「iPhoneを探す」の使い方! 紛失/盗難時にiCloudから遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法

iCloud

万が一iOS(iPhone / iPad)を紛失 / 盗難した場合、直ちに警察へ連絡するのはもちろん、個人情報を守るために、遠隔でロックや初期化をする必要があります。

ただそのための対策として、サードパーティ製アプリをインストールして管理するのは面倒ですよね。

そんなときもご安心あれ。Apple製品でiCloudを設定していれば、遠隔で紛失(盗難)したデバイスの場所を特定したり、遠隔で画面ロックやデータ削除を実行することができます。

本記事ではそんなApple公式の無料サービス「iPhoneを探す」を紹介します。

スマートフォンやタブレットを失くした時だけでなく、端末暗証番号(画面ロック / パスコード)を忘れてしまった際に、強制初期化する場合も利用できる便利なアプリとなっています。

Androidにも同様の機能を持つ「Find My Device(旧:Androidデバイスマネージャー)」が存在します。

関連記事

Find My Deviceの使い方! 旧Androidデバイスマネージャーで紛失/盗難時に遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法

photo by iphonedigital

 

「iPhoneを探す」の使い方!

 

事前準備:

今回紹介する「iPhoneを探す」サービスを使えば、iOS(iPhone / iPad)を紛失しても遠隔から位置情報を特定したり、ロック・ワイプ(初期化)の指示を送ることが可能となります。

ただ、全てのiOSデバイスでこのサービスを利用できるわけではなく、「探される(=位置を特定できる)」ためには下記条件を全て満たしている必要があります。

①:「iPhoneを探す」がオンになっている

②:位置情報がオンになっている

③:電源がオンになっている

④:モバイルデータネットワーク(LTE)またはWi-Fiに接続している

上記③〜④に関しては、iPhoneを紛失した際、バッテリー不足で電源がオフになっていたり、電波が届かずオフラインになっていると残念ながら端末を探すことはできません。

一方①〜②は手動で設定が変わっている可能性もあるため、下記より解説する方法で設定状況をチェックしておきましょう。

記事中では、iPhone 8 Plus(iOS 11.2.5)を例に説明しています。また、設定は全て「位置を特定したい」端末側にて行う操作となります。

①:「iPhoneを探す」がオンになっている

まず、「iPhoneを探す」がオンになっているか確認します。

この設定はiCloudを設定した際に自動で有効になっているはずですが、念のためチェックしておきましょう。

iCloudを設定するためにはApple IDが必要です。もし持っていなければ、まずは作成しましょう。

関連記事

Apple IDをスマートフォンで新規作成する方法! iPhoneやAndroidでiCloudアカウントを登録しよう

また本記事で説明する手順の中で、何度もApple IDのパスワードが要求されます。もしパスワードを忘れてしまった場合、下記記事を参考下さい。

関連記事

Apple IDを忘れた際の解決方法! 分からないiCloudのアカウント(メールアドレス)やパスワードを再設定しよう

「設定」→「ユーザー名」より「iCloud」へ進み、

「iPhoneを探す」へ入り、設定がONになっていればOK。

またiOS 8以降では「最後の位置情報を送信」という項目も用意されます。バッテリーが少ない状態でも位置情報を送信でき、よりiPhoneが見つかる可能性を高められるため、有効にしておくべきでしょう。

②:位置情報がオンになっている

次に、位置情報(GPS)がオンになっているか確認します。

位置情報はデフォルトでオンになっていますが、バッテリー節約等を理由に手動でオフにしているケースも多いため、ぜひチェックして下さい。

「設定」→「プライバシー」より「位置情報サービス」へ進み、

設定がオンになっていることを確認します。

また「iPhoneを探す」へ入り、位置情報の利用を許可されているかもチェックして下さい。

以上の設定を全て確認できれば、いざ紛失(盗難)に遭った際も、「iPhoneを探す」で位置特定ができるため安心です。

参考 Appleサポート – すべてのデバイスで「iPhone を探す」を設定する

下記よりさっそく操作方法を紹介します。

いざ紛失(盗難)に遭った際も最低限のデータを復元するために、日頃からiOSのバックアップ操作を実行しておくことは非常に重要です。

詳細については別記事でまとめています。

関連記事

iOSのデータをバックアップする方法! iTunesとiCloudの特徴と使い方まとめ [iPhone/iPad]

もしあなたがすでにiOS(iPhone / iPad)を紛失(盗難)しているなら、まず警察へ連絡しましょう。

参考 警察庁 – 都道府県警察における遺失物の公表ページ

警察への連絡が済んだら、「iPhoneを探す」で場所の特定やデータロック / 削除の作業へ移ります。

紛失(盗難)したiPhoneがサインインしているApple ID(iCloudアカウント)さえ分かれば、下記に記載する手順は紛失(盗難)が発生してから実施しても問題ありません。

 

手順①:「iPhoneを探す」へ入る

まず、「iPhoneを探す」の操作画面へ入ります。

もし紛失(盗難)したiPhone以外にも手元に他のiOSデバイスがあれば、アプリをインストールします。

iPhoneを探す
iPhoneを探す
Developer: Apple
Price: Free

iOS 要件:8.0 以上

価格:無料

また手元に他のiOSデバイスがない場合は、PC(パソコン)やタブレットなどを使って、ブラウザ上でiCloudへアクセスし「iPhoneを探す」操作画面を開けばOKです。

サイト iCloud.com

もし手元にAndroidスマートフォンしかない場合でも(操作性に難はありますが)iCloudの「iPhoneを探す」を実行できます。

関連記事

AndroidでiCloudを使う方法! 「iPhoneを探す」や「iCloud Drive」を表示/操作できる

アプリの準備ができたら、失くしたiPhoneと同じiCloudアカウント(=Apple ID)でサインインをします。

下記からはiOS向け「iPhoneを探す」アプリを例に說明をしていますが、ブラウザ版「iPhoneを探す」サイトでも手順はほぼ同じです。

「iPhoneを探す」アプリを起動したら、Apple IDへのサインインが求められるので、紛失(盗難)したiPhoneでサインインしていたアカウントを入力します。

サインイン後、探索画面が表示されます。

 

手順②:失くしたiPhoneをセットする

探索画面には地図と、サインイン中のApple IDと紐付いているデバイス一覧が表示されるので、機種画像をタップして紛失したiPhoneをセットします。

ちなみに、機種として表示される一方で、端末にアクセスできない場合、対象機種の電源が入っていなかったり、電波の届かない場所にある可能性があります。

また探したい端末がそもそも一覧に表示されない場合、別のApple IDでiCloudを設定している可能性があります。

右上「サインアウト」より現在のApple IDを解除後、可能性のある別Apple IDでサインインしてみて下さい。

各Apple IDで紐付けられているデバイス一覧は、「Apple IDアカウントのページ」などよりチェックもできます。詳細な手順は別記事で紹介しています。

関連記事

Apple IDへサインイン中の端末を表示する方法! アクセス履歴のあるiPhoneやMacの紐付けも解除できる

 

手順③:位置の特定をする

失くしたiPhoneをセットできたら、地図上でおおよその位置が表示されます。

最新の検知を行う際は、右上「更新」アイコンをタップすればOK。

また右下「インフォメーション」アイコンより、地図の表示を変更することもでき、

東京駅周辺の「標準」状態の地図の例。

下記3つより選択ができます。

標準:地図アプリと同じ表示

地図+写真:航空写真上に地名や店舗情報が表示

航空写真:航空写真のみ

東京駅周辺の「地図+写真」と「航空写真」の地図の例。

続いてもし下記2点に該当するなら、対象端末の音を鳴らしてみましょう。

位置特定の結果、近くにあることが分かった場合

位置特定できなかったが、近くにあるはずだと思う場合

セットされたiPhoneで「サウンドを再生」項目を実行すると、選択中のiPhone側で高音の音を鳴らす指示を出すことができます。

実行すると音はすぐに鳴り響き、マナーモード中でも音は出ます。

指示を受け取ることができれば、大きな音で着信音が鳴るので、近くにあれば具体的な位置特定に繋げることができます。

対象のiPhoneがオフラインなど指示を受け取ることができない場合は保留状態となり、改善後に自動で音が鳴ります。

ちなみに、指示を受けた端末側の画面に「iPhoneを探す:アラート」と表示され、「OK」をタップで音を止められます(指示を送った端末側から止めることはできません)。

指示を受けた端末の画面。

 

手順④:画面をロックする

ここまでの手順で位置特定ができなかった場合、個人情報を守るため、取り急ぎiPhoneの画面をロックし、勝手に操作されないようにしましょう。

セットされたiPhoneで「紛失モード」項目より、「紛失モードをオンにする」をタップ。

もし対象のiPhoneでパスコードが設定されていない場合、遠隔で新しいパスコードを設定できます。すでに画面ロックを設定中の場合は、この項目はスキップされます。

次に受信できる電話番号を入力します。紛失したiPhone画面上に表示される番号となるため、拾得者からの連絡を受けることができます。

最後にロック画面に表示させたメッセージを入力し「完了」をタップすると、「紛失モード」が有効になります。

対象のiPhoneがオフラインなど指示を受け取ることができない場合は保留状態となり、改善後に自動で画面ロックがかかります。

指示を受けた端末側の画面に「iPhoneの紛失」と表示されます。

指示を受けた端末の画面。

画面に表示される「タップして電話」より、拾得者はロック解除せずとも電話をかけることが可能です。

元から設定されているパスコードや、「紛失モード」実行時に設定した新しいパスコードを入力することで、「紛失モード」は解除できます。

ちなみに遠隔で設定されたパスワードは、指示を受けた側のiPhone上にて「設定」→「パスコード」よりリセットできます。

 

手順⑤:データを削除(初期化)する

画面ロックしても結局iPhoneが見つからなかった、あるいは重要な情報が入っているためすぐにでもデータを消したい、という場合の最後の手段です。

セットされたiPhoneで「iPhoneを消去」をタップすると、失くしたiPhoneのデータ削除(初期化)を実行します。

改めてサインイン中Apple IDのパスワードが求められた後、任意オプションとして受信できる電話番号を入力します。

最後に表示させたいメッセージを入力し「完了」をタップすると、「初期化」が実行されます。

対象のiPhoneがオフラインなど指示を受け取ることができない場合は保留状態となり、改善後に自動で初期化が実行されます。

なお初期化を止めたい場合は、「消去要求を中止」をタップすれば取り消しできます。

指示を受けた端末側のデータが削除され、工場出荷状態(=初期化)へ戻ります。

iPhoneはいつも通りの手順で初期設定を開始できますが、「アクティベーションロック」が有効となっているため、サインインしていたApple IDの確認が求められます。

「アクティベーションロック」の詳細は別記事で紹介しています。

関連記事

[iOS] アクティベーションロックの有無を事前に確認する方法! 「iPhoneを探す」オンオフを調べよう

指示を受けた端末の画面。

参考 Appleサポート – iCloud: 「iPhoneを探す」機能の概要

 

参考:「iPhoneを探す」を解除する方法

記事中でも触れた通り、「iPhoneを探す」が有効になっている状態で初期化が実施されると「アクティベーションロック」がかかるため、iPhoneを初期化したり譲渡する際は予めこの機能を解除しておきましょう。

関連記事

iOSを売却する際に実施すべき作業! iPhone/iPadを他人へ譲渡するならデータを完全に消去しよう

「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「iPhoneを探す」と進み、Apple IDのパスワードを入力してオフにすればOKです。

 

〆:サインイン中のApple IDは把握しておこう!

以上、「iPhoneを探す」の使い方! 紛失/盗難時にiCloudから遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法 の説明でした。

記事中にも述べた通り、失くしたiPhoneでサインインしているiCloudアカウント(=Apple ID)さえ分かれば、その後の動きへ進むことができます。

逆にアカウントのパスワードが分からず、サインインに手間取っていると、紛失(盗難)時の初動が遅れ、より情報流出やiPhoneが見つからないリスクを高めてしまいます。

日頃からサインインしているApple IDは把握しておくことが有事の際に役立ちます。

ぜひ、ご参考あれ。

iCloud
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント