iPhoneで透明ウィジェットを追加する方法! ホーム画面の余白を自由に移動しよう

スポンサーリンク
iOS

この記事では、iPhoneホーム画面に透明ウィジェットを追加する方法を解説します。

アイコンを好きな位置に調整したいシーンで便利ですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

空白のウィジェットを追加する方法

Androidとは異なり、iPhoneのアイコン・ウィジェットは左上詰めで自動配列となる仕様のため、空白部分を作れません。

ただ、壁紙と同じデザインのウィジェットを用意することで、擬似的に透過してるような状態を実現できます。

空白のウィジェットの説明

透明ウィジェットを配置して、アイコンを好きな位置における。

作業の流れです。

説明の流れ
  • 手順①
    ホーム画面のスクリーンショットを撮影する
  • 手順②
    Yidgetアプリで空白ウィジェットを作成する
  • 手順③
    透明ウィジェットを追加する

①:ホーム画面のスクリーンショットを撮影する

以下の手順で撮影します。

  1. ホーム画面の空白部分を長押し
  2. 一番右の何もアイコンがないページまで移動
  3. スクリーンショット撮影

操作動画です。

▼タップして再生(音は出ません)

②:Yidgetアプリで空白ウィジェットを作成する

YidgetのアイコンYidgetというアプリをインストールします。

‎・ (Yidget) - 透明Widget
‎・ (Yidget) - 透明Widget
開発者: MoriRanMaru
金額: 無料+

撮影しておいた、ホーム画面のスクリーンショットを選択します。

Yidgetアプリで空白ウィジェットを作成する手順1

(左)作成 (右)ホーム画面のスクショ画像を選択

Widget範囲プレビューで、作成したい透明ウィジェットのサイズを選びます。

細かく余白を作りたいなら「小」、ざっくりの余白であれば「中・大」がよいでしょう。
Yidgetアプリで空白ウィジェットを作成する手順2

(左)Widget範囲プレビュー”小” (右)Widget範囲プレビュー”中”

共有アイコン共有アイコンから 保存 します。

Yidgetアプリで空白ウィジェットを作成する手順3

(左)赤枠アイコンをタップ (右)保存

③:透明ウィジェットを追加する

ホーム画面にウィジェット追加する通常の手順で、YidgetのアイコンYidgetを選択します。

アプリ名「Yidget」は表記されないので、Yidgetのアイコンアイコンで判別しましょう。
透明ウィジェットを追加する手順1

(左)①ホーム画面の空きスペースを長押し→②+をタップ (右)Yidgetを選択

用意しておいたウィジェットサイズを選べば、ホーム画面に透明ウィジェットが追加されます。

透明ウィジェットを追加する手順2

(左)用意したウィジェットを選択 (右)目に見えないウィジェットが追加される

ウィジェット位置を動かす場合、合わせてデザインも変更が必要です。

まず「ウィジェットを編集」画面で、「位置」を移動先に調整します。

透明ウィジェットを追加する手順3

(左)調整したいウィジェットをタップ (右)右上に移動させたいなら「トップ右」をチェック

するとウィジェットのデザインが、移動先の壁紙に同化した色・模様に変化します。

あとは移動させれば、透明ウィジェットとして機能します。

透明ウィジェットを追加する手順4

(左)右上に同化したウィジェットができる (右)右上へ移動すると透明になる

これを繰り返せば、アイコンを好きな位置に調整することが可能となります。

透明ウィジェットを追加する手順5

 

補足:空白のアイコンを追加する方法

今回紹介した透明ウィジェットだと、最小サイズでも2マス×2マスとなります。

もっと細かく空白を作りたい場合、透明アイコンがオススメです。

空白のアイコンを追加する説明

透明アイコンなら、1マス単位で空白を作れる。

説明が長くなるため、詳細は関連記事【iPhoneで透明アイコンを追加する方法! ホーム画面の空白で位置を自由に移動しよう】で解説しています。

iPhoneで透明アイコンを追加する方法! ホーム画面の空白で位置を自由に移動しよう
この記事では、iPhoneのアイコンを好きな位置に移動する方法を紹介します。空白アイコンを作れば、自由に調整可能です。

 

〆:自動整列させないウィジェットを作ろう!

以上、iPhoneで透明ウィジェットを追加する方法! ホーム画面の余白を自由に移動しよう の説明でした。

ホーム画面の壁紙やアイコンの雰囲気に合わせて、配置に空白を作ると、より統一感のあるデザインになりますよ。

なお注意点として、ホーム画面を操作しているとき、空白部分が少しズレるようなエフェクトが出ます。

今回の手法はあくまで、壁紙と同じ色・模様のウィジェットを表示することで空白を再現している関係で、このような仕様となっています。

参考 Appleサポート – iPhoneでウィジェットを追加・編集する方法

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました