iPhoneでDFUモードに入る方法! iOSをiTunesで復元して強制的に初期化しよう

iOS

iPhoneで不具合が発生したり、パスコードが分からず強制初期化が必要になった場合、「DFUモード」で解決できます。

そこで本記事では、iPhoneでDFUモードに入る基本的な方法を紹介します。

iOSの初期化や不具合解消に役立てて下さい。

photo by ぱくたそフリー素材

 

スポンサーリンク

前提:DFUモードについて

「DFUモード」とはApple非公式の裏機能で、パソコンのiTunesを使ってiPhoneを復元(=強制初期化)できます。

【DFUモードとは? 】 – Device Firmware Update(デバイス・ファームウェア・アップデート)の略で、iPhoneのOSを強制的にアップデートさせる際に起動するモードのこと。

一般的な「リカバリーモード」と特徴は似ており、どちらもiTunesを介してiPhoneを強制的に初期化する特徴は変わりません。

ただ大きな違いとして、DFUモードはAppleが公式に公開している手法ではないため、何らかのバグが発生してもAppleから補償を受けられないリスクが存在します。

まずは関連記事を参考にリカバリーモードで復元できないか試して下さい。

iPhoneでリカバリーモードに入る方法! 復元/アップデートでiOSの初期化や不具合解消をしよう
iPhoneで不具合が発生したり、パスコードが分からず強制初期化が必要になった場合、「リカバリーモード」で解決できます。 「リカバリーモード」とはApple公式の機能で、パソコンのiTunesを使って下記のような不具合を修正できます。...

もしリカバリーモードで成功しない場合、もう1つの手段としてDFUモードが存在します。

両方法はiPhoneを初期化する仕組みが微妙に異なり、リカバリーモードがiPhone内部にある起動プログラム(=ローダー)を機能させてiTunesと接続するのに対して、DFUモードはこの起動プログラムを使わず、iTunesと強制的に接続させる方法となります。

そのため、iPhoneの起動プログラム(=ローダー)に不具合がある場合に、DFUモードなら初期化に成功するケースというのが存在します。

 

DFUモードでiPhoneを復元する方法

下記よりDFUモードの操作手順を解説します。

事前準備

DFUモードを実行する前に次の点をチェックして下さい。

  • iTunesをインストールしたパソコンを用意する
  • Lightningケーブルを用意する
  • DFUモードの注意事項を確認する

iTunesをインストールしたパソコンを用意する

DFUモードではiTunesをインストールしたパソコンが必要です。

iTunesは最新版を用意して下さい。

ダウンロード iTunes

Lightningケーブルを用意する

パソコンとiPhoneを接続するLightning(ライトニング)ケーブルを使います。

DFUモードの注意事項を確認する

DFUモードでは「復元(=iOSの強制初期化)」を実施するため、注意事項があります。

  • 最新のiOSバージョンになる
  • 本体のデータ(写真やLINE)が消える
  • iCloudを設定している場合「アクティベーションロック」がかかる

日頃からバックアップを実施していない場合、iPhoneのデータを元に戻せません。

iOSのデータをバックアップする方法! iTunesとiCloudの特徴と使い方まとめ [iPhone/iPad]
日頃から使っているiPhoneやiPadでバックアップは行っていますか? 昨今のスマートデバイスは役割が広がり、写真や動画、メッセージなど膨大なデータが保存されているため、もしもの時に備えしっかりバックアップしておくことが重要です。 ...

またiCloudで「iPhoneを探す」を有効にしている場合、強制初期化後に「アクティベーションロック」が自動でかかります。

「iPhoneを探す」の使い方! 紛失/盗難時にiCloudから遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法
もしiPhoneを紛失した場合、個人情報を守るために遠隔でロックや初期化が必要ですが、Apple製品の場合、iCloudの標準機能「iPhoneを探す」を使ってカンタンに次の機能を操作できます。 地図上で位置を表示する ...

「アクティベーションロック」の解除にはサインインしていたApple IDとパスワードが必要となり、解除しない限りiPhoneをまったく使用できません。

アクティベーションロックを解除する方法まとめ! iCloud「iPhoneを探す」をオフにしてiOS初期化後の文鎮化を回避しよう
iCloudの「iPhoneを探す」をオンにした状態でiPhoneを初期化すると「アクティベーションロック」がかかります。 このアクティベーションロックがかかった状態ではiPhoneをまったく使用できないため、解除手順をしっかり把握し...

DFUモードに入る方法

記事中の内容は、iPhone 5(iOS 10.3.3)とmacOS版iTunes(12.7.3.46)を使って検証しています。

DFUモードの入り方は2段階あります。

  1. iPhoneをパソコンへ接続してからiTunesを起動する
  2. iPhoneの特定ボタンを順番通り押す

各項目を解説します。

iPhoneをパソコンへ接続してからiTunesを起動する

iPhoneとパソコンを接続してから、iTunesを起動します。

すでにiTunesが起動していたら一度閉じてから行って下さい。

もしパソコンとの接続が初めての場合、iPhone画面に表示される「信頼」をタップします。

iPhoneの特定ボタンを順番通り押す

iPhoneがパソコンへ繋がっている状態で、DFUモードに入ります。

手順はiPhoneの世代によって異なり、かなり複雑なので成功するまで何度か試して下さい。

iPhone 8 / X シリーズ

  1. 前提:電源オンの状態から始める
  2. 「音量ボタン(アップ)」を押してすぐ離す
  3. 「音量ボタン(ダウン)」を押してすぐ離す
  4. 「サイドボタン(スリープボタン / 電源ボタン)」を10秒ほど押し続ける
  5. 画面が暗転(黒い画面)したら「サイドボタン」を押し続けた状態で「音量ボタン(ダウン)」を5秒ほど押し続ける
  6. 「サイドボタン」を離し「音量ボタン(ダウン)」をさらに10秒ほど押し続ける

iPhone 7シリーズ

  1. 前提:電源オフの状態から始める
  2. 「スリープボタン」を長押しして電源をオンにする
  3. Appleロゴが表示されたら「スリープボタン」を押し続けつつ「音量ボタン(ダウン)」を同時に長押しする
  4. 画面が暗転(黒い画面)したら「スリープボタン」を離し「音量ボタン(ダウン)」を押し続ける

iPhone 6S 以前

  1. 前提:電源オフの状態から始める
  2. 「スリープボタン」を長押しして電源をオンにする
  3. Appleロゴが表示されたら「スリープボタン」を押し続けつつ「ホームボタン」を同時に長押しする
  4. 画面が暗転(黒い画面)したら「スリープボタン」を離し「ホームボタン」を押し続ける

DFUモードの起動に成功したかどうか、判断できるポイントは4点あります。

  • 「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。」という表示
  • シリアル番号の「N/A」という表示
  • iPhoneの画面は暗転したまま
  • 「iPhoneを復元」しか選択できない
「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。」という表示

DFUモードの起動に成功すれば、パソコンの画面上で「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。」と表示されます。

DFUモードはApple公式の手法ではないため、表記は「リカバリーモード」となっていますが、しっかりDFUモードで起動できています。

シリアル番号の「N/A」という表示

DFUモードの起動に成功すれば、iTunes上のiPhoneのシリアル番号が「N/A」と表示されます。

ちなみに「リカバリーモード」で起動していると、シリアル番号がしっかり表示されます。

iPhoneの画面は暗転したまま

DFUモードの起動に成功すれば、iPhoneの画面は暗転(黒い画面)したままで何も表示されません。

ちなみに「リカバリーモード」で起動していると、iPhone画面上でiTunesの表示が出ます。

「iPhoneを復元」しか選択できない

DFUモードの起動に成功すれば、iTunes上は「iPhoneを復元」しか選択できません。

ちなみに「リカバリーモード」で起動していると、「アップデート」も選択可能です。

DFUモードで復元する方法

DFUモードの状態でiTunesの「iPhoneを復元」をクリックすると、

「iPhoneを工場出荷時の設定に戻してよいか?」と出るので、「復元とアップデート」を選択します。

この選択により、「iPhoneの初期化」と「最新iOSへアップデート」が行われ、iPhoneも何度か再起動を自動で繰り返します。

すでにiOSが最新の場合、初期化のみ実施されます。

しばらく待つと初期化は完了するので、再びiPhoneの設定をし直します。

なおiCloudで「iPhoneを探す」を有効にしている場合、強制初期化後に「アクティベーションロック」が自動でかかります。

以上がiTunesの「DFUモード」を使ったiPhoneの強制初期化方法となります。

 

参考:DFUモードの初期化に失敗する場合

「DFUモードの復元を実行してもiPhoneを初期化できない」・「そもそもDFUモードにうまく入れない」など失敗する場合、2つの選択肢があります。

  • 「リカバリーモード」で強制初期化する
  • iCloudの「iPhoneを探す」で遠隔初期化する

「リカバリーモード」で強制初期化する

もしリカバリーモードでの復元を実施してなければ試して下さい。

前提条件や操作手順はDFUモードとほぼ同様ですが、Apple公式の機能なので第一に推奨する方法です。

リカバリーモードの入り方は、関連記事【iPhoneでリカバリーモードに入る方法! 復元/アップデートでiOSの初期化や不具合解消をしよう】で解説しています。

iPhoneでリカバリーモードに入る方法! 復元/アップデートでiOSの初期化や不具合解消をしよう
iPhoneで不具合が発生したり、パスコードが分からず強制初期化が必要になった場合、「リカバリーモード」で解決できます。 「リカバリーモード」とはApple公式の機能で、パソコンのiTunesを使って下記のような不具合を修正できます。...

iCloudの「iPhoneを探す」で遠隔初期化する

下記条件に合致すれば、iCloudの「iPhoneを探す」機能で遠隔から強制初期化が可能です。

  • 対象のiPhoneでiCloud「iPhoneを探す」を有効にしている
  • iCloudにサインインするApple IDとパスコードを覚えている

iTunesは不要でAppleも認める公式機能となるため、DFUモードより安全に初期化を実行できます。

詳細は関連記事【「iPhoneを探す」の使い方! 紛失/盗難時にiCloudから遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法】で解説しています。

「iPhoneを探す」の使い方! 紛失/盗難時にiCloudから遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法
もしiPhoneを紛失した場合、個人情報を守るために遠隔でロックや初期化が必要ですが、Apple製品の場合、iCloudの標準機能「iPhoneを探す」を使ってカンタンに次の機能を操作できます。 地図上で位置を表示する ...

 

〆:DFUモードでiPhoneを復元しよう!

以上、iPhoneでDFUモードに入る方法! iOSをiTunesで復元して強制的に初期化しよう の説明でした。

まずはリカバリーモードでの復元が原則ですが、それでも失敗する場合、今回のDFUモードを試して下さい。

ぜひ、ご参考あれ。

iOS
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント