Anchor – ホーム画面のアイコン配置に空白を作り 自由にアプリを並び替えるJB App [要脱獄]

スポンサーリンク

iOS(iPhone / iPad)と比較したAndroidの強みの1つとして、自由にホーム画面のデザインをカスタマイズできる点があり、豊富なランチャーアプリやウィジェット機能により自分好みのスマートフォンを作ることができます。

一方、iPhoneやiPadのホーム画面は、アプリとフォルダアイコンを左詰めで並べることしかできず、ウィジェットを配置したり、アイコン同士の間隔に空白を作ったりすることはできません。

ただ、そんな欠点も脱獄さえすれば克服することができます。

そこで本記事では、iOSのホーム画面のアイコン配置に空白を作り、自由にアプリを並び替えできる脱獄アプリ「Anchor」を紹介します。

本記事ではiOSの脱獄について扱っています。脱獄行為はあくまで自己責任のもと、お楽しみ下さい。

スポンサーリンク

Anchor – 使い方と特徴

「Anchor」を使えば、ホーム画面のアプリアイコンを自由に配置できるようになります。

下記より「Anchor」の使い方について說明をします。

アプリを入手する

まず、Cydiaより「Anchor」を検索、インストールし、リスプリングまで行います。

価格:$1.99(2015年1月現在)

レポジトリ:BigBoss(Cydia標準レポジトリ)

並び替えをしてみる

「Anchor」をインストール完了後、アプリの配置を変えようとすると、この通り空白を作って自由に並び替えができるようになります。

似たような脱獄アプリで、透明のアイコンを作って空白を再現するアプリもありますが、「Anchor」の方がより作業が手軽にできます。

また、「設定」→「Anchor」より、アプリアイコンの配置をカスタマイズしたページをリセットできます。

〆:ホーム画面のアイコンを自由に配置しよう!

以上、Anchor – ホーム画面のアイコン配置に空白を作り 自由にアプリを並び替えるJB App [要脱獄] の說明でした。

「Anchor」を使えば、iOSの弱みであるホーム画面のカスタマイズが自由にできるようになります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい