iPhoneのシャッター音を消す方法! iOSのカメラやスクリーンショットを無音で撮影しよう

スポンサーリンク
iOS

本記事では、iPhoneのシャッター音を消す方法を紹介します。

音が邪魔と感じていれば、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カメラのシャッター音を消す方法

前提:日本版iPhoneは原則カメラシャッター音を消せない

最初に結論ですが、(普通のやり方では)iOS標準機能としてiOSカメラアプリのアイコンカメラのシャッター音を消すことはできません。

そもそもApple公式ページで解説されるとおり、海外版iPhoneのシャッター音は次のような仕様となっています。

  • 側面のサイレントスイッチでシャッター音を消せる
  • 「着信音と通知音」設定でシャッター音量を調整できる
iPhone側面の「着信/サイレントスイッチ」

側面の「着信/サイレントスイッチ」をオレンジ色が見える位置にスイッチを動かせば消音モードになるが・・・。

が、日本含む一部地域のみ(盗撮防止のため)この仕様が無効化されており、強制的にシャッター音が100%音量で鳴るようになっています。

ただ下記のように、いろいろ工夫すれば「シャッター音を小さくする/無音にする」ことが可能です。

  1. 無音カメラアプリを使う
  2. 標準カメラのビデオモードで撮影する
  3. 標準カメラのLive Photosで撮影する
1ならシャッター音を完全に消せるので、最もオススメです。標準iOSカメラアプリのアイコンカメラにこだわりがあれば、2または3をどうぞ。ただし小さな音が鳴ってしまいます。

それぞれ詳細を解説します。

方法①:無音カメラアプリを使う

Microsoft PixのアイコンMicrosoft Pixというアプリがオススメです。

‎Microsoft Pix カメラ
‎Microsoft Pix カメラ

最初は画面にしたがって初期設定してください。

Microsoft Pixの使い方1

(左)チュートリアルが表示される (右)いくつかアクセス権限が求められるので許可する

Microsoft PixのアイコンMicrosoft Pixのシャッター音は、フラッシュの有無と連動します。

そのためフラッシュオフのアイコンフラッシュオフにして、撮影すればシャッター音を消せます。

フラッシュの状態 シャッター音
フラッシュオンのアイコン
オン
鳴る
フラッシュオフのアイコン
オフ
鳴らない
フラッシュオートのアイコン
オート
状況によって異なる
(オートでフラッシュオンだと鳴る)
Microsoft Pixの使い方2

(左)フラッシュオン(=シャッター音あり) (右)フラッシュオフ(=シャッター音なし)

なお注意点として、「ポートレートモード」ではシャッター音を消すことができません。

フラッシュオフのアイコンフラッシュオフにしても効果ありません。
Microsoft Pixの使い方3

「ポートレートモードではシャッター音がします」とメッセージも出る。

App StoreアプリのアイコンApp Storeで「無音カメラ」と検索すればたくさんヒットしますが、大半の無料アプリは広告が邪魔です。

その点、Microsoft PixのアイコンMicrosoft Pixは(Microsoft公式アプリということもあり)広告が一切表示されません。

またプリインストールアプリショートカットアプリのアイコンショートカットを組み合わせれば、ロック画面からMicrosoft PixのアイコンMicrosoft Pixを起動することも可能です。

▼タップして再生(音は出ません)

詳細は関連記事【iPhoneロック画面のカメラを変更する方法! 好きなカメラアプリで起動しよう】で解説しています。

iPhoneロック画面のカメラを変更する方法! 好きなカメラアプリで起動しよう
この記事では、iPhoneロック画面から好きなカメラアプリを起動する方法を解説します。無音カメラなど、サードパーティ製カメラを直接開けます。

方法②:ビデオモードで撮影する

標準iOSカメラアプリのアイコンカメラアプリでは、左右スワイプでビデオモードを使えます。

ビデオモードで撮影する手順1

左右スワイプで(左)、ビデオモードになる(右)。

動画撮影中に表示される標準カメラアプリのシャッターボタンシャッターボタンをタップすれば、静止画を撮れます。

この際、(シャッター音が動画ファイルに含まれないよう)音は鳴りません。

ビデオモードで撮影する手順2

(右)動画撮影中、矢印のアイコンをタップすると静止画を撮れる。

なお欠点として、以下2点があります。

  • 動画撮影開始時に音は鳴る
  • 通常の写真と比べて解像度が落ちる

方法③:Live Photosで撮影する

Live Photosが有効なら、通常より小さいシャッター音で撮影できます。

標準カメラアプリのLive PhotosボタンLive Photosボタンがオンになっていることが条件です。

【Live Photosとは?】 – ライブフォト。写真を撮った瞬間の前後の映像を、音声と共に保存できる撮影モードを指す。
Live Photosで撮影する手順

(左)Live Photosオフ (右)Live Photosオン

なお欠点として、以下2点があります。

  • シャッター音を完全に消すことはできない
  • 通常の写真と比べて解像度が落ちる

 

スクリーンショットの撮影音を消す方法

消音モードになっていれば、スクリーンショットのシャッター音は鳴りません。

カメラのシャッター音に比べて、簡単に音を消せます。
iPhone側面の「着信/サイレントスイッチ」

側面の「着信/サイレントスイッチ」をオレンジ色が見える位置にスイッチを動かせば消音モードになる。

スクリーンショットの撮影音を消す説明

消音モード中にスクリーンショットした例。音が出ない。

 

〆:iPhoneで快適にカメラを使おう!

以上、iPhoneのシャッター音を消す方法! iOSのカメラやスクリーンショットを無音で撮影しよう の説明でした。

標準iOSカメラアプリのアイコンカメラにこだわりがなければ、サードパーティ製カメラアプリを使うのが一番オススメです。

iPhoneで写真撮影時のシャッター音が気になっていれば、ぜひ参考にあれ。

参考 Appleサポート – iPhoneのカメラでシャッター音の音量を調整する

参考 Appleサポート – iPhoneカメラの基本

参考 Appleサポート – iPhoneカメラでLive Photosを撮る

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. ウエイ より:

    スクリーンショットが無音なのを活用して、カメラアプリを起動し、被写体が写っている状態でスクショすると無音で撮影できますが、毎回トリミングが面倒になります。

  2. 匿名 より:

    設定に行ってもアプリのシャッター音の欄がありません。変わったんですかね

タイトルとURLをコピーしました