Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

Googleマップのストリートビューが見れる国と見れない国! 規制が多い海外の地域はどこ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google Map
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleマップのストリートビューのアイコンストリートビューを利用したことはありますか?

何気ない道路や田舎のあぜ道、中には観光名所の中まで、自宅にいながら全国を旅している気分になれるサービスで、眺めてるだけで面白いです。

ただ日本国内はほぼ網羅されている一方、世界の中には環境的・政治的理由などでまったく画像を確認できない地域も存在します。

そこで本記事では、世界各国でストリートビューが見れる国・見れない国を地域ごとにまとめて紹介します。

自分が見たい国が含まれているか、ぜひご覧あれ。

photo by geralt

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleマップのストリートビューの規制について

日本のように、全国のほとんどの場所がストリートビューのアイコンストリートビューで見れる国は少数で、世界ではまだまだ見れない国が多数派となっています。

Googleマップ上でストリートビューが見れる地域はうっすらと地図が青くなり、見れない地域はそのまま色が変化しない仕様となっています。
世界のストリートビュー対応状況

世界では地図が青くならない(=ストリートビューが見れない)地域が多い。

本項目では、見れない国の代表例と、その理由について説明します。

2019年12月時点の状況を前提としています。

ストリートビューが見れない国例:中国

中国ではGoogleが撤退を表明している通り、ストリートビューのアイコンストリートビューはほぼ使用できません。

中国におけるストリートビューの対応状況

隣国の日本や台湾と比べると、その差は一目瞭然。

その代わりに同類の国産サービスとして、百度(バイドゥ)社が提供するBaidu Total Viewが普及しています。

百度(バイドゥ)の地図サービスBaidu Total Viewの画面

Baidu Total Viewの画面。青い範囲が見れるポイントなので、カバー率は決して高くない。

ストリートビューが見れない国例:北朝鮮

北朝鮮は国があのような状況なので、撮影車の走行が必要なストリートビューのアイコンストリートビューはもちろん、ユーザーが投稿する360°パノラマ写真もほとんど見れません。

北朝鮮におけるストリートビューの対応状況

青い点もほぼないため、ストリートビューと360°パノラマ写真が両方見れない。

ストリートビューが見れない国例:インド

インドは国防上のリスクより、政府によって公式にストリートビューのアイコンストリートビューを禁じる方針が明示されています。

インドにおけるストリートビューの対応状況

隣国のスリランカやタイと比べると、その差は一目瞭然。

インドでは過去、2008年にムンバイでテロ事件が発生しています。

インド政府としては、ストリートビューのアイコンストリートビューなど、建物や地形の画像情報が、このようなテロ事件に悪用されることを懸念している、と伝えられています。

参考 Wikipedia – Google Street View in Asia(英語)

ストリートビューが見れない国例:ドイツとオーストリア

実はドイツとオーストリアの場合、一部の主要都市やリゾート地を除き、ほぼカバーされていません。

ドイツとオーストリアにおけるストリートビューの対応状況

ヨーロッパの中でも例外的に空白地帯が目立つ。

これら2国は国民のプライバシー意識が高く、反対の声により中々進んでいないのが要因となっています。

参考 Wikipedia – Google Street View in Europe(英語)

ストリートビューが規制されている理由まとめ

中国・北朝鮮・インド・ドイツ・オーストリアの例を取り上げましたが、他にもたくさんの国でストリートビューのアイコンストリートビューが規制されています。

その理由は次の通り、実に様々です。

  • 政治的な理由(例:国防上 / プライバシー上のリスク)で拒否されている
  • 宗教上の理由で規制されている
  • 地形的な理由(例:山岳地帯 / 砂漠地帯)で画像収集が難しい
  • 画像収集のニーズが低い(例:主要都市以外の地域 / 発展途上国エリア)

年々、カバー地域は拡大しています。が、特に政治的 / 宗教上の理由で規制されている地域は、今後も対応が難しいでしょう。

 

世界のストリートビュー対応状況

世界各国のストリートビューのアイコンストリートビューの対応状況について、ざっくりと地域別に見ていきます。

また(個人的な尺度で)、カバー率を4段階の星マークで示しています。

2019年12月時点の状況を前提としています。

北米(アメリカ・カナダ)のカバー率:★★★★

Google本社がありストリートビューのアイコンストリートビュー誕生の地であるアメリカは、広大な国土の大半が網羅されています。

北米におけるストリートビューの対応状況

北部のカナダやアラスカはそもそも道でないエリア(例:森 / 凍土)が多いため、ストリートビューのアイコンストリートビューも非対応となっています。

“道のカバー率”という意味では、世界各地と比較してダントツで一位の地域となり、4.0とします。

ヨーロッパのカバー率:★★★★

ストリートビューのアイコンストリートビューのカバー率が高く、むしろ空白地域の方が少ない、という状況。

ヨーロッパにおけるストリートビューの対応状況

目立つのがドイツとオーストリアで、ほぼカバーされていません。これは国民のプライバシー意識が高く、反対の声により中々進んでいないのが要因となっています。

完全ではありませんが、北米と並び世界の中でダントツのカバー率を誇るため、4.0とします。

中南米のカバー率:★★★☆

所々、空白がありますが、各国と比較して対応範囲が広い地域です。

中南米におけるストリートビューの対応状況

メキシコ・アルゼンチン・ペルー・ウルグアイなどは、ほとんどの領土がカバーされてます。

ブラジルやボリビアなど、一部空白がある国は、そもそも道でないエリア(例:ジャングル / 山岳地帯)となり、ストリートビューのアイコンストリートビューも非対応となっています。

“道のカバー率”という意味では、一部空白地帯はあるものの、世界各地と比較して相対的にマシなため、3.0とします。

オセアニアのカバー率:★★★☆

欧米圏のオーストラリアとニュージーランドで高いカバー率を誇ります。

オセアニアにおけるストリートビューの対応状況

一見、オーストラリアは空白地帯が目立ちますが、内陸部は砂漠地帯も多く、ストリートビューのアイコンストリートビューは非対応となっています。

また島国の多い地域であるため、パプアニューギニアやソロモン諸島など、ほぼカバーされません。

点在する島国のカバー率は低いものの、主要2国の”道のカバー率”という意味では、世界各地の中で高いため、3.0とします。

アジア(ロシア含む)のカバー率:★★☆☆

この地域は、社会主義国の影響が色濃く出ています。

アジア・ロシアにおけるストリートビューの対応状況

カバー率が高いのが、日本・韓国・フィリピン・タイ・マレーシア・シンガポールあたり。

一方、中国や北朝鮮はもちろん、ベトナム・ミャンマーなど、歴史的に社会主義国家と関わりのある地域は、政治的な理由で低いカバー率となります。

意外だったのが、ロシアとカンボジアのカバー率の高さ。特にロシアは空白地帯が目立ちますが、そもそも国土が広く、道でないエリア(例:凍土)も多いため、各国と比較してマシな方でした。

ロシアにおけるストリートビューの対応状況

ロシアの拡大図。主要な道はストリートビューに対応している。

国によって差が大きい地域ですが、世界と比較して高いカバー率を誇る国も含まれるため、2.0とします。

中東・アフリカのカバー率:★☆☆☆

この地域は、ストリートビューのアイコンストリートビューがほぼカバーされていません。

中東・アフリカにおけるストリートビューの対応状況

かつて欧米の影響力が強かった名残りなのか、例外として南アフリカと近隣のボツワナのカバー率は高いです。

様々な困難要因(政治 / 宗教 / 地形的など)により、世界的にも空白が目立つ地域であるため、1.0とします。

まとめ:ストリートビューのカバー率ランキング

以上6地域におけるストリートビューのアイコンストリートビューのカバー率をランキングにしました(あくまで個人的尺度です)。

  • 1位:北米
  • 2位:ヨーロッパ
  • 3位:中南米
  • 4位:オセアニア
  • 5位:アジア
  • 6位:中東・アフリカ

日本含めた先進国ではカバー率は高い一方、地域的に不安定な国(例:社会主義国家 / 途上国)は低い傾向にありました。

参考:Wikipediaに掲載されるストリートビュー対応状況について

ストリートビューのアイコンストリートビュー対応状況について、Wikipedia – Coverage of Google Street View(英語)というページがあり、世界地図でカバー率ごと各国を色分けしています。

Wikipediaに掲載されるストリートビュー対応状況

Wikipedia:Coverage of Google Street Viewより(2019年12月時点)。

  • Wikipediaストリートビューカバー率色分けの意味1:ほとんどの地域をカバー
  • Wikipediaストリートビューカバー率色分けの意味2:一部の地域をカバー
  • Wikipediaストリートビューカバー率色分けの意味3 Wikipediaストリートビューカバー率色分けの意味4:観光地など限られたスポットのみカバー
  • Wikipediaストリートビューカバー率色分けの意味5 Wikipediaストリートビューカバー率色分けの意味6:今後カバー予定の地域
  • Wikipediaストリートビューカバー率色分けの意味7:ほとんどカバーされず今後もその予定のない地域

やはり欧米圏や日本のカバー率は高い一方、社会主義国家や途上国は限定的、という結果になっています。

 

補足:

次にストリートビュー撮影を予定している地域の確認方法

Googleのストリートビュー公式サイトでは、各国で次にどの地域を撮影するのかスケジュールを確認できます。

ストリートビュー撮影を予定している地域の確認方法

日本の撮影スケジュールを表示した例。

確認できる国数は限定されますが、気になる地域の撮影予定をチェックすると面白そうです!

ストリートビューが規制される地域で写真を見る方法

ストリートビューのアイコンストリートビューが見れない地域であっても、下記2つの方法で代替えできる場合があります。

  • 360°パノラマ写真で表示する
  • 航空写真で表示する

360°パノラマ写真で表示する

GoogleマップのアイコンGoogleマップやGoogle EarthのアイコンGoogle Earthを使えば、ストリートビューが規制される地域であっても、ユーザーが投稿した360°パノラマ写真を見れる場所があります。

ストリートビューが規制される地域で写真を見る方法1

北朝鮮の首都平壌にある記念碑「党創建記念塔」の写真を表示した例。

あくまで”そのポイントだけの写真”であるため、ストリートビューのように道を進む感覚はありませんが、著名な観光名所であればカバーされている可能性は高いです。

航空写真で表示する

GoogleマップのアイコンGoogleマップの航空写真モードやGoogle EarthのアイコンGoogle Earthを使えば、ストリートビューが規制される地域であっても、上空から撮影した実際の写真を確認できます。

ストリートビューが規制される地域で写真を見る方法2

Google Earthで北朝鮮の衛生写真を表示した例。

衛星写真となるため、ストリートビューのようにその街を旅する気分は味わいにくいですが、建物や道路の雰囲気は見れますよ。

 

〆:ストリートビューでバーチャル海外旅行ができる

以上、Googleマップのストリートビューが見れる国と見れない国! 規制が多い海外の地域はどこ? の說明でした。

ボクは気になる国があると、ストリートビューのアイコンストリートビューでバーチャル海外旅行を楽しみます。

今後、技術の向上や政情の安定化によって、より対応地域は広がるでしょう。

興味のある方は、ぜひご参考に。

参考 Googleマップ – ストリートビュー

Google Map
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

  1. 匿名 より:

    ベトナムのような社会主義国家が許可するわけないし、オーストラリアは中央部が砂漠で無茶。

  2. ななしさん より:

    ロシアはけっこう見られますよ。さびれた田舎の泥道も走れました。
    ロシアと北朝鮮の国境も行きました。殺風景なところでしたが。

    • おるくすおるくす より:

      たしかに”道のカバー率”という意味では、各国の中でも対応されている方ですね、記事の内容にも反映しました。

  3. 匿名 より:

    韓国はカバーされてるやろ

  4. tenito より:

    カナダやアラスカは大部分に人がほぼ住んでおらず、そもそも「ストリートが無い」ので、北米の道路のカバー率は文句なしの☆4だと思います!!

タイトルとURLをコピーしました