。

この際、地図アプリ上の動作として、「自分の現在位置の測位」と「現在位置周辺の地図情報の取得」が同時に行われ、前者はスマートフォンのGPS機能で、後者はモバイルデータ通信機能が用いられます。

「GPS」と「モバイルデータ通信」の意味は、ざっくり下記の通り。

GPS:Global Positioning Systemの略。位置情報取得に特化した通信機能。

モバイルデータ通信:通常の携帯キャリアの通信機能(Wi-Fi機能とは別)。

ここで重要なのが、GPSは国内でも海外でも料金は発生せず、無料で利用できるのに対し、モバイルデータ通信は携帯キャリアに利用料金を払う必要があり、海外だとより高額となる、という点です。

つまり海外で「Google Map」を使うと、「自分の現在位置の測位」は無料ですが、「現在位置周辺の地図情報の取得」は高額となってしまうのです。

逆にいえば、国内にいる間や海外ホテルの無料Wi-Fiサービスを利用できる環境で、事前に「現地周辺の地図情報の取得」作業を完了しておけば、その後「Google Map」アプリを起動しても、発生するのが「自分の現在位置の測位(=GPS)」だけとなるため、実質無料で使えるようになるのです。

そこで下記からは、「現地周辺の地図情報の取得」作業、つまり「Google Map」の地図情報をスマートフォン本体にダウンロードしておく方法を紹介します。

地図情報を事前にダウンロードする方法

実際に「ベトナム – フエ」に旅行するケースを想定して、現地の地図をダウンロードする手順を說明します。

まず「Google Map」アプリを開き、左上ハンバーガーアイコンより「オフライン エリア」設定へ進みます。

すると現在登録された「オフライン エリア」と新しいエリア登録ができる画面となるので、「カスタムエリア」をタップし、ダウンロードしたい地図上の範囲を決め、ダウンロードを実行します。

ダウンロードが完了すると「オフライン エリア」の一覧に追加がされます。

ダウンロードしたエリアには有効期限があり、地図情報の更新のため定期的にダウンロードが必要となります(必要なタイミングで自動的にダウンロードは行われます)。

補足①:「OK MAPS」でも地図ダウンロードはできる

ちなみに、「オフライン エリア」設定から実行する以外にも地図をダウンロード方法はいくつかあります。

その1つが、「OK MAPS」を使ったダウンロード方法です。

例えばマニラに旅行に行くとしましょう。「Google Map」でマニラの地図を開きます。

この状態で、検索バーに「OK MAPS」と入れます。

すると、「地図を保存しますか?」とメッセージが出てきて、端末内に地図のキャッシュを保存することができます。

あとは、保存をタップすれば完了!

実際に機内モードにして試してみる

地図のダウンロードが完了したら、オフライン環境下でも確認できるかテストしてみましょう。

冒頭紹介した通り、「Google Map」アプリは起動すると、「自分の現在位置の測位」と「現在位置周辺の地図情報の取得」が同時に行われ、前者はスマートフォンのGPS機能で、後者はモバイルデータ通信機能が用いられます。

そのため、スマートフォンを「機内モード」にした状態で「Google Map」アプリを開いても、大まかな道路や建物の配置しか分からず、詳細な地名の確認ができなくなります。

例えば東京駅周辺の場合。左の通常状態と比べ、右の機内モード時の表示は大まかな情報しか分からない。

ただ、ここで先ほどダウンロードした「ベトナム – フエ」周辺を「Google Map」で表示してみると「このエリアはオフラインで検索やナビができます」と出る通り、詳細な通りや建物の名前まで確認できます。

補足②:ダウンロードできない地図もある

ちなみに、一部国や地域ではオフライン用のダウンロードを行えないケースがあります。

例えばタイ – バンコクではオフライン ダウンロードができない。

Googleの公式ヘルプページでは、地域によって「契約上の制限」・「言語のサポート」・「住所の形式」などを理由に、オフラインエリアのダウンロードができない、との說明があります。

参考 Google – マップ ヘルプ

〆:訪れる場所の地図を事前に取得しておこう!

以上、海外旅行でもう迷わない! Google Mapで現地の地図をダウンロードしてオフライン利用する方法 の說明でした。

今回紹介したテクニックを使えば、事前に訪れる場所の地図をダウンロードしておくことで、海外であっても「Google Map」のナビ機能を利用することができます。

また、最も理想的なのは、出発前の日本にいるとき、訪問予定の地域の地図を保存しておくことですが、現地に着いてから予定が変わって訪れる場所が増えるケースもありえます。

そんなときでも、現地のホテルやカフェにある無料のWi-Fiスポットを利用して、同じ方法で地図を保存しておきば、オフラインでも「Google Map」を使うことができます。

海外で「Google Map」をうまく活用できれば、旅がより快適になります。

ぜひ、試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい