iPhoneのAirDropを無効にする方法! オン/オフを切り替えて勝手な送信/受信を防止しよう

スポンサーリンク
iOS

この記事では、iPhoneのAirDrop機能をオフにする方法を解説します。

プライバシーの観点で気になってる人は、機能を無効化しましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AirDropの送信/受信を無効化する方法

iOS 17で検証しています。またiPadも同じ手順です。

2パターン紹介します。

  1. スクリーンタイムを使う
  2. 受信条件を変える
1なら送信/受信の両方がオフになります。2は受信のみオフになります。

①:スクリーンタイムを使う

設定のアイコン設定アプリを開き、スクリーンタイムコンテンツとプライバシーの制限許可されたアプリ と進み、AirDropをオフのアイコンオフにします。

スクリーンタイムを使う手順1

(左)スクリーンタイム (右)コンテンツとプライバシーの制限

スクリーンタイムを使う手順2

(左)許可されたアプリ (右)AirDropをオフ

これでAirDropの送信/受信の両方が無効化されます。

例えば写真を共有するとき、メニューからAirDropのアイコンが消えます。

スクリーンタイムを使う手順3

(左)制限前はAirDropが選べる (右)制限後はAirDropがメニューから消える

②:受信条件を変える

設定のアイコン設定アプリ 一般AirDrop で「受信しない」をチェックしましょう。

これでAirDropの送信側から見えなくなるため、受信機能が無効化されます。

AirDropの受信機能を無効化する方法1

(左)設定アプリ (右)一般

AirDropの受信機能を無効化する方法2

(左)AirDrop (右)受信しない

注意点として、AirDropの送信機能は無効化されません。

送信も含めオフにしたいなら、先述したスクリーンタイムを使った方法をどうぞ。

 

〆:使っていないAirDropを無効化しよう!

以上、iPhoneのAirDropを無効にする方法! オン/オフを切り替えて勝手な送信/受信を防止しよう の説明でした。

iPhoneとMacを両方使っているユーザーはAirDropの恩恵を受ける機会が多いですが、もし使ったことがなければ無効化も検討ください。

ぜひ、ご参考あれ。

関連記事 AirDropの名前を変更する方法

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました