[iOS] AirDropやテザリングで表示される名前を変更する方法! iPhoneの名前が変わらない原因も解説

iOS使い方

iPhoneは標準設定のままにしておくと、周囲でAirDropの共有先を探している人やWi-Fiのアクセスポイントを検索している人に対し、自身のフルネームが丸見えになっていることがあります。

そこで本記事では、AirDropやテザリングで表示される名前を変更する方法を紹介します。

記事後半では、一部ケースで発生する「AirDropの名前を変更できない」症状の解決策も解説しています。

 

iPhoneで周囲に本名を知られるのを防ぐ方法

今回取り上げる件は、はてな匿名ダイアリー「電車で見ず知らずの女性の名前を知る方法」で話題にもなりました。

iPhoneでAirDropの共有先やWi-Fiのアクセスポイントを表示する場面で、人の名前が出てくるシーンがあります。

左がAirDropの共有先を探す画面、右がWi-Fiのアクセスポイントを探す画面の例。

これは自分の周囲に「AirDropの受信を許容している端末」または「テザリングをオンにしている端末」が存在していることを示し、iPhoneの「デバイス情報」に登録した名前が表示されます。

ただ問題は、デフォルトではログイン中のApple IDに登録された「利用者自身の本名(フルネーム)」が「デバイス情報」の名前として自動設定される、という点です。

「デバイス情報」は、AirDropの名前やテザリング時のネットワーク名(SSID)に使われるため、周囲でAirDropの共有先やWi-Fiのアクセスポイントを検索している全く見知らぬ他人に対し、自身のフルネームが丸見えとなります。

「デバイス情報」の名前は手動変更できるため、デフォルトのままとしている方は下記から解説する手順を参考にして下さい。

 

「デバイス情報」の名前を変える手順

「デバイス情報」の名前は、2種類の方法で変更できます。

iPhoneの「設定」から変更

iTunes経由で変更

iPhoneの「設定」から変更

「設定」→「一般」より「情報」へ進み、

「デバイス情報」の名前が表示されるので、タップして新しい名前を設定します。

ここで設定した名前が、AirDropやテザリングSSIDの名前として使われるため、自分のiPhoneだと判別できるニックネームにすると便利です。

iTunes経由で変更

iTunesをインストールしたパソコンの用意が必要です。

ダウンロード iTunes

端末をパソコンと接続し、iTunes上で表示されるデバイス名をダブルクリックで変更すればOK。

反映を確認する

「デバイス情報」の名前を変更できたら、周囲から検索された際、AirDropやアクセスポイント名が変わっていることを確認できればOK。

左がAirDropの共有先を探す画面、右がWi-Fiのアクセスポイントを探す画面の例。

 

補足:

AirDropの名前を変更できない場合

AirDropを「送信する側」と「受信する側」とで同じApple IDにログインしている場合、「デバイス情報」の名前ではなくApple IDの登録名で表示されます。

例えばiPhoneでAirDropの共有先を検索するシーンで、周囲に同じApple IDでログインするiPadとMacが存在する場合、Apple IDに登録された名前とアイコンが並びます。

このような条件を満たす場合に、AirDropの名前を変更する方法は2通りあります。

Apple IDの登録名を変える

「送信する側」と「受信する側」とで異なるApple IDでログインする

ちなみに「アクセスポイントを探す側」と「テザリングを有効にしている側」とで同じApple IDにログインしている場合は、変わらず「デバイス情報」の名前で表示されます。

ただ「インターネット共有」という専用枠で表示されるため、より接続がラクになります。

AirDropの機能を無効化したい場合

もし普段から全くAirDropを使っていない場合、いっそのこと機能を無効化するのもアリです。

iOS標準の「機能制限」を使えば、AirDropの送信 / 受信を両方とも無効化できます。

詳細は関連記事で解説しています。

関連記事

[iOS] iPhoneのAirDropを無効にする方法! オン/オフを切り替えて勝手な送信/受信を防止しよう

 

〆:「デバイス情報」の名前表記を一度確認しよう!

以上、[iOS] AirDropやテザリングで表示される名前を変更する方法! iPhoneの名前が変わらない原因も解説 の說明でした。

初期設定のまま「デバイス情報」の名前を変えていない方は、ぜひ一度チェックして下さい。

もしフルネームが登録されている場合、今までAirDrop共有やテザリング中に、周囲の人に丸見えだったかもしれません・・・。

ぜひ、ご参考あれ。

iOS使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント