[iPhone / iPad] テザリングやAirDropに表示される名前を変更して 本名が流出するのを防ぐ方法

スポンサーリンク

先日、はてな匿名ダイアリー で「電車で見ず知らずの女性の名前を知る方法」が話題になりました。

iPhoneやiPadでは標準設定のままにしておくと、周囲でWi-Fiのアクセスポイントを検索している人やAirDropの共有先を探している人に対し、自身のフルネームが丸見えになっていることがあります。

そこで本記事では、そのようなことが起きる原因と解決方法を記載します。

下記からはiPhoneを想定して記載をしていますが、iPadでも同様です。

スポンサーリンク

iPhoneで周囲に本名を知られるのを防ぐ方法

なぜ本名が知られるのか?

周囲の人に自分の本名が流出するのは、iPhoneの「デバイス情報」の仕様に原因があります。

iPhoneはデフォルトで「デバイス情報」に表示される名前が、ログイン中のApple IDに登録されている「利用者自身の本名(フルネーム)」となります。

「デバイス情報」に表示される名前は「設定」→「一般」→「情報」から確認できる。

問題はこの「デバイス情報」の名前が、iPhoneでテザリングをする際のSSID名に使われたり、AirDrop名として使われたりするため、周囲でWi-Fiのアクセスポイントを検索している人やAirDropの共有先を探している人に対し、「デバイス情報」に登録された自身のフルネームが丸見えとなってしまうのです。

ただここまで原因がはっきりしていれば、逆に「デバイス情報」に登録されている名前さえ変更してしまえば解決する問題でもあります。

「デバイス情報」のユーザー名を変更する方法

「デバイス情報」の名前を変更するには、iPhone上の操作で変更する方法とiTunes経由で変更する方法とがあります。

本記事では手軽に変更できる前者の手順を紹介します。

手順①:「デバイス情報」を開く

「デバイス情報」のユーザー名を変更したいiPhone上の操作で、「設定」→「一般」から「情報」へ進みます。

手順②:名前を変更する

ここで現在設定している「デバイス情報」の名前が表示されるので、タップして新しい名前を設定します。

ここで設定した名前が、テザリングをする際のSSID名やAirDrop名として使われるため、自分のiPhoneだと判別できるニックネームにすると便利です。

手順③:テザリングやAirDropでの表示を確認する

「デバイス情報」の名前を変更できたら、最後に念のため、テザリングやAirDropで表示される名前に反映されているかチェックします。

例えば本名の「田中太郎」から「T iPhone」に変更されていれば反映できていると分かる。

〆:「デバイス情報」の名前表記を一度確認しよう!

以上、[iPhone / iPad] テザリングやAirDropに表示される名前を変更して 本名が流出するのを防ぐ方法 の說明でした。

iPhone / iPadを普段から使っている方は、一度「デバイス情報」に登録されている名前がどうなっているか確認することをオススメします。

もしフルネームが登録されている場合、今までテザリング中やAirDrop共有の際に、周囲の人に丸見えだったかもしれません・・・。

これを機に、分かりやすいニックネームに変更しましょう。ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい