楽天24時間限定タイムセール特集! 随時更新中

00000JAPANの使い方! セキュリティに注意して災害時に無料Wi-Fiを設定しよう [iPhone/Android]

豆知識

2011年の東日本大震災以降、大規模災害発生時は公衆無線LANが無料開放される「00000JAPAN」という施策が生まれました。

有事の際もWi-Fi接続して安否確認や情報収集の手段として活用できる一方、セキュリティリスクもあるためサービスの仕組みを把握しておくべきです。

そこで本記事では、00000JAPANの使い方と注意点について紹介します。

リスクはありますが災害時は大変ありがたいサービスとなるため、ぜひご覧下さい。

photo by Pixabay

 

スポンサーリンク

00000JAPANの基本

00000JAPANとは?

「00000JAPAN(ファイブゼロ・ジャパン)」とは、災害時に被災者がインターネットに接続できるよう、通信事業者が公衆無線LANのアクセスポイントを無料で開放したサービスのことです。

大規模災害では通信事業者のインフラも被害を受け、利用者がモバイルネットワークを使用できないケースが想定されます。

そのような場合に、各社が保有する公衆無線LANをすべての被災者へ提供することで、安否確認や情報収集の手段として使用できるようになります。

もともとは2011年の東日本大震災がきっかけで検討がスタートし、実際に平成28年熊本地震や平成30年北海道地震でサービス提供されました。

ボクも平成30年北海道地震の時期に被災エリアに滞在していたため、「00000JAPAN」を使用したことがあります。

00000JAPANが使える場所

「00000JAPAN」は大規模災害により携帯電話のモバイルネットワークを使用できないと判断された場合に、災害発生から72時間以内にサービス提供されます。

【”72時間”の理由】 – 災害発生後72時間を境に、建物の下敷きになるなどで重傷を負った人の生存率が大幅に低下することから、人命救助及び被災者の救護活動を行う災害の初動対応時期は災害発生後72時間が目安とされる。

上記理由より「00000JAPAN」のサービス開放も72時間以内を目安として設定している。

引用 大規模災害発生時における公衆無線 LAN の無料開放に関するガイドライン

対象の被災エリアであれば、各社が提供する公衆無線LANのスポット内で「00000JAPAN」を使用できます。

参考 ドコモ – docomo Wi-Fiのサービスエリア

参考 au – Wi-Fi SPOTの検索

参考 ソフトバンク – Wi-Fiスポットを検索

「00000JAPAN」はすべての被災者に無料開放される施策であるため、下記に該当する方も対象に含まれます。

  • 普段は格安SIM(MVNO)と契約している人
  • 日本国籍でない人(外国人)

Wi-Fi接続できる機器さえあれば、すべての人が使用できます。

 

00000JAPANの使い方

「00000JAPAN」の使い方はとてもカンタンで、Wi-Fi一覧から選択すればパスワード入力不要で接続できます。

iPhoneの接続方法

iPhone 8 Plus(iOS 11.3)を例に説明しています。

「設定」→「Wi-Fi」より周囲のネットワーク一覧から「00000JAPAN」を見つけタップします。

パスワード入力不要で接続し、このままインターネットを使えます。

Androidの接続方法

Galaxy S7 edge(Android 8.0)を例に説明しています。

「設定」→「接続」→「Wi-Fi」より周囲のネットワーク一覧から「00000JAPAN」を見つけタップします。

パスワード入力不要で接続し、このままインターネットを使えます。

参考:00000JAPANの名前の秘密

「00000JAPAN」というネーミングになっている理由の1つに、

  • ネットワークの優先順位を高めるため

があります。

スマートフォンでは接続可能な複数のWi-Fiが存在する場合、SSIDの頭文字「0123456789abcde…xyz」の順番に従って自動接続される特徴があります。

つまり、Wi-Fiのネットワーク名をなるべく”0”から始まる名称とすれば優先的に接続できるため、災害時でもすぐ利用できる工夫がされています。

参考:00000JAPANの通信速度

「00000JAPAN」は各社のWi-Fiスポットを流用しているため、各サービスの速度に準じます。

いくつかの方法で実際に通信速度を測りましたが、用途が安否確認や情報収集であることを考えると十分な速度が出ていました。

ドコモスピードテスト

  • 下り:63Mbps
  • 上り:348Mbps

Googleインターネット速度テスト

  • 下り:37Mbps
  • 上り:94Mbps

FAST.comの速度テスト

  • 下り:100Mbps
  • 上り:160Mbps

 

00000JAPANのリスクと削除方法

00000JAPANはセキュリティに弱い

「00000JAPAN」は無料で使用できる便利なサービスですが、緊急時の利便性を優先するため、通信の暗号化などセキュリティ対策がありません。

そのため、ハッカーなど悪意ある第三者に通信内容を盗聴されるおそれがあります。

例えばiOSの場合、「セキュリティ保護されていないネットワーク」と警告が出る。

あくまで災害時の安否確認や情報収集の手段としてのみ使用し、ネットバンキングやショッピングなど個人情報の入力を伴う操作は控えることをオススメします。

また一度でも接続履歴があると、「00000JAPAN」へ自動接続されるため、必要性がなくなった場合は情報を削除しましょう。

iPhoneで00000JAPANを消去する手順

iPhone 8 Plus(iOS 11.3)を例に説明しています。

「設定」→「Wi-Fi」より「00000JAPAN」をタップして詳細画面へ進み、「このネットワーク設定を削除」を実行します。

これで「00000JAPAN」の提供エリア内でも自動接続されなくなります。

iOSで接続履歴のあるWi-Fiへの自動接続を防ぐ方法は、関連記事で詳細を解説しています。

iPhoneで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法! 履歴にあるSSID(ネットワーク)への再接続を無効にしよう [iOS]
スマートデバイス(スマートフォンやPCなど)共通の仕様として、一度接続したことのあるWi-FiのSSID(ネットワーク名)は、設定を個別に解除しない限り、その後は自動的に繋がるようになります。 特に自宅や職場では、Wi-Fiの範囲内に...

Androidで00000JAPANを消去する手順

Galaxy S7 edge(Android 8.0)を例に説明しています。

「設定」→「接続」→「Wi-Fi」より「00000JAPAN」をタップして詳細画面へ進み、「削除」を実行します。

これで「00000JAPAN」の提供エリア内でも自動接続されなくなります。

Androidで接続履歴のあるWi-Fiへの自動接続を防ぐ方法は、関連記事で詳細を解説しています。

AndroidでWi-Fiの自動接続を防ぐ方法! 過去使ったSSID(ネットワーク)へ勝手に繋がるのを無効にしよう
Androidの仕様として、一度接続したことのあるWi-FiのSSID(ネットワーク名)は、設定を個別に解除しない限り、その後は自動的に繋がるようになります。 特に自宅や職場では、Wi-Fiの範囲内に入るだけで自動接続となり大変便利な...

 

〆:災害時は00000JAPANを使ってみよう!

以上、00000JAPANの使い方! セキュリティに注意して災害時に無料Wi-Fiを設定しよう [iPhone/Android] の説明でした。

大規模災害が発生した際、被災エリアに滞在しているなら積極的に「00000JAPAN」を使って情報収集すべきです。

記事中で解説したセキュリティリスクも承知の上で、活用して下さい。

参考 総務省 – 00000JAPAN等により無料開放された無線LANの利用について

参考 無線LANビジネス推進連絡会 – 災害時統一SSID 00000JAPAN (ファイブゼロジャパン)

豆知識
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント