Screen Commander – Macで外部ディスプレイ接続時 特定スクリーンを真っ暗にするアプリ

スポンサーリンク

Macの画面を第三者に見せながらプレゼンテーションをする際、散らかったデスクトップ画面が映るのは恥ずかしいですよね。

普段から整理整頓できているのが理想ですが、中々継続するのは難しいです。

そこで本記事では、外部ディスプレイなど複数スクリーンでMacの画面を映す際、特定スクリーンを真っ暗にする無料アプリ「Screen Commander」を紹介します。

スポンサーリンク

Screen Commander – できるコトと使い方

下記より「Screen Commander」の使い方について說明をし、その中で合わせてアプリの機能も紹介します。

手順①:アプリを入手する

まず、「Screen Commander」をインストールします。

Screen Commander
Screen Commander
Developer: デベロッパ:Alien Orb Software LLC
Price: Free

macOS 要件:10.12 以上

価格:無料

インストール後にアプリを起動すると、Mac再起動時に「Screen Commander」を自動起動するか設定ができます。

自動起動の設定をするなら、右の「Launch Automatically At Login」をクリック。

その後、メニューバーに専用アイコンが常駐するようになります。

手順②:任意のスクリーンを暗くする

さっそく「Screen Commander」を使ってみます。

まず、このアプリはMacの画面を外部ディスプレイなど複数のスクリーンに映しているシーンで活躍するので準備します。

続いて任意のスクリーンのみ画面を暗くしてみます。

メニューバーに常駐する「Screen Commander」アイコンをクリックし、「Blank this Screen」をクリックします。

すると操作をしていたスクリーンが真っ暗になり、もう一方のスクリーンは相変わらず画面が表示されたまま、という状態になります。

画面の暗転を解除する際は、適用な場所でクリックし「Unblank this Screen(or Unblank All)」を選択すると元の画面が表示されます。

手順③:状況によって暗くするスクリーンを変える

メニューバーから実行できる操作内容をまとめました。

仮にメニューバーを操作しているスクリーンを「A」とすると、操作種別は下記の通りです。

Blank this Screen:Aのみ暗くする

Blank Others:A以外のスクリーンを全て暗くする

Unblank Others:A以外のスクリーンの暗転を解除する

Blank All:A含め全てのスクリーンを暗くする

Unblank All:A含め全てのスクリーンの暗転を解除する

一方、暗転した画面上で実行できる操作内容もまとめました。

仮に暗転したスクリーンを「B」とすると、操作種別は下記の通りです。

Unblank this Screen:Bのみ暗転を解除する

Blank Others:B以外のスクリーンを全て暗くする

Unblank Others:B以外のスクリーンの暗転を解除する

Blank All:B含め全てのスクリーンを暗くする

Unblank All:B含め全てのスクリーンの暗転を解除する

表記が英語である点と、「暗転する / 解除する」がややこしいため、慣れるまで操作は少し難しいですが、操作内容は遅延なく実行されるため、使いこなせれば便利なアプリとなります。

参考:Macと外部ディスプレイ画面を同じ明るさにしたい場合

Macの画面をテレビなど外部ディスプレイに映している方ならご存知の通り、 F1F2 で明るさを調整しても、Mac本体のディスプレイ画面の明るさは変わりますが、ミラーリングした外部ディスプレイの明るさは変わりません

そこで本記事で紹介した「Screen Commander」アプリが活躍するのですが、一方でMac本体と外部ディスプレイ画面を同じ明るさにしたいなら、「Shady for Mac」というアプリがオススメです。

Apple Storeにはないアプリとなるため、外部サイトにてアプリのZipファイルをダウンロードする必要があります。

サイト instinctive code – Shady for Mac

本アプリは他にも、ディスプレイ画面の明るさをMac標準の限界よりさらに暗く調整できる機能を搭載しています。

詳細は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

Shady for Mac – ディスプレイ画面の明るさ(輝度)を限界よりさらに暗く調整できるアプリ

〆:映したくないスクリーンを守ろう!

以上、Screen Commander – Macで外部ディスプレイ接続時 特定スクリーンを真っ暗にするアプリ の說明でした。

プライバシーの面で映したくないスクリーンが個別にあれば、ぜひ「Screen Commander」アプリを使ってうまくごまかして下さい。

お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい